日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/07/10

Jiraのユーザー管理・権限管理について、ちょっぴりまとめてみた。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

奥村 和彦Kazuhiko Okumura

奥村 和彦

こんにちは。リックソフト プリセールスの奥村です。
プリセールスでAtlassian製品紹介を行ったときや製品をご評価いただいている際に、お客様より「ユーザーに対する利用制限はどこまでできるの?」「プロジェクトごとに権限は変更できるの?」や、「アカウント管理を社内の既存システムと連携したい」などのご要望、ご質問をいただくことがあります。

今回はJiraについて簡単ながらユーザー管理や権限管理の概要についてブログで紹介させていただきます。
尚、ここでは製品のユーザーや権限設定のための機能や役割の説明までとなっており、具体的な権限で設定できる内容や種類までは説明しておりませんのでご了承ください。

アカウント管理

アカウント管理

JIRAが管理するアカウントは、ユーザーとグループの2種類があります。

ユーザー

  • 個人単位のアカウントです。

グループ

  • 役割と責任に基づき、ユーザーをまとめた代表アカウントです。

アプリケーションアクセス とグローバル権限

アプリケーションアクセス とグローバル権限

アプリケーションアクセスやグローバルパーミッションは、JIRAアプリケーション全体に関係する権限を管理します。
設定は管理画面から行うことができます。

プロジェクトとパーミッション/セキュリティの関連付け

プロジェクトとパーミッション

スキーム

  • 設定した権限、課題セキュリティレベル、ワークフローセキュリティは、それぞれ”スキーム”と呼ばれるテンプレートで管理画面から設定することができます。
  • 複数のプロジェクトで同じスキームを参照することができます。

プロジェクト管理者ができること

ここで紹介した設定のほとんどは、Jiraシステム管理者やJira管理者の権限を持つユーザーだけが変更でき、プロジェクト管理者は設定の参照のみが行えます。
プロジェクト管理が自プロジェクトで行える大まかな設定は以下の通りです。(権限設定に関わらず。)

  • 定義済みのプロジェクトロールを使ってプロジェクトメンバーのロールを管理できます。
  • 画面(フィールドやタブ)の表示可否が設定でき、「課題セキュリティレベル」の表示可否(利用可否)が指定できます。
  • ワークフローの編集はステータスの追加・編集のみで、トランジションは編集できません。
  • バージョンやコンポーネントを追加できます。

いかがでしたでしょうか?
Jiraはロールやスキームといった”概念”、グループといった代表アカウントを用いることで、ユーザーとプロジェクトを直接紐づけずに権限を設定することができます。
またスキームは権限に限らず、複数のプロジェクトで共通利用することができますので、管理者の運用負担の削減にも効果を発揮できます。

より詳細を知りたいという方は

ペストプラクティスを含めた詳しい内容を、リックソフトのお客様はご覧いただけます。
ライセンス発行時にお送りしておりますIDとパスワードで下記URLからご覧ください。

JIRAのユーザー管理・権限管理についてまとめてみました。(注:リックソフトのお客様のみ閲覧可能です。)

また今回、紹介させていただきました内容は、2018年7月1日発売されました「管理者向けJira7.5入門 ガイドブック」に詳細が記載されております。
より詳細を知りたいという場合は、リックソフトが提供する有償研修への申し込みをご検討ください。
当社からライセンス※.1をご購入いただいたお客様には以下の特典がございます。

◆ライセンス購入特典

もれなく大幅割引価格での有償研修が受講ができます。
ユーザー向け入門ガイドブック1冊を無料進呈させていただきます。
シルバーサポート、ゴールドサポート契約のお客様には無料招待のご案内をさせて頂くこともございます。

※.1 スターターライセンスは除く、RS標準サポート付きライセンスが対象

ライセンス購入特典

ガイドブック販売

ツール活用を促進する研修サービス

ご不明な点がございましたら、お気軽に弊社にお問合せください。

お問い合わせ

また30日の無料評価ライセンスがありますので、ぜひお試しください。

評価ライセンスのご依頼

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP