Confluence|組織がチームになる情報共有のための企業向けWiki

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Confluence(企業向けWiki)

Confluence

プロジェクト管理にこのような課題を抱えていませんか?

文書の書式、粒度がバラバラ

文書の書式、粒度がバラバラ

作る人によって、情報の粒度がバラバラ

絶対に登録してほしい情報が入っていないこともあり、その確認時間が結構かかったりする。

メールやファイルに情報が埋もれてしまう

メールやファイルに情報が
埋もれてしまう

情報が分散されていて、何がどこにあるのかわからない。

ファイルサーバにファイルを保存しているが、最新のファイルがどれかわからない

重要なファイルにはアクセス権限をつけたい。

検索時間を減らしたい、より効率化したいv

検索時間を減らしたい、
より効率化したい

情報が分散されていて、いろいろな場所を探さなくてはならいない

重要な情報がメールに埋もれていて、長い&大量のやり取りの中からほしい情報にたどりつけない

情報が多すぎて、新しい情報をキャッチできない

情報が多すぎて、新しい情報をキャッチできない

誰かが情報を更新しても気づくことができず、最新情報を逃してしまう。

Confluenceは、現代のチームの働き方を変えるコンテンツコラボレーションツールです。

誰でも簡単に情報を登録でき、登録した情報を蓄積し、
必要な情報を必要なユーザに届ける・気づかせることができるコンテンツコラボレーションツールです。

情報を発信する

情報を発信する

Confluenceではコンテンツを「ページ」という単位で作成し、階層構造で管理しています。

ページはMicrosoftのWORDで作成するような感覚で作成し、画像や動画、表などのコンテンツを挿入できます。

詳しくはこちら

情報を整理する

情報は親ページから子ページとして階層構造で管理できます。

またページには、ラベル付けができ、情報の分類も可能です。

詳しくはこちら

情報を整理する

情報を探す

情報を探す

Confluenceの検索機能を利用すれば、欲しい情報に簡単に辿り着けます。検索文字列、対象スペースや投稿者、最終変更日や検索するコンテンツで絞り込みができます。

添付ファイルの中の文字列も検索します。例えば、パワーポイントに記載した「ファイルの中身も検索」で該当ファイルがヒットします。

詳しくはこちら

情報が更新されたことに気付く

Confluenceのウォッチ機能を利用して、気になるページや必要なページをウォッチしておけば、そのページが更新されたときに通知を受け取ることができます。

通知をConfluence自身の通知ボックスやメール、チャットなどに通知することで、情報を浸透させる事ができます。

詳しくはこちら

情報が更新されたことに気付く

拡張する

拡張する

  • マクロを使用することで、別の機能を追加したり、動的コンテンツを組み込んだりできます。
  • 豊富なアドオンでさらに多くの機能をついかすることができます。

詳しくはこちら

導入事例

株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社インターネットイニシアティブ

数人の開発プロジェクトから利用を開始しましたが、その便利さが社内で評判となり、会社規模で活用することになりました。

続きを読む

ヤフー株式会社
ヤフー株式会社 様

ヤフーではConfluenceを、全社7000人の情報共有システムとして活用しています。
 

続きを読む

慶応義塾大学
慶応義塾大学

教育事務の効率化、ゼミ活動記録の保存、メンバーの相互交流の促進にConfluenceを使っています。
 

詳細はこちら

アットホーム株式会社
アットホーム株式会社

Jira,Confluence,Bitbucket,Bamboo,HipChatを社内の統一環境として導入。RickCloudで運用することで、短期間に利用を開始できました。

詳細はこちら

チームの「可用性」「データ保護」「災害対策」「負荷分散」に対応します

Data Center

Data Center は、大規模システムで稼働するミッションクリティカルなシステムに対しても
継続的稼働を実現するための機能を提供します。

Data Center

まるごと移行サービス
〜クラウドからオンプレミスへ相互移行〜

Data Center

Atlassian Cloud、RickCloud、お客様保有のサーバ環境に対して相互に移行をするサービスです。

移行サービス

PAGE TOP