ビジネスチャットツール「Mattermost」の新機能をご紹介

リックソフトブログ

2021年11月17日

ビジネスチャットツール「Mattermost」の新機能をご紹介

Author

近藤 哲也 Tetsuya Kondo

近藤 哲也</mt:Var>

  

こんにちは、リックソフトの近藤です。

働き方の多様化や市場変化への対応スピードが競争を優位付ける昨今の情勢から、コラボレーションの中心がチャットコミュニケーションに移りつつある中で、今回は新しく利用可能になったMattermost 6.0の新機能について紹介します。

Mattermostはセルフホスト可能な企業独自のセキュリティや運用ポリシーのもとで利用いただけるビジネスチャットツールですが、Mattermost 6.0では、従来のチャンネルベースのチャットコミュニケーションに加えて「ボード」と「プレイブック」の機能が統合され、新しいコラボレーションプラットフォームとして再設計されています。

チャットツールでは主に会話や画像、ファイル等の非構造化データを取り扱いますが、私たちが意思決定を行う際には各種システムやアプリケーションに保存蓄積された構造化データも使用します。
Mattermost 6.0では構造化データを取り扱うための「ボード」や「プレイブック」が統合された新しいプラットフォーム上で、コンテキストを切り替えることのないシームレスで摩擦のないコラボレーション体験を提供しています。

■ボード

ボードはMattermostの開発者ハッカソンの中で生み出された、セルフホスト可能な軽量なプロジェクト管理ソリューションです。

件名、担当者、期限、その他カスタムフィールドを含んだタスクをかんばんスタイルのボードで可視化することができます。


【グローバルヘッダーに統合されたボード機能】

ボード機能はMattermostのプラットフォームに統合され、グローバルヘッダーからいつでもアクセスすることができます。


【チャンネルに統合されたかんばんボード】

それぞれのボードはチャンネルに紐づく形で作成します。

グローバルヘッダーからボードの一覧を表示するほか、各チャンネルのヘッダーからそのチャンネルが所有するボードにアクセスすることもできます。


【カスタマイズ可能なテンプレート】

ボードやボード内のカードはテンプレートとして保存して流用することが出来ます。

・ボードの列やフィルタ、各種ビューをテンプレートとして保存

・タスクの種類ごとにカードのテンプレートを作成

ボード機能は以前はフォーカルボードとしてプラグイン形式で提供されていましたが、6.0ではデフォルトで有効化されプラットフォームの一部として完全に統合されており、新しいナビゲーションメニューからシームレスに利用することができます。

■プレイブック

プレイブックは繰り返される予測可能な一連のプロセスをチェックリスト形式で事前に定義しておき、そのチェックリストに沿って実施していくことで、抜け漏れなく作業を完遂することのできるワークフロー機能です。

例えばインシデント発生時の一連の作業プロセスやプロダクトリリースの一連のプロセスを事前に定義しておくことで、迅速でミスのない対応を期待することが出来ます。


【グローバルヘッダーに統合されたプレイブック機能】

プレイブック機能はMattermostのプラットフォームに統合され、グローバルヘッダーからいつでもアクセスすることができます。


【事前にチェックリストを定義】

繰り返し実行される一連のプロセスをチェックリスト形式で定義します。
スラッシュコマンドを追加することで、一連のプロセスの中に各種連携コマンドを取り込むことも可能です。


【プレイブックの実行】

プレイブック画面から新しくプレイブックを実行すると一連の対応を行うためのチャンネルが新しく作成されます。
あらかじめ設定しておいたメンバーをチャンネルに召集したり、プレイブック開始時に指定のチャンネルにアナウンスすることもできます。

プレイブックが実行されたら、チェックリストを実施する担当者をアサインし、実施完了時に担当者はチェックをクリックします。
スラッシュコマンドを定義していた場合は、チェックリスト上から指定のスラッシュコマンド(例えばJira課題を作成する)を実行できます。
必要に応じてチェックリストの項目をプレイブック開始後に新しく追加することも可能です。


【分析と振り返り】

プレイブックの実行回数や参加者、プレイブックの開始から終了までの経過時間を確認することが出来ます。

一連のプロセス完了時に振り返りノートを記述し、次回の対応のための改善事項を整理することが出来ます。

プレイブック機能は以前はインシデントコラボレーションとしてプラグイン形式で提供されていましたが、6.0ではデフォルトで有効化され、こちらもプラットフォームの一部として利用できるようになりました。

■まとめ

今回はMattermost 6.0で新しく統合された「ボード」と「プレイブック」について紹介しました。

ぜひ新しいプラットフォームでチャンネルベースのコミュニケーションを基盤とした他のツールにはないコラボレーション体験を実感してみてください。

                                         

Mattermostの最適な運用環境、ならびに活用方法など、さまざまなご相談をお持ちしております。

お問い合わせ

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Mattermost Mattermostの資料ダウンロードはこちら Mattermostの製品紹介資料         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Mattermost

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP