Q: Jira Software(ジラソフトウェア)でのアジャイル開発、Epic(エピック)ってどう使うの?

リックソフトブログ

2023年10月27日

Q: Jira Software(ジラソフトウェア)でのアジャイル開発、Epic(エピック)ってどう使うの?

Author

堀田(リックソフト マーケティング部) hotta

堀田(リックソフト マーケティング部)</mt:Var>

  

Q:スクラム開発をJira Software(ジラソフトウェア)で管理しようと試行錯誤中です。「エピック」って必ず使わなきゃいけないんですか?どう使えばいいのでしょうか?

アジャイル開発を社内で進めていくにあたり、アジャイル開発に適していると評判のプロジェクト管理ツール「Jira Software」の検証をしています。

「バックログ」内にある"エピック"と"ストーリー"、"タスク"の違いがわかりません。

"エピック"は必ず使わなきゃいけないんでしょうか?なくてもいい気がしています。

使う場合は、どんな風に使えますか?

A.必須というわけではありません。エピック機能を使わないチームもいます。

「エピック」はタスク/ストーリーのグループみたいなものです。ストーリーもしくはタスクより一つ上の階層にあるものです。

スクラムガイドでもエピックという単語は1度も出現しないので、特に必須のものではないです。

"ストーリー"は"ユーザーストーリー"です。それとは別に"タスク"があります。タスクとストーリーは同じ階層にあります。

"サブタスク"はユーザーストーリーまたはタスクを実現するための作業です。ユーザーストーリー、タスクからは一つ下の階層にあります。

Jira Softwareでアジャイル開発しているチームは必ずエピックを使用しているわけではありません。エピックは使わず、「ストーリー」「タスク」「サブタスク」のチケットだけで開発をしているチームもいます。

「エピック」と「バージョン」の違い

バージョンは特定のリリースや変更の識別子です。

1つのバージョン(リリース)には、複数のエピック配下のユーザーストーリーが含まれます。

「エピック」を知るためのユースケース(1)「英語学習プロジェクト」

利用例としていくつか挙げておきます。

スクラム開発の課題管理メソッドはアジャイルソフトウェア開発だけでなく、達成したい課題があるときの目標管理ツール・やること整理ツールとして活用できます。

「語学学習」をテーマにしたやることを管理をするJira「英語学習プロジェクト」があるとします。

リリース日をTOEICなど資格試験受験日とします。

「学習方法を学ぶ」「リスニング」「スピーキング」「リスニング」

をそれぞれエピックとし、そのエピックのひとつ「リスニング」の中に「英語耳」「音読パッケージ」「毎日の英速読」と、こなすべき教材名が入っています。

タイムラインでは、現在のスプリントで複数のエピックのストーリーに関わっていると一目でわかります。

タイムライン上のエピックはドラッグ&ドロップの移動で上下の並び替えさせることができます。

エピックを知るためのユースケース(2)飲食店のフェア計画

カレー店の企画管理に使うケースを紹介します。

「年末年始の準備」「バレンタインカレーフェアの準備」「卒園・卒業カレーフェス」と3つのエピックがあり、それぞれのストーリーチケットがあります。そのストーリーチケットの中にはさらにサブタスクがあります。

上記画面で、完了ステータスになっているものの課題番号には打ち消し線が引かれています。「年末年始の支度」エピック配下のものは完了済と認識できます。

ボード(カンバン)画面でグループ分け「サブタスク」に設定すると、ストーリー内のサブタスクが表示されます。この画面ではエピックはカードでは表示されず、ラベルのような役割を果たしています。

Jira Softwareでの「エピック」の作成方法

Jira Softwareの「スクラム開発」テンプレートでプロジェクトを開始します。

「企業管理」でも「チーム管理」でも構いません、実態にあったものを使いましょう。

(1)「タイムライン」からエピックを作成する方法

左バーの一番上「計画」内の一番上、「タイムライン」(以前"ロードマップ"と表示されていた場所です)をクリックすると、進行スケジュール表のような画面が出ます。

タイムラインでは、表示期間を四半期ごと・月ごと・今日と表示範囲を設定できます。

「タイムライン」上では、ストーリーを実現するための「サブタスク」は表示されません。開発の詳細状況までは管理しない立場のプロダクトマネージャー非開発者に現在の進捗状況を報告するのに必要な情報が入っています。

(2)「バックログ」からエピックを作成する

「計画」の上から2つめ、「バックログ」を指定します。「エピック」をクリックし、「エピック」のトグルをオンにすると、「エピック」の列が出現します。「エピックを作成」から新しいエピックが作成できます。

また、「バックログ」画面ではエピックで課題を絞ることも可能です。ちょっとしたフィルターのように使えます。

(3)課題から作成する

課題作成ボタンをクリックして課題を作成するとき、課題タイプを「エピック」に選択します。

当該エピック配下のストーリー課題がないと「バックログ」画面には表示されませんが、「タイムライン」にはエピックチケットは表示されます。

                                   

Jira Software

「現在フリープランで試行錯誤中で、全社導入のためのアドバイスが欲しい」という方、「Jira Softwareの活用方法をもっと詳しく知りたい」という方へ。リックソフトからJira Softwareの評価ライセンスを申し込んだ方は、リックソフトのヘルプデスクチームのサポートが5回まで受けられます。

Jira Software

Jira Softwareを試してみたい方はこちら

Jira Software 無料トライアルご依頼フォーム

Jira Softwareに関する資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております

Jira Software お問い合わせ

研修サービス

リックソフトでは、無料のセミナー(不定期開催)や 研修サービス(有償)を提供しています。ぜひご利用ください。

Jira 入門コース e-ラーニング Jira 入門コース               
                    
                                                             

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ         

  
本ブログのカテゴリ: Jira
  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのサポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのサポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP