第7回 Workatoとは? Workbot for Slackを使って業務効率化を図る!

リックソフトブログ

2021年12月22日

第7回 Workatoとは? Workbot for Slackを使って業務効率化を図る!

Author

大薗 輝久 teruhisa ohzono

大薗 輝久</mt:Var>

  

みなさん、こんにちは。

リックソフト プリセールス Workato担当の大薗です。
「Workatoとは?」ブログの"7回目"になります。

今回は、Workatoで用意しているコネクタtの「Workbot for Slack」をご紹介したいと思います。

「Workbot for Slack」は、Slack内からビジネスアプリを監視および操作するのに役立つWorkatoチャットボットです。

例えば、企業のリードがWebサイトのフォームに入力された時や、アラートが作成されたときなど、重要なイベントが発生したときに、WorkbotがSlackチャネルに通知を投稿するレシピを構築することができます。

■Workbot for Slackコネクタを使ってみよう

【コネクションの作成】

「Create connection」から Workbot for Slackのコネクタを検索していただき、コネクションを作ることができます。

コネクション名や保存するLocationなどを選択し、Connectボタンを押下します。

接続するSlackのワークスペースを選択し「許可する」ボタンを押下すれば、Workabot for Slackのコネクションを作ることが可能となります。


【レシピでWorkbot for Slackを使ってみる】

今回は、Salesforceで新しくケースが作成されたタイミングでケースの内容をSlackの指定チャンネルにメッセージを飛ばす。

という簡単なレシピを作成してみたいと思います。

Workbot for Slackのアクションは、Post messageを選択してみます。

Reply Channelで、メッセージを送信するチャンネルを選択。
Notification textで、送信するメッセージ内容を作成します。

このレシピをStartして、Salesforce側でケースを作成すると・・・

上図のように、Workbotからメッセージが送信されたのがお分かりいただけると思います。

このように、Workbot for Slackを利用すれば、簡単にSlackに対してアクションを行うことができます。

■Slackコネクタ VS Workbot for Slackコネクタ

Workatoには、SlackコネクタとWorkbot for Slackコネクタの両方を利用することができるので、レシピを構築する際に、どっちを使えばいいの?という質問がよくございます。

ここではSlackコネクタと、Workbot for Slackコネクタの違いを説明したいと思います。


■Slackコネクタ

Slackコネクタはワークスペース自動化ツールです。

Slackチームをチームメンバーとして承認するレシピを作成したり、チャネルにメッセージを投稿したり、Slackチームメンバーに直接メッセージを送信したり、チャネルやグループを管理したりできます。

Slackチームにアプリをインストールする必要はありません。Slackコネクタ上に構築されたレシピを使用すると、メッセージボタンやメニューに応答できます。


■Workbot for Slackコネクタ

Workbot for Slackコネクタは、ボットインタラクションエクスペリエンスを構築するためのツールを提供します。

Workbotはユーザーインターフェイスと一連のレシピで構成されており、ユーザーはこれを介して他のアプリとデータを送受信します。

ユーザーはSlackチャネルとダイレクトメッセージでWorkbotを操作します。

SlackコネクタとWorkbot for Slackコネクタの比較表は以下の通りです。

特徴
Slack コネクタ
Workbot for Slack コネクタ
添付ファイル送信 Yes Yes
メッセージにボタンをつける Yes Yes
メッセージのメニュー化 Yes Yes
スレッドに対応 Yes Yes
Slackへのインストール No Yes
ユーザーのカスタマイズ投稿

常に認証済みユーザーの投稿

常にWorkbotの投稿

事前に作成されたレシピ/コマンド? No Yes
通知を設定する必要があるか?

No

Slackメッセージを投稿するレシピを開始するだけで

指定したチャネルに通知が投稿され始めます。

No

Slackメッセージを投稿するレシピを開始するだけで

指定したチャネルに通知が投稿され始めます。

確認済みのユーザーアクセス? No Yes
データ(パラメータ)を後続のメッセージ/レシピに渡す No Yes

■まとめ

Slackのようなコミュニケーションツールの利用が増加しているため、コミュニケーションツールを自動化プロセスの中心に考えられる企業様はとても多いです。

Workbot for Slackでは、単純にメッセージを送信するだけではなく、ボタンや絵文字からの次アクションも促すことができるため、様々なシーンを想定したレシピを構築することができます。

自動化の幅が一気に広がりますので、ぜひWorkbot for Slackを使いこなしてみてください!

                                         

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Workato Slack導入支援サービス

Workatoを試してみたい方はこちら。

Workato無料トライアルご依頼フォーム

Workatoに関する資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております。

Workato お問い合わせ         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Slack Workato Workatoとは

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

  

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP