組織にアジャイルをもたらす「Jira Align」の機能紹介〜開発現場で活用できるProgram編(前編)〜

リックソフトブログ

2022年01月11日

組織にアジャイルをもたらす「Jira Align」の機能紹介〜開発現場で活用できるProgram編(前編)〜

Author

鈴木 華 Hana Suzuki

鈴木 華</mt:Var>

  

あけましておめでとうございます。
HANAです。

本年もよろしくお願いいたします。
新しい門出、今年はどんな年になるでしょうか。

ビジネス環境の変化に対応するためには意思決定のスピードをイメージしますが、意思決定をしても製品やサービスが提供されるまでに時間がかかっていては意味がありません。
1つの方法としてはビジネス側と開発側(現場)が密に接して、その意図を共有し、コミュニケーションが取れている必要性が考えられます。
ビジネス側と開発側(現場)のDevOpsのようなイメージで企業全体でのアジャイルプロセスを導入することで全体の最適化が図れるのではと思います。

今回は現場サイド寄りのProgramレイヤについて紹介します。

■Program Room

Program Roomは、Program全体の作業やステータス、関連するPIプランニング、依存関係などを確認できるダッシュボードとして利用されます。
主にRTE、Product Mgmtなどのロールが使用するビューになります。

プログラムルームでは、プログラムのオブジェクティブ、リスク、依存関係、作業項目のほか、キーメトリクスの表示、ミーティングの実行、PIプランニングチェックリストを実行することができます。
各項目はガジェットのようになっていて表示位置を好きなようにカスタマイズすることができます。
Jiraのダッシュボードのカスタマイズと同じようなイメージと捉えてください。

各アイテムにはチャット機能も付いており、スレッド形式でやり取りすることができます。
これはJiraのコメント機能と同じようなものと捉えてください。

各アイテムの横にチャット通知が表示されるのでRTEなどのロールの方はProgram Roomを見ているだけで各チームのアラートをキャッチアップすることができ、それに対するアクションを迅速に行うことができます。

また、Featureの優先度の検討などWSJFを用いて行うことができます。

■Program Board

Program BoardはPIプランニングのアウトプットとして作成されるボードで、そのPIの中で実施されるFeatureと各チーム間の依存関係で表示されます。

Jira Alignでは各チームが実施するFeatureとチーム間の依存関係、オブジェクティブがアイコンで示されます。

アイコンの形でアイテムを表し、色でステータスを表します。各アイテムとステータスの関係は下記のようになります。

Program Boardのメニューでは各チームがスイムレーンで並んでいて、その中に各チームの実施するFeatureと依存関係が表示されています。
画面上部に並んでいるものがオブジェクティブになります。
このようにPIの期間内のアイテムを一覧で確認することができます。
各アイテムのアイコンをクリックするとアイテムの詳細を確認することができます。

各アイテムは作成した段階でボード内に表示されるので、PI期間内のどのイテレーションで実施するかを指定します。
これによりどのイテレーション内で実施するかを指定することができます。
このような感じでプログラムボードを作成しPIプランニングを行います。

ミーティングの実施もJira Align上で実施でき、履歴を残すこともできます。
ミーティングについては後日紹介できたらと思います。

■Program Backlog

選択したプログラムとPIに割り当てられたFeatureのバックログを確認することができます。

各Featureの「>」アイコンをクリックすると展開されて、そのFeatureに属するStoryを確認することができます。
バックログで表示されるカラムはカスタマイズができるので確認したいものを設定することができます。

Jira Softwareのカードレイアウトと同じようなイメージと捉えてください。

また、バックログはかんばん表示に切り替えることができますので、優先順位と現在の状態を見ながら確認することができるので表示に便利です。

少し長くなったので、今回はここまでにしたいと思います。

次回はProgramレイヤの続きとして依存関係やロードマップ機能について紹介したいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。
以上、HANAでした。

                                         

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Jira Align Scaled Agile Framework®︎(SAFe®︎)

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Jira Align SAFe

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP