CadreはJira SoftwareやConfluenceに蓄積するデータ活用を促進し、Tableauでのビジュアル化を可能にします。

  1. HOME
  2. Cadre|リックソフト

Cadre は Jira Software や Confluence に蓄積する
データ活用を促進し、Tableauでのビジュアル化を可能にします。

迅速なデータ分析を可能にし、
プロジェクト管理をネクストレベルに引き上げる

こんなことにお困りではないですか?

Jira Software を使いプロジェクト管理をしている中で、以下のようなことができたら…とお考えではないでしょうか?

Jira の運用規模が大きくになるにつれ、カンバンやガントチャートを見ても進捗を見通すことが難しい。
課題の量が多く表示しきれない上に、遅延の度合いなど独自の指標を作りたいがJiraでは対応しきれない。

JiraのCSVダウンロードでは、作業ログや課題リンク、コメント等のデータが綺麗な形で入らない。

EVM(アーンド・バリュー・マネジメント)を生成したい。
工数ベースで予実を見ることができればいいのですが、よい方法が分からない。

残課題推移を時系列データとして生成したい。
単に時系列に表示するだけでなく、その分布をみるために特定のカスタムフィールドや、複数のフィールドを複合した軸で分割したい。

Cadreを使うとこのようなデータ可視化が実現できます

Cadreで取得したデータセットは単体で活用できますが、
複数のデータセットを組み合わせたり、
Cadre以外から収集したデータを組み合わせたりすることで
よりディープな分析が可能です。

  • Jira 課題と作業ログをもとに、
    プロジェクトにかかった時間や工数を可視化できます。

  • Jira の課題タイプ別残数のデータを上図のように
    Tableauで可視化できます。

  • EVMに則り日数ベースで進捗の進み/遅れを
    定量評価することができます。

  • Tableau の標準機能を使用して
    Jira 課題と Excel データを関連付け、現在の状態を可視化

Cadreの特長

プロジェクト管理のデータ準備を『Cadre』一つで完結可能

プロジェクト管理のデータ準備を
『Cadre』一つで完結可能

データ収集、集計、データストア、Tableau向けのコネクタを単一製品として構築し、コンテナ上で容易に管理できるようにすることで、手軽にデータ収集・事前加工・蓄積が可能です。
収集データはTableauのWDC(WebDataConnector)を介し柔軟に活用できる

収集データはTableauの
WDC(WebDataConnector)
を介し柔軟に活用できる

複雑なAPI取得結果を正規化した状態で蓄積することで実務活用できる状態のデータが入手可能です。
低予算でもデータ活用を始められる

低予算でも
データ活用を始められる

プロジェクト管理の領域で利用する場合、高額なETLツールやiPaaS製品と比較するとコストを抑えられます。
また開発や保守にかかる人件費の圧縮にも繋がります。

主な機能一覧

  • データ収集パターン管理
  • データ収集スケジュール管理
  • データアクセス権限管理
  • Tableau向けコネクタ
  • Slack/Teams通知

お問い合わせ

PAGE TOP

無料トライアル