2022年秋、リックソフトのオンボーディング(導入サポート)サービスが進化します

リックソフトブログ

2022年09月29日

2022年秋、リックソフトのオンボーディング(導入サポート)サービスが進化します

Author

鈴山 勇生 Yuki Suzuyama

鈴山 勇生</mt:Var>

  

皆さん、こんにちは!

ようやく暑い季節を乗り切って一安心かと思えば、次は台風がやってくる季節に突入という感じで今度は災害に注意しないといけないなと、気の休まることがない季節変化に困惑気味な今日この頃ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今回は、様々な方面からお声がけいただいているオンボーディングサービスについて、改めてコース内容の変更に関するご案内となります。

リックソフト研修チームはこれまでに、ガイドブック研修e-ラーニングなど、製品の教育にかかわる独自サービスを展開してきました。そして満を持して新たな「オンボーディング」コースがサービスインいたしました。

「そもそもオンボーディングって何!?」という方も含めて、サービスの概要から変更点まで紹介させていただきます。

 

リックソフトのオンボーディングって何?

img_onboarding.png

リックソフトのオンボーディングーJiraシリーズ、Confluenceを組織に浸透させるため導入サポートです

オンボーディングは人事用語では「新しい仲間がいち早く活躍できるよう、組織としてサポートする制度・施策」という意味でよく使われています。

リックソフトでは、アトラシアン製品を導入されたみなさんが、少しでも早くスムーズに運用開始し、システム・ツールの力を発揮できるよう支援するサービスとして提供しております。

例えば、初めてJiraやConfluenceに触れるという方は

「こういう風に利用したいんだけどどんなワークフローを設計・構築すればよいだろうか?」

「フィールドをどのくらい用意したら間に合うんだろうか?」

「ダッシュボードでXXを表示させたいけど、どう設定するのか?」

「うちの会社ではドキュメントにつけるラベルってどういう風に活用していけば良いのだろうか?」

「スペースはどういった単位で作ればよい?」

等々、、、研修を受講した後にも、"自社のやり方で""社内ルールに則った方法で"Jira・Confluenceを生かそうとすると、課題や疑問が多く出現します。

もちろんこれまでのセミナー形式の研修でも、上記の例のような「実際に自分たちの環境をツールへ落とし込む」際のJira、Confluenceの管理者としての視点と方法、そのポイントやコツ、そして展開の方法等を質疑応答形式でご説明してきました。

自分たち独自の仕事環境を作りこむという課題は、研修サービスがフォーカスしている「どのようなことが、どういう方法でやれるのか」という確認の先にあるものです。どうしても、研修時間内という限られた時間内での回答では、ご質問に対応しきれませんでした。

私たちチームとしても、より深くお客様の仕事内容を理解してJiraやConfluenceの利用スタートまで、最適な設定をアドバイスしつつ、しっかりと伴走とサポートができるサービスとなるようオンボーディングのコースを提供開始いたします!

オンボーディングの詳細はこちらをご覧ください

 

オンボーディングでみなさんと一緒に!

さて、このような「お客様の課題の解決を一緒にやっていこう!」と誕生した本サービス。おかげさまで多くのお声がけをいただき、サービスをお客様と共に実施することができました。

サービスを提供する中で、お客様の状況の違いにより、「本コース内で納まりきらない」または「少し多すぎる」、そもそも「Jiraは初めてで、講師の話をさらに深堀して聞きたい」というお声をいただき、お客様の状況に沿ったより柔軟なコース展開を行うべきという考えに至りました。

そして、今回のコース内容変更ではSpeedy Drivingのコース内容を2つに分ける、追加セッションメニューの追加を行うという運びとなりました。

Speedy Driving Plus(スピーディードライビングプラス)

こちらのコースではJiraやConfluenceを全く利用したことがない、または、ユーザーとしてごくごく初歩的な操作しか実施したことがないという方向けに新設されたコースとなります。本コースでは管理者研修が包含されており、基礎的な知識の修得、その後にお客様の実務に沿った実践的な設定セッションを行わせていただきます。

コースの内容や価格についてはこちらをご覧ください

 

Speedy Driving(スピーディードライビング)

こちらのコースは管理者の知識はもっている、または管理者の研修をすでに受講したことがあるという方を対象にしたコースとなります。今まで6回の実践的な設定セッションを用意させていただいておりましたが、4回に絞りこみ、より小さく始めて効果を確認しつつ次のテーマへ進むということが可能になりました。

コースの内容や価格についてはこちらをご覧ください

 

Speedy Driving 追加セッション

Speedy Driving(Plus)では足りない、更に次のテーマへ進みたいという方向けに追加セッションをご用意しております。

こちらでこれまでの枠にとらわれず、新しいテーマについて取り組んでいただけます。

 

最後に

ということで、オンボーディングについてブログを書かせていただきました。

リックソフト研修チームは今後も、皆様の「困った!」にフォーカスしその課題を解決できるソリューションを提供できるように邁進したいと考えております。

ではでは、乞うご期待。

                                          資料ダウンロードはこちらから お気軽にお問い合わせください               
                    
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: 研修・eラーニング

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP