Jiraから課題をエクスポート!Xporterを実際に使ってみよう!

リックソフトブログ

2021年01月22日

Jiraから課題をエクスポート!Xporterを実際に使ってみよう!

Author

大薗 輝久 teruhisa ohzono

大薗 輝久</mt:Var>

皆様こんにちは!リックソフト プリセールスエンジニアの大薗です。

今回は「ちょっと気になるアプリ(アドオン)シリーズ:Xporter - Export Issues from Jira」でご紹介したオリジナルで作ったテンプレートを利用してJiraの項目をエクスポートすることができる「Xporter - Export issues from Jira」に一歩踏み込んでエンジニア目線でご紹介いたします。
同シリーズはAtlassian社のMarketplaceで掲載されていて使ってみたい!気になる!というAPPをどんどん紹介するシリーズです。

Xporter - Export issues from Jira」の概要については簡単に弊社の澤田が紹介しておりますので
ぜひ、こちらの記事もチェックしてみてください!

バックナンバー
前回「Xporter - Export issues from Jira」の記事はこちら


Xporter - Export issues from Jira」の機能について

さて、今回ご説明させていただく、「Xporter - Export issues from Jira」を詳しく知ってもらうために

  • 簡単!初期設定
  • どこからエクスポートできる?
  • エクスポートするテンプレートの作り方

上記の3つに焦点を当てて、説明していきたいと思います。それでは、さっそく行ってみましょう!

簡単!初期設定

Xporter - Export issues from Jira」は、Atlassian Marketplaceからご購入・インストールいただけるAPPです。

Jira Softwareや、Jira Service Managementからオリジナルで作成したテンプレートを使って情報をエクスポートすることができます。

1.インストール

Atlassian Marketplaceから購入(Freeトライアル もあります!)

Xporter - Export issues from Jira

xporter01.png

インストールしていただくと、アプリのメニューに追加されます。

2.権限の設定

管理者は、[グローバル権限]セクションで、アプリをすべてのユーザーとプロジェクトで利用できるかどうかを定義できます。
選択すると、すべてのテンプレートがすべてのユーザー/プロジェクトで使用できるようになります。
それ以外の場合、管理者は、Xporterを使用できるユーザー、エクスポートに使用できる問題の種類および使用できるテンプレートを定義するためのアクセス許可スキームを作成する必要があります。

xporter02.png


Miscellaneous(その他)

Global Permissions(グローバル権限)

 Enable Xporter for all projects and all users
(すべてのプロジェクトとすべてのユーザーに対してXporterを有効にする)
ONにすると、APP機能はすべてのユーザーが利用でき、すべてのテンプレートはすべての課題で利用できます。

Xporter Visibility(Xpoterの可視性)

 Enable Xporter panel on Single Issue View
 (シングルイシュービューでXporterパネルを有効にする )
ONにすると、課題単体ビューのXporterパネルから課題情報をエクスポートできます。

 Enable Xporter on Customer Portal Request Detail
 (カスタマーポータルリクエストの詳細でXporterを有効にする)
ONにすると、XporterがJira Service Managementのカスタマーポータルで利用できるようになります-

 Enable Xporter on Customer Portal My Requests
(カスタマーポータルのマイリクエストでXporterを有効にする)
ONにするとXporterがJira Service Managementのマイリクエストで利用できるようになります。

 Enable Xporter on Agile Boards
 (アジャイルボードでXporterを有効にする)
ONにすると、Xporterがアジャイルボードで利用できるようになります。

 Enable Xporter on Jira Home menu
 (JiraホームメニューでXporterを有効にする
 ONにすると、XporterがJiraホームメニューで使用できるようになります。

3.プロジェクト設定

どのプロジェクトで利用するかもON/OFF可能です。

xporter03.png

どこからエクスポートできる?

Miscellaneous(その他)のXporter Visibility(Xpoterの可視性)で各項目をONにすることで、6箇所からXporter機能を利用して情報をエクスポートすることができます。

1.課題からエクスポート

課題画面の「・・・」から展開できるメニューに「Xporter」が追加されており、こちらから課題項目を利用し、エクスポートすることができます。

xporter04.png

2.フィルター画面からエクスポート

フィルター画面から検索した結果一覧の画面に「Xporter」が追加されており、こちらから課題項目を利用し、エクスポートすることができます。

xporter05.png

3.カスタマーポータルリクエストからエクスポート

カスタマーポータルのリクエスト画面に「Xporter」が追加されており、こちらから課題項目を利用し、エクスポートすることができます。

xporter06.png

4.カスタマーポータルマイリクエストからエクスポート

カスタマーポータルのマイリクエストの一覧に、「Xporter」が追加されており、こちらから課題項目を利用し、エクスポートすることができます。

xporter07.png

5.カンバンボードからエクスポート

カンバンボード画面の「・・・」から展開できるメニューに「Xporter」が追加されており、こちらから課題項目を利用し、エクスポートすることができます。

xporter08.png

エクスポートするテンプレートの作り方

1.テンプレートメニューを作成する

プロジェクト設定の「Xporter」から、プロジェクトごとに、どのテンプレートをどのような名称でエクスポート対象とするかを設定することができます。

Addボタンから、新規テンプレートを作成が行えたり、既存のテンプレートの編集ができます

xporter09.png

テンプレートには、

・エクスポートの名称と説明

・対象となるScopeの設定(どこからエクスポートできる?を参照)

・エクスポートするテンプレートファイル

・出力対象のフォーマット選択(エクセル、PDF、CSVなど)

・デフォルト出力タイプの決定

などの設定が行えます。

xporter10.png

ここで作成したテンプレートメニューは、6箇所のXporterエクスポートメニューから

選択し、エクスポートすることができるようになります。

・エクスポートするテンプレートを選ぶ

xporter11.png

・エクスポートファイルの形式を選択する。

xporter12.png

実際にエクスポートされたエクセルファイルはこのようになります。

xporter13.png

2.テンプレートファイルを作成する

Xporterからエクスポートするファイルは、オリジナルで作成することができます。

レイアウトを作成後、そのレイアウトに出力したい項目はXporterが用意している"マッピング"を設定します。

例えば、「テンプレートメニューを作成する」で実際に出力したファイルのテンプレートはこのようになっております。

xporter14.png

${XXXXXX}の部分が"マッピング"となり、該当する項目の値がエクスポート時に挿入され、表示されます。

このように、自由なレイアウトに対して、どの位置にどの値を出力するかを"マッピング"を使って実現します。

また、

${<Custom field name>[<Custom field id>]}

のようなマッピングを利用することで、カスタムフィールドの値も出力できます!

どのような"マッピング"になるか詳しく知りたい方は、Xporterのマッピングページをご覧ください。

ぜひ、オリジナルのテンプレートを作って、試してみてください!

※Storeメニューから、Xporterが用意しているテンプレートファイルを購入することもできます!

まとめ

さて、今回は、オリジナルで作ったテンプレートを利用してJiraの項目をエクスポートすることができる

Xporter - Export issues from Jira」を

  • 簡単!初期設定
  • どこからエクスポートできる?
  • エクスポートするテンプレートの作り方

3つの要点にまとめて説明してみました。

・カスタマーへ共有目的としてカスタマーポータルサイトで利用

・監査トレイル用にレポートをまとめたい時に利用

など、様々な用途で、「Xporter - Export issues from Jira」のAPPはご利用いただけると思います。

ぜひ、試してみてください!

                                               

製品について詳しくはこちらをご覧ください

Xporter - Export issues from Jira

関連する製品についてはこちらをご覧ください

Jira Software Jira Service Management

関連する製品を試してみたい方はこちら

Jira Software 無料トライアルご依頼フォーム Jira Service Management 無料トライアルご依頼フォーム

Jira Softwareに関する資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております。

Jira Software お問い合わせ Jira Service Management お問い合わせ

研修サービス

リックソフトでは、無料のセミナー(不定期開催)や 研修サービス(有償)を提供しています。ぜひご利用ください。

Jira 入門コース e-ラーニング Jira 入門コース         
              
                                                                         

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点やその他製品に関しましては下記よりお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Jira Jira Service Desk

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP