マーケチームのリアルなConfluence活用方法

リックソフトブログ

2022年02月02日

マーケチームのリアルなConfluence活用方法

Author

花渕 麻南 Mana Hanabuchi

花渕 麻南</mt:Var>

  

こんにちは!
マーケティング部の花渕です。

フルリモートになってもうすぐ2年。
リックソフトは今もフルリモートを続けています。

マーケチームは、リモートになってからジョインしたメンバーばかりですが
実際に顔を合わせなくても業務がスムーズに進んでいるのはツールのおかげ!と日々感じております。

今回は、入社4年目の私のリアルな使い方を厳選してご紹介します!
Confluenceをお使いいただいている方、これから導入される方のヒントになれば幸いです。

■基本的なコミュニケーションはSlack

リックソフトのコミュニケーションのベースは「Slack」です。
勤怠システムと連携しているので、勤務開始する時もSlack,退勤の報告もSlackです。

私は、毎朝15分Slackのハドル機能を使って上長とミーティングを行っています。
今日やることのタスク確認をしたり、悩んでいることがあればその場でクリアにしたりすることで
コミュニケーションを図るのはもちろん、自分自身でタスクを整理してその日を始められるので、私にとってはとても大事な時間です。

リモート当初は、朝ミーティングは行っていませんでした。
正直なところ、Slackで質問するのが苦手だったんです。その結果自分自身でタスクを抱え込んだまま回らなくなるという悪循環に・・・。
朝ミーティングを始めたことで、Slackでハドルをつないで質問するということに抵抗もなくなりましたし、モチベーションも維持にもつながっているなと思います。

■情報共有は全てConfluenceで

情報は全て「Confluence」に集約しています。
マーケチームのマニュアルも作成しているので、リモートになってからジョインしたメンバーもそのページを見て必要なツールの設定などを行っています。

また、Confluenceには「すべての更新」というタブがあって、直近で更新されたページを見ることができます。
他のチームのメンバーが、今、どんなことをしているのかを見ることができるので、巡回してはつい面白そうなページを覗いてしまいます笑

マーケチームとしては、Webの更新依頼やブログの原稿共有などを全てConfluenceのページで行っています。
個人的には「履歴機能」をよく使っています。

最新情報を確認できるのはもちろん、誰がどこを修正したのかなど「履歴」で確認することができるので
Wordファイルのように誰がどこを直したかわからない、最新原稿がどれかわからないといったことになりません。

Confluenceには便利な機能がまだまだたくさんあります。
以前連載していた「Confluenceの使い方シリーズ」ではより詳しく、たくさんの機能をご紹介しておりますので
ぜひこちらと合わせてご覧ください!

Confluence 使い方シリーズ

次回は(?)リモートでジョインしたメンバーが思うConfluenceのおすすめポイントを皆様にご紹介したいと思います!

                                         

Confluenceの活用方法をもっと詳しく知りたいという方はこちら。

Confluence お問い合わせ

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Confluence

Confluenceを試してみたい方はこちら。

Confluence 無料トライアルご依頼フォーム               
                    
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Confluence

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP