アジャイルをチームから組織全体へ拡大する「Jira Align」〜組織戦略向け機能〜

リックソフトブログ

2021年12月06日

アジャイルをチームから組織全体へ拡大する「Jira Align」〜組織戦略向け機能〜

Author

鈴木 華 Hana Suzuki

鈴木 華</mt:Var>

  

みなさん、こんにちは。Jira Alignの紹介ブログ3回目をお届けします。

Jira は、チームレベルで使用するアジャイル管理ツールです。

アジャイルを企業(組織)全体レベルで実施すると、他チームや作業に依存関係が生じてしまい、管理や全体の進捗などに課題が生じたり、影響を及ぼしてしまうことが考えられます。
Jira Align は、チームの作業をビジネス戦略に結びつけることができるように設計されたエンタープライズ アジャイル ソリューションを提供します。

Jira Alignの構成は大きく、Enterpriseレベル、Portfolioレベル、Solutionレベル、Programレベル、Teamレベルのように各レイヤに分かれて構成されています。今回は戦略や組織階層を設定する「Enterpriseレベル」の紹介をしたいと思います。

■1. Organization Structure

Jira Alignでは、データがどのように整理されるかを定義する基本構造を設定する必要があります。
これをOrganization Structureといい、下図に示すようにポートフォリオ、プログラムといった組織構造を構成することができます。

SAFeのBig Pictureに照らし合わせてみると、「Organization Structure」は戦略を策定する「Enterprise」部分に相当します。

このようにOrganization Structureは各レイヤのデータを結び付けて階層化し管理していくことができますので、シングルソースオブトゥルースとして機能します。

■2. Strategy Room

Jira Alignには各レイヤごとに「○○ Room」というビュー(画面)が用意されています。これは各レイヤでのダッシュボードとして情報の一覧を確認することができます。

Enterpriseレイヤでは「Strategy Room」がそれに該当し、組織の中長期戦略、年間戦略や目標、戦略の実行された状況を確認することができます。

■Strategic Backlog

Enterpriseにはミッション、ビジョン、バリューから作業項目までを階層的に見ることができる「Strategic Backlog」というビューが用意されています。バックログですので、各アイテムはドラッグアンドドロップで優先順位を変更することができます。

このビューでは各アイテムと主要な項目を一覧で確認することができます。

■OKR

Jira Alignでは各ワークアイテムをOKRで管理することができます。

上記で紹介した「Strategy Room」にあるヒートマップでヘルス状態を色つきで確認することができます(赤⇒黄⇒緑で表現)。
これらは各レイヤのアイテムのOKRをツリー構造で表示することができ(Objective Tree)、ヒートマップでどのレイヤで問題が発生しているかを確認し、「Objective Tree」でドリルダウンしてどのワークアイテムで問題が発生しているかを素早く確認することができるので意思決定を迅速に行う手段の1つとして利用することができます。
(ヒートマップから赤い部分の問題点を因数分解して主要因を分析するイメージ)

どちらかというとOKR運用というよりは計画値が誤っていることもあるので差異分析もできるようOKRという表現方法になっています。

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
今回は経営層が利用するレイヤの紹介をしました。

次回以降も各レイヤのふるまいや機能を紹介していきます。

                                         

関連する製品についてはこちらをご覧ください。

Jira Align Scaled Agile Framework®︎(SAFe®︎)

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Jira Align SAFe

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP