リックソフトブログ

2023年11月17日

Confluence(コンフルエンス)のカレンダーとGoogleカレンダーは同期できますか?【HCL Notes/Dominoからの移行・連携相談】

Author

りっくま Rickma

りっくま</mt:Var>

  

Q:Confluence(コンフルエンス)はカレンダーはほかのカレンダーと同期できますか?

現在全社で業務アプリケーションの「HCL Notes/Domino」(旧IBM Notes、元Lotus Notes)を利用していますが、一部部門のデータを別ツールに移行したいと検討しています。

移行先の情報収集をしており、アトラシアン製のコラボレーションツール「Confuence」クラウド版が候補に上がりました。

< ConfluenceとNotesが共通しているグループウェア機能 >

  1. ワークスペース機能とドキュメント管理: 両システムともにドキュメントの作成、編集、保存ができます。社員同士で情報・知識(ナレッジ)を共有で、アクセスすることが容易になります。ドキュメントや情報へのアクセスを制御も可能なので、「このスペースに入っている情報はこの部署の人しかアクセスできない」という情報制御ができます。スペースとページの構造化ができるという点も似ています。
  2. コラボレーションの促進: NotesとConfluenceともに、チームメンバーが情報を共有し、コメントなどのコミュニケーションがとれるプラットフォームです。
  3. カスタマイズ可能なテンプレート どちらも、ドキュメントやページをカスタマイズできるテンプレート機能があります。
  4. 検索機能: 両システムとも検索機能があるので、ユーザーのナレッジマイニングが捗ります。

その部門ではワークフロー機能はあまり使っておらず、部内のポータルおよび情報資産をまとめたデータベースとして使っているので、上記機能で条件は満たしているように見えます。

これらの機能に加えて、カレンダー機能もConfluence(コンフルエンス)で実現できればいいなと思っています。

現状、弊社では個人スケジュールはGoogleカレンダーやOutlookのカレンダー、チームスケジュールはNotes/Dominoのカレンダーで使い分けている人が多いようです。Lotus/DominoからConfluenceに移行した後もチームカレンダー機能が使えるか知りたいです。欲を言えば、Lotus/DominoとConfluenceのカレンダーも連携できるか知りたい!

Confluenceをすでに使っている企業の方に聞いたところ、「うちのConfluenceにカレンダー機能はない」という方、「バリバリカレンダー連携しているよ」という方、意見の両方があり混乱しています。

Confluenceに詳しいりっくまさん、ちょっとその辺整理して教えてくれませんか?


A:Confluenceでカレンダー機能が使えるのはPremiumプラン以上を契約している組織です。

カレンダー機能が使えるか・使えないかの違いはConfluenceの契約プランによります。10人以下が無料で使えるフリープランや、スタンダードプランではアプリを入れないと使えません。

これはConfluenceプレミアムプランの画面です。「アプリ」を選択すると「カレンダー」が選択肢に出てきます。こちらをクリックすると、チームカレンダーやスペースのカレンダーなど様々なカレンダーを登録できます。

ConfluenceにGoogleカレンダーを同期させてみた

ボクのチームはConfluenceのチームカレンダーを使ってイベントごとを管理しているクマけど、Confluenceのプリインストールされてるスケジュールだと、日本の祝日情報が反映されていないので、うっかり祝日にミーティングを設定しちゃうことも...。

ということで、まずGoogleカレンダーに日本の祝日を登録する方法を教えましょう。

まずConfluenceカレンダーの左バー「+」をクリックし、「URLで登録」をクリックします。

URLに下記のiCal形式URL(日本の祝日カレンダー)を登録すると..

https://calendar.google.com/calendar/ical/ja.japanese%23holiday%40group.v.calendar.google.com/public/basic.ics

このように、日本の祝日「建国記念日の日」「建国記念日の振り替え休日」「天皇誕生日」が反映されました!

< Googleの個人カレンダーをConfluenceに反映させたいとき>

Googleカレンダーで反映させたいカレンダー右側の「」をクリック(「オーバーフローメニュー」を展開)、「設定と共有」からiCal形式のURLを取得します。

先ほどの日本の祝日カレンダーを登録するのと同じ手順で、反映させることができます。

Confluenceで作ったカレンダーをほかのカレンダーに同期したい

グループウェアで管理しているチーム・部門ごとのカレンダーを個人用カレンダーに同期したい場合、Confluenceでは以下の手順になります。

カレンダー名の右「・・・」をクリックし、「配信」をクリック。

使っているカレンダーアプリ用の登録用URLが取得できます。これを取り込むと、リアルタイムでConfluenceカレンダーの内容を同期してくれます。

ConfluenceはそのほかiCal形式でのURLも配信しているため、お使いのLotus Notes/Domino環境がiCalデータと同期できるならば、Confluenceのカレンダーとの同期も可能です。

                                   

Confluence

「Confluenceについてもっと知りたい」という方はこちら。

Confluence お問い合わせ

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Confluence

「Confluenceのプレミアムプランを試してみたい方」という方はこちら。

Confluence 無料トライアルご依頼フォーム               
                    
                                                             

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Confluence
  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのサポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのサポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP