Opsgenieは、システムやサービスが発信するアラートをハブとして集約させ、すべてのアラートを制御するクラウドサービスです。

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Opsgenie インシデント管理ツール

必要な時に必要な人へ
アラート通知ができる

企業で利用するクラウドおよびオンプレミスのアプリケーションは、平均1,000以上と言われています。
システムが複雑になるなかで、個々のシステムが発信するアラート数も急激に増加しています。

200以上のクラウドおよびオンプレミスアプリケーションと連携し、
システムやサービスが発信するアラートをハブとして集約させ、
すべてのアラートを制御するクラウドサービスです。

必要な時に必要な人へアラート通知ができる

鳴りやまないアラートからの解放

鳴りやまないアラートからの解放

ほとんどのOpsチームは共有メールアドレスなどを使用してアラートを通知していると思います。共有メールアドレスに登録されたメンバー全員にアラートが発信されるのは、本来は不要なメンバーにアラートされることとなり、精神的にも好ましくない状況になります。

Opsgenieは、Opsチームメンバー(運用メンバー)が受け取る不要なアラート、大量アラートから解放します。

柔軟なルールエンジンによって、不要なイベントを排除し、本当に必要なイベントに対して、SMS、Eメール、音声通話、モバイルプッシュなどの複数のチャネルにアラートするため、Opsチームメンバーは重大な警告を見逃すことはありません。

200以上のクラウドおよびオンプレミスソリューションと簡単に統合

Opsgenieは優れた統合性をもっています。DevOpsチームが利用するZendesk、Zabbix、Splunk、New Relic、Jenkins、GitHub、Datadog、Service Nowなど200以上のアプリケーションと統合し、アラートを集約します。

もちろん、電子メール、Web API、コマンドラインインターフェース(CLI)などとの統合も可能です。

Opsgenieを、イベント通知を集約するハブとして利用し、フィルタリング、通知、スクリプト実行させることで、Opsチーム業務の生産性を一気に向上させましょう。

200以上のクラウドおよびオンプレミスソリューションと簡単に統合

チームのプロセス、スケジュール、役割に合わせたアラート設定

チームのプロセス、スケジュール、役割に合わせた
アラート設定

企業組織の運用業務には、独自のルールやポリシーが存在します。それは対象システムによって異なる場合があったり、システム間の相互依存関係を考えると、さらに複雑になります。

企業組織が利用するクラウド、オンプレミスアプリケーションの運用を行うには、これらのルールやポリシー、依存関係を考慮し、複数のチームがシームレスにコラボレーションする必要があります。

Opsgenieは、この課題に適応するための機能と柔軟性を提供します。

アラートは、単一もしくは複数のチームに設定された規定の順序でエスカレートし、通知スケジュールは、複雑なインシデントレベル(重大度、影響度など)にも対応します。

Opsチームの勤務シフトを設定

Excelなどのスプレッドシートやカレンダーを使用して、Opsチームメンバーのシフトを決める必要はありません。

Opsgine側のインターフェースですべての通知スケジュールを簡単に整理し、勤務スケジュールに合わせた通知を行うことができます。

Opsチームの勤務シフトを設定

高度なレポートとアナリティクス

高度なレポートとアナリティクス

Opsgenieは応答プロセス中に行われたすべてのアクションを記録します。この記録データからMTTA(Mean Time to Acknowledge:承認平均時間)、MTTR(Mean Time to Resolve:平均解決時間)などのレポートを生成・分析することで、すぐにボトルネックが識別され、ベストプラクティスへの改善を行うことができます。

すぐに使える便利なChatOps

Slack、Microsoft Teams、Mattermostなどのコミュニケーションツールと統合することで、ChatOpsによるインシデント管理が実現できます。

ユーザーは、アラートに対して、さまざまなアクションを実行したり、解決方法について共同作業したり、チャットツールのインターフェイスから直接通話スケジュールを確認したりできます。

すぐに使える便利なChatOps

PAGE TOP