Capture for Jira|画面キャプチャーツール

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. Capture for Jira(画面キャプチャーツール)

Jira-capture

Capture for Jira とは?

Capture for Jiraは、簡単に画面ショットを取得し、その取得したデータを加工したり、付加情報を追加することができます。

これによって、ソフトウェア開発のテストフェーズの結果報告やバグ報告などに利用でき、さらに運用フェーズでは障害発生時のエラー画面などを正確に素早く伝えることができ、FAQの素材としても活用することができます。

ソフトウェア開発の生産性向上、ITIL®のインシデント管理、DevOps導入などを支援するJiraのアドオンが、Capture for Jiraです。

主な特長

シンプルでわかりやすい画面構成

シンプルでわかりやすい画面構成

課題の作成、テストセッション、テンプレートの使用は、ヘッダーのタブをクリックして利用できます。添付するスクリーンショットは簡単に見つけて使用することができます。

アプリ内からバグを報告

アプリ内からバグを報告

お使いのブラウザからバグを報告する際、わざわざアプリケーションを切り替える必要がありません。

スクリーンショットに注釈を付ける

スクリーンショットに注釈を付ける

即座にスクリーンショットをキャプチャして、注釈を追加できます。バグ報告の課題の説明がよりわかりやすくなります。

テストセッション

テストセッション

要件やユーザーストーリに対して、すべてのテストアクティビティ(課題の作成と作業時間を含む)を追跡および管理します。

テンプレート

テンプレート

各テストセッション内の課題メタデータとダイナミックコンテキストをテンプレートとして再利用し迅速にバグ報告を作成できます。また、テンプレートは共有できます。

ブログ

Capture for Jiraの紹介

2014年2月5日

Capture for Jiraの概要 Capture for JiraはJIRAのプラグインです。Webブラウザの拡張機能として動き、JIRAへのスクリーンショット貼り付けが非常に楽になります。インストール Capture for JiraがインストールされたJIRAのトップナビゲーションバー「Capture」→「Get browser extension」よりブラウザ拡張機能としてのファイルが入手できます。...

続きをみる

Capture for Jiraの紹介

PAGE TOP