Hylandのメンバーがオフィスにきました!!!

リックソフトブログ

2022年07月01日

Hylandのメンバーがオフィスにきました!!!

Author

花渕 麻南 Mana Hanabuchi

花渕 麻南</mt:Var>

  

こんにちは。
マーケティング部の花渕です。

先日久しぶりにオフィスにお客様がいらっしゃいましたので、その模様をご紹介します!

今回はアメリカのHyland社からEugene Chngさん、TIM HOODさん、Arsalan Minhasさんがいらっしゃいました。

情報交換や今後の製品のロードマップを共有するために来日&来社いただきました。

※撮影時のみマスクを外しています。

Alfrescoとは?

20220701_02.jpg

「Alfresco(アルフレスコ)」とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を達成するための、デジタルビジネスプラットフォームとして注目されるソフトウェアです。

企業の組織やチームでは、契約書や請求書、規定などの多くのドキュメントを作成し、変更、保管といった業務が存在します。ドキュメントにタグなど属性情報(メタデータ)を付与することでデジタルコンテンツとして管理します。

Hyland社におけるAlfrescoのこれから

Alfrescoは現在Hyland社の中でも積極的に取り組まれている製品のひとつです。
ヨーロッパおよびアジア太平洋地域の販売拡大に続き、日本市場での広報活動にも意欲的に取り組む予定だとお話いただきました。

また、リックソフトに対してもコメントいただきました!

顧客中心主義を徹底しているように見受けられ、弊社の "Core Value" の一つである "Partnership" customers are our partners,に非常に似ていると感じています。

日本とアメリカのCultureの違いはありますので、100%同等と言うわけではないですが、非常に近い部分は、あるかと思ってます。

既にご存じのことと思いますが、顧客中心主義は、AWSの創設者のジェフ・ベゾスも行ってました。
今後としては、単純ですがAlfresco ライセンスの年間販売実績を伸ばしていただきたく、期待させていただきます。」

電子帳簿保存法の改正や働き方の変化によりドキュメント管理は現在注目のトレンドです。
リックソフトでも、Alfrescoの販売拡大を目指し、多くのコンテンツを発信していきますのでぜひチェックしてください!

                                         

Alfrescoに関する資料はこちら。

Alfresco 資料ダウンロード

Alfrescoに関するお問い合わせはこちら。

Alfresco お問い合わせ               
                    
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Alfresco

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP