使い方シリーズ 第12回 ちょっと優しいConfluenceの使い方

リックソフトブログ

2022年08月12日

使い方シリーズ 第12回 ちょっと優しいConfluenceの使い方

Author

小山 康由 Yasuyuki Koyama

小山 康由</mt:Var>

  

はじめに

読者のみなさま、ごきげんよう。
久しぶりの使い方シリーズブログの時間です。

季節の順序を忘れたような天候が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか?
珍しいことに私は体調を崩すこともなく過ごしています。いやあ、後が怖い。

さて、今回は「ちょっと優しいConfluenceの使い方」と題してお送りします。
正確には「Confluenceを使うほかのユーザーにとって優しい使い方」をご紹介いたします。
これから紹介するいくつかのポイントを押さえてもらえれれば「気配りのできる人」との評価間違いなし(※筆者調べ、サンプル数 1)です。

1、ページの先頭で自己紹介

新しいページを作るときにはわかりやすいタイトルをつけていただいていると思いますが、それでもたった一行では表現できる内容には限りがあります。
作成した日付も入れておきたいとか、整理番号も入れようとか思うとさらに余裕は少なくなります。

そこで、新しいページを作ったら先頭に「情報」マクロなどを使って「このページは?」のようなページの自己紹介を加えてみましょう。

ページを作った意図、更新してほしいタイミングなどを書いておけば、あとで「ちょっとページの方向が変わっちゃった」という事態も防げます。
同じような用途のページが複数作られるのを防ぐこともできるでしょう。
初めてConfluenceを触るユーザーにとっては「こう使えばいいのか」と安心してもらえると思います。

2、ページを編集したら「何を変更しましたか?」を記入

バージョンや環境によって多少差はありますが、Confluenceではページを編集したときにコメントを残せる仕組みがあります。
この機能を利用して「どこを変更したのか」「なぜ変更したのか」をコメントしておくようにしてみましょう。
Confluence Cloudであれば編集画面右上の「...」ボタンをクリックして表示されるメニューから「バージョン コメント付きで公開」をクリックします。

そうしたらダイアログボックスにコメントを入力して「公開」ボタンをクリックします。

「どこを変更したのか」はConfluenceの特徴でもあるページ変更履歴で差分を見ればわかりますが、人員名簿のような上下に長いページでちょっとだけ変更したときなどは、変更点を見つけるのもなかなか難しいもの。
そんなときに「◯◯を●●に変更。」とメモしてあれば変更点を探す手間を省けます。

さらに「なぜ変更したのか」もメモにあれば「......なんでこんな変更をしたんだっけ?」という事態を防げます。
ほかのユーザーが見た場合には「......なんでここを変更したの?」という疑問に答えを提供できます。
ページを見ただけではわからない、あなたが変更を加えた理由を書いておくのがポイントです。

3、ファイルのコメントを活用

Confluenceの便利機能の一つである添付ファイル機能。
ページで「T」キーを押して表示される添付ファイルの管理画面で、ファイル単位にラベルやコメントを設定できることをご存じでしょうか。
ファイルのリストでアクション欄の「プロパティ」をクリックすると編集できるようになります。
ファイルのコメント機能を使って、そのファイルが何のために添付されているのかを教えてあげるようにしましょう。

例を挙げてみます。
あるアプリケーションの機能を検討しているページに画像ファイルが添付されました。
そのままでは「こんな画面が欲しい」なのか「この画面は悪い例」なのか、あるいは「他社のサンプル事例」なのかわかりません。
そこでファイルのコメントに「○○社の製品の例」と書いてあれば、もう誤解することはありませんよね。
この方法であれば添付ファイルマクロでファイルリストを作ったときにも説明を表示させられます。

おわりに

さて、Confluenceのちょっと優しい使い方、いかがだったでしょうか。

ちょっとした気配りが時としていちばん嬉しかったりするもの。
読んでもらう人、使ってもらう人のことを思って機能を使ってみてください。

                                         

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Confluence

リックソフトでは、効率的に活用するためのeラーニングや研修サービスを行なっています。ぜひご利用ください。

研修サービス Confluence入門コース e-ラーニング ガイドブック               

関連情報(ブログ)

                    
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Confluence 使い方シリーズ

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP