Confluenceの添付ファイルを簡単に引用できる「MultiExcerpts」

リックソフトブログ

2021年12月24日

Confluenceの添付ファイルを簡単に引用できる「MultiExcerpts」

Author

澤田 深雪 Miyuki Sawada

澤田 深雪</mt:Var>

  

このシリーズは、Atlassian社のMarketplaceで掲載されていて使ってみたい!気になる!というアプリをどんどん紹介するシリーズです。

今回は、「MultipleExcertps」というアプリの紹介です。

Confluenceをお使いのみなさん、あるスペースやページで使った写真や情報などのコンテンツをまた別のスペースやページで必要になることありませんか?

そんな時、また1からファイルを添付して、説明を入れて・・・とするのは手間ですよね。

「キーボードをたたいてサッと他のスペースやページで使ったコンテンツを引用できたら、とても楽に作業できるのに」という課題を解決できるのが今回ご紹介するMultipleExcerts」です。

今回のアプリを使うと、驚くほどあっという間に複数の引用ができてしまいます!

では、早速アプリの概要をご紹介します!

■コンセプトビュー

Confluence内の異なるページやスペースのコンテンツを結合することができます。

■マクロブラウザ表示で抜粋した内容をプレビュー

マクロブラウザで、収録する抜粋を定義し、プレビューすることができます。

■1つのページで複数の抜粋を定義

1ページにいくつかの抜粋を表示し、同じスペースまたは異なるスペースの別のページまたはページに添付することができます。


【詳細】

MultipleExcertsは Confluence の抜粋マクロと同様の機能を持ちますが、さらに 1 ページから複数の名前の付いた抜粋を含めることができ、複数のスペースから抜粋をまとめることができます。

また、MultiExcerpt-includes をキャッシュすることで、1ページのコンテンツが多い場合にパフォーマンスが大幅に向上します!

MultiExcerpt Enhanced Permissionsマクロは、Server 版でのみ利用可能です。

サーバーとデータセンターには、クラウドへの簡単なマイグレーターが組み込まれています:詳細はこちら(クラウド/データセンターからの移行も簡単です)

                                         

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

MultipleExcertps

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Confluence

Confluenceを試してみたい方はこちら。

Confluence トライアル         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Confluence 気になるアドオンシリーズ

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP