企業のDXを加速するD-Accel 先進的なツールやビジネスへの深い理解を有するリックソフトが、DX実現のためのソリューションを提供するプラットフォームです。

  1. HOME
  2. D-Accel

クラウド版のアトラシアン製品に新しい価値を提供するプラットフォーム

D-Accel

D-Accel はクラウド版のアトラシアン製品を導入や管理する上で、
お客様からいただくことが多い要望や課題への対応を機能として実現しました。

Jira Cloud、Confluence Cloud のアプリとして追加してプラットフォームをご利用いただけます。

D-Accelでクラウド版アトラシアン製品の運用課題を解決します

閲覧権限の管理

閲覧権限の管理

複数サイトのプロジェクトやスペースの閲覧権限の設定を網羅的に確認できないため、安全に権限設定されているかなど、セキュリティ管理で問題になる。

セキュリティ

これを解決するのはD-Accelのセキュリティ

ユーザーの棚卸しの効率化

ユーザーの棚卸しの効率化

ライセンスを付与したユーザーで実際に特定の期間でアクセスしていない利用者を特定して、製品のアクセス権の停止をしたいが、効率的に棚卸しができない。

ユーザー棚卸し

これを解決するのはD-Accelのユーザー棚卸し

監査ログの保管期間

監査ログの保管期間

アトラシアンの標準仕様では組織、製品の監査ログは180日までとなっており、導入や運用にあたり、保存期間が監査管理で問題になる。

監査ログ

これを解決するのはD-Accelの監査ログ

製品利用状況の可視化

製品利用状況の可視化

複数サイトの製品の実際の利用データ数が網羅的に確認できないため、製品の利用状況の把握や最適な意思決定ができない。

製品統計データ

これを解決するのはD-Accelの製品統計データ

ユーザー利用状況の可視化

ユーザー利用状況の可視化

ライセンスを付与したユーザーで実際にアクセスしている利用者数が把握できないため、製品の利用状況の把握や最適な意思決定ができない。

ユーザー利用状況の可視化

これを解決するのはD-Accelのユーザーアクティビティ

IP許可リストの管理

IP許可リストの管理

サイトに対してアクセス許可が設定されているIPアドレスや適用されている製品が網羅的に確認できないため、設定ミスも起こしやすく、セキュリティ管理で問題になる。

IP許可リスト

これを解決するのはD-AccelのIP許可リスト

価格

お問い合わせください

また、弊社以外からアトラシアン製品をご購入の場合もお問合わせよりご相談ください。

お問合わせ・ご相談

機能詳細

D-Accelの主な機能を紹介します。
画像をクリックすると紹介動画が表示されます。

セキュリティ セキュリティ

複数サイトのプロジェクトやスペースの閲覧権限の設定を1画面で網羅的に確認できるため、管理者による単純な設定ミスによるセキュリティの問題の発生を防ぐことができます。

対象となる設定

  • 1.Jira システムの公開の共有
  • 2.Jira プロジェクトのアクセスレベル、
    警告警告 権限バグ JRACLOUD-80945
  • 3.Jira ダッシュボードのアクセスレベル
  • 4.Jira フィルターのアクセスレベル
  • 5.Confluence スペースのアクセスレベル
  • 6.Confluence システムの公開の共有
    ※ これはD-Accel では未対応で実現の目途は立っておりません。

対象となるアクセスレベル

  • 公開 - ログインしていない匿名ユーザーを含むすべて
  • オープン - ログインしているユーザーすべて
  • 非公開 - 制限されたユーザのみ

上記の操作ガイドは以下をご参照ください。

ユーザー棚卸し ユーザー棚卸し

ライセンスを付与したユーザーで、実際に特定の期間でアクセスしていない利用者の特定、製品のアクセス権の停止といった一連の流れを、簡単に間違いなく行えるインターフェースが用意されているため、効率的に棚卸しができます。

例. 過去3ヶ月で製品を利用していないユーザーの製品アクセスを一括で取り消す。

  • 1.期間を 過去3ヶ月 で指定する
  • 2.製品アクセスを 有効 でフィルタする
  • 3.アクティビティを 非アクティブ でフィルタする
  • 4.ユーザーを選択する
  • 5.製品アクセスを取り消すをクリックする

上記の操作ガイドは以下をご参照ください。

監査ログ 監査ログ機能

監査ログが無期限でストレージに保管されて、ユーザーはいつでもダウンロードできるため、導入や運用にあたり、保存期間が監査管理で問題になることはありません。

また、デフォルトではD-Accelが用意したS3のストレージに保管されますが、ユーザーが個別に用意したS3のストレージへ保存先を変更できます。

ユーザーが個別に用意したS3のストレージへ保存先を変更できます。

上記の操作ガイドは以下をご参照ください。

監査ログの収集は日時(毎朝 9:00)で実行されており、初回は過去の監査ログを遡って収集されます。

製品統計データ 製品統計データ

複数サイトの製品のプロジェクト数、課題数、スペース数、ページ数、添付ファイル数などが月次統計で網羅的に確認するできるため、製品の利用状況の把握や最適な意思決定に役立てることができます。

利用状況はアプリをインストール後からのデータ数が表示されます。

ユーザーアクティビティ ユーザー
アクティビティ

複数サイトの製品でライセンスを付与したユーザー数だけでなく、実際にアクセスしている利用者数が月次統計で網羅的に確認できるため、製品の利用状況の把握や最適な意思決定に役立てることができます。

Enterpriseプランをご利用の場合、トグルを有効にすることで、Enterpriseプランのユーザー階層に従って集約アクティブユーザー (サイトを跨ってユニークなユーザー) の推移を確認することができます。

集約アクティブユーザーの推移を確認することができます。

上記の操作ガイドは以下をご参照ください。

利用状況はアプリをインストール後からのデータ数が表示されます。

IP許可リスト IP許可リスト

サイトに対してアクセス許可が設定されているIPアドレスや適用されている製品を1画面で網羅的に確認することができます。

また、Excelファイルでの一括更新をすることができ、変更点をハイライト表示することで、人為的な設定ミスが起きなくなります。

対応製品

製品名プラン
Jira Work Management
Jira Work Management Cloud

Standard

Premium

Enterprise

Jira Software
Jira Software Cloud

Standard

Premium

Enterprise

Jira Service Management
Jira Service Management Cloud

Standard

Premium

Enterprise

Jira Product Discovery
Jira Product Discovery Cloud

Standard

Confluence
Confluence Cloud

Standard

Premium

Enterprise

導入について

前提条件

D-Accel の導入には、クラウド版の Jira Cloud、または Confluence Cloud の導入が前提となります。

DataCenter版(オンプレミス)は対象外となります。

導入手順

D-Accel は無料でお使いいただけるアプリですが、アプリのインストール時に弊社にご連絡がなき場合、通常のアプリの利用費用が発生することがございます。ご留意ください。

よくあるご質問

QIP制限のサイト環境でも D-Accel を導入できますか
QD-Accel の管理者として登録できるのは1名のみですか

A複数の管理者に対応しています。

QD-Accel は多要素認証に対応していますか

A2要素認証に対応しています。

ご利用・お問い合わせ

D-Accel のご利用には、Jira Cloud または Confluence Cloud の導入が必要です。

リックソフトの D-Accel(ディー・アクセル)利用規約については、下記ページをご覧ください

【D-Accel(ディー・アクセル)利用規約】

PAGE TOP