リックソフトブログ

2024年02月22日

Jiraで対応不要になった課題はどうすればいいの?【スクラムで目標管理シリーズ】

Author

堀田(リックソフト マーケティング部) hotta

堀田(リックソフト マーケティング部)</mt:Var>

  

noteで公開したとおり、昨年の年末から、2024年の個人目標管理をJira Software(ジラ・ソフトウェア)のスクラムテンプレート(チーム管理対象プロジェクト)を使って進めています。

2024年1月30日、さっそく1スプリントが終わりました!
*初回なので、ストーリーポイントは記入していません。

20240222_001.png

スプリント完了ボタンを押せばいいのかな?でも、押そうとすると、こんな選択肢が出てきます。

20240222_002.png

完了していない課題を「新規スプリント」か「バックログ」に移せるようです。
*ここでいうバックログは「プロダクトバックログ」です。

新規スプリントの「スプリントバックログ」に移すか、プロダクトバックログに移すか...。

私の場合は、いったん必要性を見直すためにプロダクトバックログに入れることにしました。

Jiraで対応不要になった課題(チケット)はどうすべきか問題

実は、この1月のスプリントの中で「最初はスプリントバックログの中に入れていたけど、進めていくうちに対応不要になった課題」が出てきました。

20240222_003.png

具体例として、エピック「マネー管理」のストーリー「ジュニアNISA」にサブタスク「新制度について調べる」「利率がいいものを探す」を作り、1月のスプリントの達成すべき課題として設定していました。しかし、調べると、ジュニアNISAは2023年で終了し、2024年はもうなにもできないそうです。「(ジュニアNISAの)利率がいいものを探す」というサブタスクが対応不要になります。

この場合、どうすればいいでしょうか?チケットを消しちゃっていいのでしょうか?でも、チケットはあまり消さないほうがいいという話も聞いたことがあります。

このままだとプロダクトバックログにやらなくていい課題がたまっていきますよね。

Jira Softwareとスクラムに詳しい小田倉さん、教えてください!

Jiraの課題を削除しないほうがいい理由

答える人:小田倉晃さん。TOEICフルスコアでAgileに興味がある青年。SAFe®のSPCの資格を保有。リックソフトではアジャイル関連の記事を監修。

▷アジャイル開発とは?メリット・デメリット、代表的な手法を解説-リックソフト

まず、スクラムの原則(スクラムガイド)という側面で言うと、「不要となった作業に関してどのように処理するべきか」ということに関しては特に触れられていません。

Jira Software でチケットの削除が推奨されていない理由は主に下記の2つです。

  • Jiraは削除したチケットを復元するのが困難
  • 不要となった経緯なども保管しておくことで、今後の改善に活かせる

そのため、あらかじめエンドユーザーが課題を削除できないようにしている(=Jira課題の削除権限を付与していない)Jira管理者さんもいます。

ステータスは「完了」にして、解決状況のフィールドでカテゴライズするのが一般的です。

具体的には、「作業中止」、「対応不要」などの解決状況(ステータス)を追加します。


以上が小田倉さんの話でした。

Jiraに「中止」ステータスを追加してみよう

堀田は課題のステータスに「中止」を追加することにしました。手順を紹介します。

左サイドバー「プロジェクト設定」→「課題タイプ」を選択。右側にある「ワークフローの編集」をクリックします。

20240222_004.png

ワークフロー編集画面が表示されます。

20240222_011.png

20240222_005.png

ステータス追加画面で「完了ステータス」を選択します。

20240222_006.png

「ステータスを検索または検索」の項目に、「中断」「中止」など追加したいステータス名を入力し、「追加」ボタンをクリックします。

20240222_007.png

すると、ステータスに「中止」が追加されます。

その後、「ボード」の設定画面に移ります。「完了」の右上にある歯車をクリックし、「列とステータス」で「中止」を完了のレーンに入るようにしてください。これで設定は完了です。(2024.3.25追記)

20240222_012.png

このあと、課題画面に戻ります。中止したいサブタスクのステータスを「中止」にしました。

20240222_008.png

これでストーリー「ジュニアNISA」は「完了」です。

20240222_009.png

<注意>
スプリント期間内に「中止」にした場合、ストーリーポイントを設定していた場合は加算されてしまいます。スプリント期間が終わった後の振りかえり期間中に「中止」にステータス変更をするのがおすすめです。

                                   

■Jira Software

リックソフトからJira Softwareの評価ライセンスを申し込んだ方は、リックソフトのヘルプデスクチームのサポートが5回まで受けられます。

Jira Software

Jira Softwareを試してみたい方はこちら

Jira Software 無料トライアルご依頼フォーム

Jira Softwareに関する資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております

Jira Software お問い合わせ

研修サービス

リックソフトでは、無料のセミナー(不定期開催)や 研修サービス(有償)を提供しています。ぜひご利用ください。

Jira 入門コース e-ラーニング Jira 入門コース               
                    
                                                             

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Atlassian Cloud Jira
  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのサポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのサポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP