組織力を強化する「Jira Align」 の特徴とは?

リックソフトブログ

2021年11月12日

組織力を強化する「Jira Align」 の特徴とは?

Author

山本 敏裕 Toshihiro Yamamoto

山本 敏裕</mt:Var>

  

少し前にはどっしりと構え、青々とした葉を風になびかせていた木々も色づき始め、冬の訪れを感じるようになりました。
皆様、体調はお変わりありませんか?

Jira Alignの紹介ブログ第2弾となります。
前回に引き続き紹介させていただきます。

■1. アラインメント

SAFeのワークアイテムの流れを簡単に紹介すると、Enterpriseレイヤで意思決定された戦略が戦略テーマとして表現され、SWOT分析やPortfolioキャンバスでアクティビティの定義を行い、エピックハイポセシスや分析を経てアイデアの集合体であるエピックがバックログに入ります。

エピックオーナーはステークホルダーと協力してエピックをフィーチャーに分解し、PIプランニングで合意をとり、各フィーチャーがストーリーとしてブレイクダウンされ、これをアジャイルチームがワークアイテムとして実行していくというような流れになります。

つまり、戦略から現場の作業までが全部紐づけられていることが分かります。これによりアライメントや透明性が担保され、シングルソースオブトゥルースとして機能します。
戦略の実行をリンクするためにトップダウンで設計していくのが特徴になります。

Jira Alingでは、前回紹介した「WHY機能」でこれを表現することができます。
(前回のブログ:WHY機能はこちら

■2. Jira との連携

Jira Alignは単体でも導入可能ですが、Atlassian社はJira Softwareと連携して利用することを推奨しています。

上記で説明したエピックはSAFeとJira Alignのエピックになります。

Jiraを利用されている方はJiraのエピックと困惑されると思いますが、JiraのエピックはSAFeとJira Alignではフィーチャーに相当します。下記にマッピング図を示します。
なお、Jira Alignでは名称のマッピングを変更することが可能です。

こちらも前回のブログをご参考ください。

■3. Jira Alignの構成

Jira Alignでは最初に作業を行う場所を作成していきます。SAFeのBig Pictureのレイヤが下記のように示されます。

このように作業場所を作成し、その中にワークアイテムを作成していく流れになります。
(今回はFull SAFeではなくPortfolioで作成したため、Large Solutionは省いています)

各レイヤについては次回以降で紹介していきます。

■4. キャンバス機能

Jira Alignには各種キャンバスが用意されており、SWOT分析やポートフォリオキャンバスなどを作成することができます。


【SWOT分析キャンバス】


【ポートフォリオキャンバス】


エピックやフィーチャーなどのワークアイテムには外部リンクを付加することができますので、Confluenceを利用されている方はConfluenceで作った各キャンバスをリンクして利用するのも良いかもしれません。

Confluenceにはテンプレート機能がありますので簡単にキャンバスやレポートのフォーマットを作成することができます。

このようにAtlassian製品はツールチェーンを用いてよりシームレスな使い方を実現することができます。

次回以降はJira Alignの中身や機能について紹介していきたいと思います。

                                         

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Jira Software Jira Align

お問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム               
                    
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Jira Align

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP