日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/01/09

今はどんな状態?進捗率で見える化するクマ~!?:りっくまのお便り投稿シリーズWBSガントチャート編9

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

山本 敏裕Toshihiro Yamamoto

山本 敏裕

こんにちは。リックソフトの山本です。
この物語はJira初心者の新米プロジェクトリーダーの「りっくま」くんが、JiraのアドオンであるWBSガントチャートを使ってプロジェクトの計画を立て進捗管理をするために、リックソフトヘルプデスクへ悩みを相談しながら成長していく物語です。
今回は、りっくまくんからヘルプデスクにこんなお便りが届きました。

りっくまさん、今回もお問合せくださり、ありがとうございます。回答させていただきます。
進捗率は割と難しいフィールドなので、使うまでが大変です。ただ、使ってみるとかなり使える仕組みになっています。おっしゃるとおり、手入力だと誤魔化して入力する人もいるかもしれませんね。WBSガントチャートの進捗率には手入力以外にも自動入力モードがありますので紹介させていただきます。
あっ、でもその前に、クマ語が多いので人間語に翻訳すると

  • 進捗率の使い方を知りたい

それでは、WBSガントチャートの進捗率の仕組みと使い方について紹介させていただきます。

1.基本的な入力方法

ガントの進捗率の項目をクリックすると編集状態になり、進捗率を入力することができます。
数値を入力するか、右端の上下アイコンをクリックして入力します。

右端の上下アイコンをクリック

このとき、子タスクの進捗率を親タスクの進捗率へ連動させたいといったことがあります。例えば子タスクが2つある親タスクがあったとします。子タスクの1つが進捗率は20%、もう1つの子タスクの進捗率が10%だったら、親タスクの進捗率は15%となります。これを自動計算して親タスクの進捗率へ入力する仕組みを「進捗率を自動計算」機能といいます。
この機能は期間も考慮して適切な進捗率を計算してくれます。例えば下図のような場合です。

適切な進捗率を計算

「進捗率を自動計算」機能はガントの「ユーザー設定」から行います。右上にある歯車アイコンをクリックし「ユーザー設定を編集」をクリックすると「ユーザー設定」画面が表示されます。

「ユーザー設定」画面

この機能が設定されていないと親タスクも手動で入力することになります。親タスクと子タスクの進捗率を同期させたい場合は「進捗率を自動計算」機能をONに設定してください。このとき、ガント上で子タスクの進捗率を更新した場合に親タスクの進捗率に反映されることにご注意ください。設定をONにするだけでは変わりません。

2.進捗率の自動計算

自動計算には2つの方法があります。1つはJiraが標準でもっている時間管理機能を使って自動計算させる方法。もう1つはフィールドを指定し自動計算させる方法です。それぞれについて紹介させていただきます。

2-1.時間管理機能を使った自動計算

Jiraの時間管理機能では、初期見積を設定し作業記録を行い残余見積を算出します。最終的に残余見積がゼロになるとその作業は終了となります。WBSガントチャートでもこのロジックに従い、進捗率は下記の計算式で算出します。

  • 記録済み時間 /(記録済み時間 + 残余見積) 100 [%]

下図のとおり作業記録を行います。時間管理のフィールドを見ると、初期見積が40時間、記録済みの時間が8時間、残余見積が32時間となっています。
上記の計算式に当てはめると 8 / ( 8 + 32 ) × 100 = 20 %となります。

進捗率の自動計算

ガントの進捗率を確認するとこちらも20%になっているのが確認できます。

ガントの進捗率を確認

この設定は、ガント画面右上の歯車アイコンから「このガントの設定を開く」から「チケット」を選択します。

「チケット」を選択

「時間管理から自動計算」を選択し「更新」をクリックします。これで時間管理を使った進捗率の自動計算の設定は終了となります。
時間管理を使った方法は、作業にどれだけの工数がかかったかも把握することができ、レポート作成やふりかえりなどにも使えるので有効な手段となります。

時間管理から自動計算

2-2.指定フィールドによる自動計算

指定フィールドによる自動計算は、分母と分子に該当するカスタムフィールドに値を入力し、進捗率を自動計算する方法です。使用する場面としては、あるノルマが決まっている作業などに適しています。例えば、テストの項目が100個あった時に50個が終わったら進捗率50%といったような場面です。下図の例ではドキュメント作成で、全部で50個作成するところを40個作成したときの進捗率を計算させてみます。

指定フィールドによる自動計算

ガントで確認すると、下記のように ( 40 / 50 ) × 100で80%になっているのが確認できます。

ガントで確認

設定方法は、「指定フィールドから自動計算」を選択し、分子と分母にそれぞれ該当するフィールドを選択し「更新」をクリックします。これで指定フィールドを使った進捗率の自動計算の設定は終了となります。

指定フィールドから自動計算

3.補足情報

WBSガントチャートの進捗率には下記に示すように、もう少し機能がありますので紹介させていただきます。

  • 各課題タイプごとに設定が可能
  • 解決済みにすると、進捗率を100%にする
  • 再オープンすると、 進捗率を0%にする

進捗率は課題タイプごとに設定することが可能です。
例えば、ドキュメントなどを作成する作業は課題タイプをタスクで管理していて、作成したページ数などで管理しているといった場合には指定フィールドによる自動計算を使い、課題タイプがバグの作業はEVMなどの工数管理に使いたいので時間管理による自動計算を使用するといったように進捗率の自動計算を使い分けることができます。

Jiraの解決状況に値が入ると、Jiraはその課題が完了したと認識します。そのため課題が完了するとWBSガントチャートでは進捗率を100%となります。また、完了した課題が再オープンされると進捗率を0%にします。このような設定をすることができます。
ただし、進捗率が100%になったら課題のステータスを完了にするといったことはできませんのでご注意ください。

上記の設定は、いずれもグローバル設定の「チケット設定」から行いますので、管理者権限がないと行えません。

「チケット設定」

進捗率を手動で入力する場合、人によって基準が異なりますのでバラバラな進捗になってしまうことがあるかもしれません。他の値を使って進捗率を算出すると、より公平で透明な管理になるかもしれません。運用次第にはなりますが、使う人の環境で一番適切な方法を選択していただけたらと思います。

進捗率の視覚化については、以前紹介したイナズマ線のブログをご参考ください。

りっくまのお便り投稿シリーズWBSガントチャート編7:進捗状況を視覚化したいクマ~!

りっくまさん、このような回答でいかがですか。作業が多いと手入力では管理が煩雑になるかもしれませんので、適用できそうでしたら進捗率の自動計算もお試しください。
また何かお困りのことがございましたらお問い合わせください。

WBSガントチャートをお試しされたい方には30日の無料評価ライセンスを発行します。

評価ライセンスのご依頼

リックソフトまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

WBSガントチャート について

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について