Confluence自動化機能について

リックソフトブログ

2022年07月06日

Confluence自動化機能について

Author

阿部 真紀子 abe makiko

阿部 真紀子</mt:Var>

  

こんにちは。プリセールス担当の阿部です。

今回は、Conflence Cloudの自動化機能を紹介します。

既に、Cloud版のJira SoftwareやJira Service Managementをご利用の方は自動化機能の便利さを実感されていると思います。

その自動化機能がもうすぐCloud版のConfluenceにも実装されるようになります。

具体的なロールアウト時期は分かりませんが、このブログを書いている時点では、Atlassian社のロードマップ上、2022年第3四半期に公開される予定になっています。

Ricksoftでは、EA (Early Access) に申し込み、一足早く、どんなことができるのかを確かめてみましたので、その内容を紹介します。

Confluenceの自動化機能、適用先は「スペース」単位

Confluenceの自動化機能は、「スペース設定」メニューに「自動化」という名前で組み込まれます。

01.jpg

この「自動化」欄のルールをクリックして、設定メニューを開きます。

メニューの構成は、Jira SoftwareやJira Service Managementと同じですが、適用先が「プロジェクト」ではなく「スペース」になります。

02.jpg

ルールの組み立て方も同様に、下記3部構成でおこないます。

  1. トリガー :いつ実行するか
  2. 条件   :どんな時に実行するか
  3. アクション:何を実行するか

03.jpg

よく使用する条件やアクションのコンポーネントがあらかじめ用意されていますので、プログラム経験のない方でも簡単にルールを作ることができます。

ここでは、2つの使用例を紹介します。

Confluence自動化機能のユースケース1:ラベル付け

1つ目は、自動ラベル付けです。

ある文字列を含むページが作成されたら、そのページに特定のラベルを付ける、というルールを作成してみました。

具体的な内容を上記のパターンに当てはめると下記になります。

トリガー
  • 新規ページが作成された時
条件
  • ページが作成されたスペースが"Pre-Sales"である
  • ページのタイトルに"ナレッジ共有"が含まれる
アクション
  • "kb-pre-sales"というラベルを付ける

設定した内容は下記です。

04.jpg

条件では、Smart Valueを使用してスペース名とページタイトルを比較しています。

このルールをON(有効)にしておくことによって、ページが作成されるたびにルールが実行され、条件に合致した場合には「kb-pre-sales」というラベルが自動的に付くようになります。

ラベルを付け忘れることもないですし、ラベルを指定した検索時にも漏れなくヒットするようになります。

ページのラベル関連では、他にラベルの削除やラベルの貼り換え(いったん削除してから追加)なども自動化できます。

05.jpg

Confluence自動化機能のユースケース2:ページの自動作成

2つ目は、ページの自動作成です。

毎週決まった曜日に開催されるミーティングの議事録ページを作成し、参加メンバーにリマインドする、というルールを作成してみました。

先ほどと同じように上記のパターンに当てはめると下記になります。

トリガー
  • 毎週火曜日の午前9時
条件
  • (条件なし)
アクション
  • "週例会 議事録 テンプレート"を使って、"Pre-Sales"スペースの"プリセールス週例会議事録"ページの下に新規ページを作成する
  • ページのタイトルは「プリセールス週例会 議事録 YYYY/MM/DD」とする
  • "YYYY/MM/DD"には、金曜日の日付をセットする
  • ページ作成後、コメント欄にメッセージを入力する
  • ページ作成後、Slackの"#team-presales"チャンネルでメンバーに知らせる
  • Slackメッセージには、議事録ページのURLを入れる

設定した内容は下記です。

06.jpg

トリガーの部分には、このルールの具体的な起動時刻を設定しています。

設定画面に、ルールの実行間隔(日次、週次、月次など)と曜日、時刻を指定します。

ここでは、毎週火曜日の日本時間9:00AMに起動するように設定しています。

07.jpg

次に、3つのアクションを設定しています。

1つ目は、議事録ページの作成です。

タイトルには、週例会の開催日が入るようにしています。

このルールを実行するのは「火曜日」ですが、週例会は「金曜日」なので、Smart Valueを使って「火曜日の3日後=金曜日」の日付を設定しています。

また、あらかじめ作成しておいたテンプレートを元にページを作成しています。

08.jpg

2つ目は、ページにコメントを追加しています。

コメント追加用のコンポーネントを利用して、参加者に今週の実績と来週以降の予定を記載するように依頼しています。

09.jpg

3つ目に、議事録ページが作成されたことを、Slackにて参加者に知らせています。

また、Slackからも議事録ページに飛べるように、メッセージにページのURLを含めています。

Slackへのメッセージ送信は、Webhookを使用しています。

10.jpg

作成されたページとSlackメッセージは下記です。

11.jpg

12.jpg

13.jpg

このようにして、毎週開催日の朝になって誰かが慌ててページを作成したり、開催直前に気が付いて報告事項が未記入のまま週例会に突入、といったことが防げるようになります。

大事なこととしては、単純な業務を自動化することによって、メンバーの工数を削減し、より重要な業務に集中できるようになります。

image2022-7-1_13-12-34.jpg

ページに対する操作では、ページのコピーやアーカイブができるコンポーネントも用意されています。

メッセージは、Teamsや通常のメールで特定のアドレスに送信することもできます。

今後も便利なコンポーネントやSmart Valueが充実してくると予想されますので、この機能がロールアウトされた際には、是非内容をチェックし、業務の効率化に役立てていただければと思います。

                             

Confluenceの活用方法をもっと詳しく知りたいという方はこちら。

Confluence お問い合わせ

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Confluence

Confluenceを試してみたい方はこちら。

Confluence 無料トライアルご依頼フォーム                     
                          
                                                       

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ               

  
本ブログのカテゴリ: Atlassian Cloud Confluence

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP