リックソフト経由でアトラシアン製品(クラウド版)を導入したほうがいい8つの理由

リックソフトブログ

2022年11月09日

リックソフト経由でアトラシアン製品(クラウド版)を導入したほうがいい8つの理由

Author

堀田(リックソフト マーケティング部) hotta

堀田(リックソフト マーケティング部)</mt:Var>

  

今回は、「JiraシリーズやConfluenceを導入しようかな」と決めている方に向けた記事になります。

リックソフトは、アトラシアン製品(タスク・プロジェクト管理ツールの"Jira"シリーズ、Confluence, Trello)の販売代理店です。法人向けのライセンス販売、導入支援をしています。アトラシアン社から認定された技術者が多く在籍しています。「アトラシアン製品の導入ならリックソフト!」と言われることを目指して約20年、そんな会社です。

「JiraやConfluence,今までのオンプレ(サーバー)版だったら代理店必要だったけど、クラウド版なんだったら代理店通してもあんまり意味ないのでは?」

「ベンダーから買ったら追加料金かかるだろうから、アトラシアンのウェブサイトから直接で買った方がいいのでは?」

「代理店でボリュームディスカウントないなら、アトラシアン直販で買った方が手続き楽でしょ」

そんな意見がリックソフトTwitter担当者・堀田の視界に入ってしまいました。「アトラシアン製品をリックソフトから買った方がいい理由」をお伝えするには140文字では足りないので、今回はブログにて、熱弁をふるわせていただきます。

アトラシアン製品の請求書払いに対応

20221111_01.png

リックソフトでは、請求書払いに対応しています。見積書の作成もしております。*価格はアトラシアンから直接と同額です。

「うちの会社、カード決済だと利用不可だ」「カード決済できるけど後処理めんどくさいんだよね」

そんな企業様・担当者様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

国内でアトラシアン製品を扱ってきた歴が一番長い。導入知見を蓄積しています

20221111_02.PNG

リックソフトは2009年にアトラシアン社と代理店契約を締結しています。アトラシアン製品の国内代理店は2022年現在16社あり、その中では最古参です。アトラシアンプラチナパートナーの認定も受けています

長い期間かけて、アトラシアン社製品を使うユーザーのお話を聞いてきました。その分、どの製品がどんな使い方ができて、どんなソフト・ツール・環境と連携できるか、業務効率化につなげられるかなどなど、運用面での知見を蓄積しています。支援してきたお客様の規模は、1万ユーザー企業大学の100人規模のゼミとさまざま。

こういった蓄積から、これまでに何度もアトラシアン社からの優れたサービスを提供するパートナーとして評価されてきました。そしてさらに、先月(2022年10月)、アトラシアン製品のクラウドプラットフォームへの移行や、 エンタープライズレベルのユースケース支援に関する成功実績を重ねたパートナー対して、 アトラシアン社から与えられる認定「Cloud Specializaition(クラウド・スペシャライゼーション)認定」も受けました!

アトラシアン製品と連携・相性の良いWorkato、Tableauも取り扱っています。リックソフトはSlackのサービスパートナーとして、企業向けslackの導入支援の実績も多数ございます。その中で、Slackと連携したアトラシアン製品の使い方の提案もしてまいりました。

リックソフト独自のサポートドキュメントにアクセスできます

20221111_03.PNG

Atlassian製品の各種日本語ドキュメント(リックソフト独自翻訳ドキュメント)だけでなく、リックソフトが推奨するシステム構成の構築手順書やインストール手順書などのドキュメントをご覧いただくことができます。

リックソフトが開発したアプリのサポートドキュメントも用意しています。

アトラシアン製品導入後に頼れる、日本語のヘルプデスクあります。

20221111_04.PNG

技術的な質問・問い合わせがある場合、サポートプラス、サポートプラスProをご契約いただいたお客様にはリックソフトのヘルプデスクが日本語で対応します。

管理者のユーザー目線の使い方から、管理者が頭を抱える不具合・エラーまで広く対応します。受付日の翌営業日からカウントして3営業日以内に一次回答が返ってきます。

アトラシアンもクラウド製品のサポートは行っていますが、Premiumプラン以上で提供される機能やAtlasssian Accessについては英語のみのサポートになります。リックソフトは、これらも日本語で対応します。

管理者向けにSlackでの問い合わせ対応や、オンラインビデオ通話での管理設定支援も行っています。アトラシアンの認定資格を持った専任のシニアチームが支えになってくれます!

また、ユーザー・管理者からよくある質問をまとめた日本語のサポートドキュメントも用意しています。これらは、リックソフトが長年お客様の課題に向き合い、ユースケースを蓄積してきた証です✨

ヘルプデスクチームはリックソフト製アプリほか一部のアプリのサポートも対応します

Atlassian社より直接ご購入された場合、アドオン(アプリ)はマーケットプレイスを通じて海外ベンダーから購入することになります。製品についてのお問い合わせやトラブル対応も、海外ベンダーに直接英語での対応が必要となります。

当社標準サポート付きでご購入された場合、一部アプリの対応も日本語で受けられます。

日本語のオンボーディング支援あり。寄り添った研修メニューを共創します!

20221111_05.PNG

社内でJira Software, Jira Service Management, Jira Work Management(旧Jira Core)やConfluenceを導入するにあたり、これらを初めて利用するというメンバーは全体の何割くらいでしょうか?

社員全員が「以前使ったことある」というならばオンボーディングは不要です。

が、「初めてJiraを使う」というメンバーが多い組織では、システムそのものが浸透するまでに時間を要します。

とくに、Jira シリーズはエンドユーザーにとっても管理者にとっても、機能が多岐にわたっています。ダッシュボードのプロジェクトの設定方法、ワークフローの設定などなどetc...。慣れるまでに時間がかかります。

エンドユーザ同士でも、「使い方がわかる社員」もいれば「使い方がわからない社員」と千差万別。「使い方がわかる社員」や管理者が、都度都度わからない人に説明している状態だと、負担が偏ってしまいます。大規模組織での導入であればあるほど、起こりがちな現象です。

リックソフトはお客様に向けて導入支援プログラムを提供しています。管理者の数、ユーザーの数、経験者や社内体制など、お客様の環境に寄り添って、研修メニューを共創していきます。また、お客様のチームの業務にフィットした環境づくりのお手伝いもしていきます。

リックソフトの調査では、通常、新しいツール導入の際、組織が製品の理解に3か月・活用に3か月、実際に導入するのに6か月かかること明らかになりました。リックソフトが提供するオンボーディング支援を受ければ、その導入期間を2か月と、3分の1に短縮することができます。

もちろん、オンボーディング支援は日本語。リックソフト社員が日本語で行います。

https://www.ricksoft.jp/training/onboarding/

アトラシアン製品のE-ラーニングコースを独自開発・提供しています

20221111_06.PNG

前述のとおり、Jiraシリーズを組織で初めて導入する場合、ユーザー・プロジェクト管理者への管理と教育を一度にやらないといけません。

リックソフトはオンラインのeラーニングコースで、ユーザー向け・管理者向け・プロジェクトリーダー向け・チームリーダー向けそれぞれのコースを提供しています。インターネット環境があればいつでも視聴できます。

JiraやConfluenceを導入する際、社内のJiraに詳しい人が講師やヘルプデスクの役割を強制的に担わされることはありません。「Jira触ったことありません」という人が中途入社しても、手取り足取り教える人員を割く必要がありません。

管理者は「ぼっち」になりがち...カスタマーサクセスチームが相談相手になります!

20221111_07.PNG

リックソフトは、アトラシアンクラウド製品を新規にご契約いただいた一定規模のお客様に、カスタマーサクセスチームによる無料のフォローアップミーティングを行っています。(30分/回、四半期ごとに計4回、無料。)

組織で運用を開始したあと、「なんか、みんな使ってくれないな」...という悩みが出たとき、相談相手になります。

Jira Softwareの管理者は孤独になりがち。一人で悩んでしまわないで、リックソフトのカスタマーサクセスチームを頼ってみてください。

ツールの使い方は、ドキュメントを読んだり開発元に確認することでクリアできます。一方、運用のノウハウや業務改善は一朝一夕で身につけることはできません。
リックソフトのカスタマーサクセスチームが、長年蓄積した導入支援のノウハウをもとに、みなさんのお悩みごとや解決に向けての施策を練ってくれます。

リックソフトのカスタマーサクセスチームはnoteでお客様のお悩み・解決方法を定期的にシェアしています。あわせてご確認ください:)画像をクリック♪

20221111_08.PNG

特典として、Confluenceを素敵に使いこなすガイドブックをプレゼント

2022年8月現在、リックソフト経由で契約いただいた方に、Confluenceのユーザー向けに「あったらいいな」という一冊「Confluenceマクロリファレンス」を特典としてお届けしています。クラウド版・サーバー版両方のConfluenceマクロを紹介しています。

20221111_09.jpg

スクリーンショットが豊富で、ぱらぱらと眺めているだけでも「へ~~Confluenceってこんな画面作成できるんだ。知らなかった」と発見があります。社内に一冊、休憩室などみんなが手に取れる場所に置いておくと、社員のConfluenceページが充実するかも!?

*Jira製品またはConfluence 25Users以上(Jira Service Managementは5Agents以上)を新規でご契約いただいたお客様が対象です。

*特典内容は予告なく変更する場合があります。

リックソフトへのお切り替えについて

お気軽にご相談ください。

リックソフトへの切り替えについて

              
                                                       

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Confluence Jira

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP