WorkatoでSlackにOCRボットを実装する

リックソフトブログ

2020年05月29日

WorkatoでSlackにOCRボットを実装する

Author

大野 智之 Tomoyuki Ohno

大野 智之</mt:Var>

  

はじめに

Slackを利用していると、アプリケーションプラットフォームとしてSlackを利用したいと考えたくなります。

また、スマートフォンを利用していると、スマートフォンに搭載されているカメラを写真撮影に限らず、様々な用途に利用してみたいと考えたくなります。

では、Slackとスマートフォンのカメラの両方を活用してみると何が出来るでしょうか。例えば、スマートフォンのカメラをスキャナ代わりし、そしてOCRでテキスト化してみる、というのはいかがでしょうか。

SlackにはOCR機能はありませんが、Workatoと様々なアプリケーションを連携することでそのような機能を実現することができます。

今回は、WorkatoでSlackにOCRボットの実装を進めてみましょう。

手順

1.事前準備

今回は、「WorkatoでSlackとGoogleドライブ間のファイルアップロード連携を実装する」をアレンジして進めていきます。

レシピは、上記と同じものを作成します。なお、この時点で作成したレシピはまだ開始しないでください。

※レシピ作成の際、上記で作成したレシピを開き、コピーボタンをクリックすると同じものを複製することが出来ます。

workato-slack-ocr01.jpg

Slackアプリは前回作成したものがそのまま使えますので、上記を進めている場合、改めて作成する必要はありません。

2.App Connectionの追加

Google Visionコネクタを追加します。

追加方法は、「WorkatoでSlackとGoogleドライブ間のファイルアップロード連携を実装する」の各コネクタの手順を参照ください。

3.レシピの編集

1で準備したレシピのうち、赤枠の箇所を変更していきます。

workato-slack-ocr02.jpg

Trigger

コネクタは変更せず(Slackコネクタのままで)、以下の通り変更します。

App Slack ※変更なし
Trigger event New event ※変更なし
Event name file-attachment ※変更なし(Request URLに影響するため変更しないでください)
Trigger condition 有効にする ※変更なし
Collapse trigger condition

Trigger data: TriggerTriggerの「Channel」) ※変更なし

Condition: equals ※変更なし

Value: 本レシピの参照先とするSlackのチャンネルのID

Actions

5番目のアクションを「Google Vision」コネクタへ変更し、次の通り設定します。

App Google Vision
Action Read text from image
Image content

ActionsActionsの「Body」)

Image type Scanned document

次に、6番目のアクションを次の通り変更します。コネクタの変更は不要です。

App Slack
Action Post message
Channel ID/name

ActionsActionsの「Channel」)

Basic text

ActionsActionsの「Text」)

以上のようにレシピを編集していくと、次のようなレシピが完成します。

workato-slack-ocr11.jpg

内容確認後、「Start recipe」をクリックし、レシピを開始します。

実際に試してみる

Slackクライアントを開き、画像ファイルをアップロードします。

ファイルがアップロードされると、WorkatoがGoogle Visionから取得したOCR処理結果を返します。

workato-slack-ocr12.jpg

以上のように、Workatoを利用することで、Slackをアプリケーションプラットフォームとして活用することも出来るようになります。

また、今回はSlack上でのOCR機能をWorkatoで実現しましたが、WorkatoにはGoogleのサービスと連携可能な様々なコネクタが用意されています。

例えば、Google Text to Speechコネクタを利用すれば、テキスト読み上げを実現することが出来ますし、Google Translationコネクタを利用すれば、テキスト翻訳を実現することが出来ます。

また、Workatoではこれらのコネクタを組み合わせて利用することができますので、例えばOCR結果を翻訳してSlackへメッセージを返すような処理も簡単に、かつノーコードで実装できます。

Slackをアプリケーションプラットフォームとして活用されたい、そのようなソリューションをお探しの方は、是非Workatoをご検討ください。

                                         

リックソフトではお得なキャンペーンを実施中です。
9月末までレシピを無料で利用できます。

Workato提携クイックスタート【2020年6月末まで】

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Workato製品情報 Slack導入支援サービス         
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Slack Workato

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP