日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2016/05/20

JIRA Software(+Atlassianツール) vs Redmineについて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

酒井 祐輔Yusuke Sakai

酒井 祐輔

こんにちは。リックソフト西日本支社の酒井です。
リックソフトは今年の1月より名古屋にあったAtlassianエキスパートのエイチ・エス・ディー(有)と合併し、西日本支社が誕生しました。
今後西日本地区でAtlassianツールをご検討のお客様には、我々西日本支社の者が商品説明やデモに伺わせていただきますので、その際は是非ともよろしくお願いします!
今回はJIRAをご検討いただいているお客様からよくお問い合わせを受ける「JIRAとRedmineの違いって何?」について書いてみたいと思います。

ツールの背景

まず最初に両ツールの背景について比較してみたいと思います。下記表をご覧ください。

比較項目 JIRA Software Redmine
出身地 オーストラリア フランス
お名前の由来 日本の「ゴジラ」より 「赤い地雷」(諸説あり)
お誕生日 2002/04/10 2006/06/25
最新Ver※ v7.1.6(2016/05/06) V3.2.2(2016/05/05)
言語 Java Ruby
元々の用途 バグ管理システム(BTS) バグ管理システム(BTS)
稼働環境 Webベースアプリ Webベースアプリ
ライセンス フリーソフトウェア(無償)
サポート体制 有り 無し
拡張性 有り(アドオン、別ソフト等) 有り(プラグイン)

今回JIRAについてはソフトウェア開発向けの機能が揃っている「JIRA Software」を比較対象にしました。

両ツールとも元々はBTS(Bug Tracking System)として使われていたツールでしたが、その使い勝手の良さからITS(Issue Tracking System)として使われるようになりました。

その使い道はソフトウェア開発だけにとどまらず、多種多様な業種でも使われ始めています。(例:自動車業界、保険業界、不動産業界、大学、etc…)

また最近では企業のサービスデスクツールとしての使い方もされています。
Atlassian社は機能アップやお客様からのご要望をいち早く反映させるため、2週に1回くらいの頻度でバージョアップを繰り返しています。

両ツールの背景については元々の用途が同じだったことからほとんど同じですが、大きな違いとしては「ライセンス」の部分と「サポート体制」の部分になるかと思います。

機能の違い

まずは主な機能の比較について下記表をご覧ください。

比較機能 JIRA Software Redmine 備考
課題管理 標準搭載 標準搭載 標準搭載機能ではJIRAの方がカスタマイズ性やUIで優れています
進捗管理 標準搭載 標準搭載 ガントチャートについてはRedmineは標準です。JIRAは別アドオンとなります
ワークフロー設定 標準搭載 標準搭載 JIRAは標準でプロジェクト、課題タイプ毎にワークフロー設定が可能です
権限設定 標準搭載 標準搭載 JIRAはプロジェクトだけでなく、課題の粒度でも権限設定が可能です

Redmineは課題管理、進捗管理、構成管理、情報共有をオールインワンで管理でき、プラグインでさらなる拡張可能です。

一方JIRA Softwareは課題管理は標準で出来ますが、ガントチャート、構成管理、情報共有に関しては別のソフトウェアを導入したり、アドオンを追加する必要があります。

(プラグイン、アドオンとは元のソフトウェアを拡張するためのソフトウェアです。今時で言うとスマートフォンのアプリのようなものですね)

ここだけを見てしまうと、JIRAとRedmineとで搭載機能に差が無いように思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

備考欄にもある通り、JIRA(商用ソフト)とRedmine(フリーソフト)とで細かい部分での機能に差がありますので、課題管理機能を中心により詳細に比較してみたいと思います。

課題管理について

どちらのツールもメイン機能なので当然標準搭載です。画面を見てみましょう。

JIRA Software

Redmine

ダッシュボード
jira_dashboard

マイページ(ダッシュボードは非標準)
redmine_mypage

課題一覧&検索画面
jira_serch

課題一覧&検索画面
redmine_search

課題画面
jira_ticket

課題画面
redmine_ticket

スクラム機能
jira_sprint

カンバン機能
jira_kanban

まとめ

JIRAはUI周りがお客様からも好評で、ダッシュボード機能を使うことにより、「見たい」または「見せたい」情報を簡単に作成することができます。

また、課題にはコメントも残せますし、ステータスの変更履歴などが残りますので、後からトレースすることが容易です。

もう一つ人気のある機能としてはスクラム機能とカンバン表示があります。作業を行った際に課題をドラッグ&ドロップで簡単にステータス変更し、進捗状況も把握できます。

ガントチャートについて

ここでは進捗管理の一つの方法としてガントチャート機能について見てみましょう。

※JIRAでは非標準搭載なので、別途「WBSガントチャート」というアドオンを導入する必要があります。

JIRA Software

Redmine

ガントチャート画面
jira_gantchart

ガントチャート画面
redmine_gantchart

進捗率(WBSガントチャートに付属、またはカスタムフィールドで追加)
jira_progress

進捗率
redmine_progress

負荷状況の可視化
jira_resource

Excelにエクスポート
image2016-4-27 19-31-45

まとめ

Redmineは標準でガントチャートを搭載していますが、ガントチャートからスケジュールの修正は出来ません。Redmineの課題内容から修正する必要があります。

対してJIRAは別途アドオンが必要にはなりますが、ガントチャート上からのスケジュール変更が可能です。さらにガントチャートをExcelに出力できる機能もあり、客先などへの提出用にも最適です。

ワークフロー設定について

課題管理において重要な機能の一つワークフローについて違いを見てみましょう。

JIRA Software

Redmine

ワークフローの設定
jira_workflow2

ワークフローの設定(トラッカー = 課題タイプ)
redmine_workflow

まとめ

ワークフローについては両ツールで設定が可能です。

Redmineは画像の通り、現在あるステータスがどのステータスに変更可能かというシンプルな設定が可能になっています。

対してJIRAはワークフロー図を見ながら変更が可能でより複雑なワークフローを形成することも可能です。

決定的な違いとしては、JIRAならワークフローはプロジェクト毎、課題タイプ毎に設定でき、同じプロジェクト内でも課題タイプによりワークフローを変えられる点です。

多くのプロジェクトを運用されているお客様では、同じ課題タイプでもワークフローの使い分けができるので便利だと喜ばれています。

権限設定について

課題管理においてもう一つ重要な機能として権限設定があります。その違いについても見てみましょう。

JIRA Software

Redmine

ロール一覧
jira_role

ロール一覧
redmine_role

権限設定
jira_authority

権限設定
redmine_authority

プロジェクト・課題の閲覧権限
jira_member

プロジェクトの閲覧権限
redmine_member

まとめ

権限設定についても両ツールで設定が可能です。

Redmineはロール毎に権限を設定し、プロジェクトのメンバー追加時にロールを割り当てます。

JIRAの権限設定もロールを作成して管理しますが、Redmineより細かい粒度で設定が可能です。たとえばプロジェクト毎だけでなく、一つの課題に対しても権限を設定できます。

またJIRAの特長としてスキームという概念があり、ある権限スキームを作ると、次回からその権限スキームを再利用できるので、次々にプロジェクトを作成するときに便利です。

おまけ

JIRAとRedmineではそれぞれアドオンやプラグインを入れて拡張することができます。具体的にその操作について見てみましょう。

JIRA Software

Redmine

アドオンの管理画面
jira_addon

コマンドラインよりプラグインをインストール
image2016-5-17 14-36-12

まとめ

JIRAにはアドオンを管理する画面があり、アドオンのインストール・アンインストール、アップデート有無の表示等を行えます。

対してRedmineはそういった画面は存在せず、コマンドラインからの操作が必要になります。

管理者としてはどのアドオンでアップデートが必要か確認でき、ワンタッチでアップデートできる方が喜ばしいと思います。

結論

ツールの背景でも見ていただいた通り、ツールが担う役割はほとんど同じですが、各種機能を見比べるとそれぞれに特徴があることがわかります。

Redmineはオールインワンで最初からITSとして必要な機能が揃っており、小規模なチームでの運用には向いていますが、各機能は標準機能だとやや物足りないことが多いです。

一方、JIRA Softwareは数多くの導入実績を基に改良を加え続けているため、小規模から大規模な運用でも様々な使い方が可能です。

課題管理ツールの導入を検討される際には、チームや企業としてどういった管理が必要かを鑑みてツールを選んでいただければと思います。

また、ここまでの比較では両ツールともほぼ標準機能を基に比較しましたが、それぞれ専用にカスタマイズしてしまえば何でも出来てしまいます。

ただし、その場合は誰がカスタマイズやそのメンテナンスを行うのかが重要になります。

今回は機能面を中心に比較しましたが、もう一つ重要な比較ポイントとして、サポート体制もあると思います。

弊社ではこれまでに数百社へのツール導入の支援をしてきた実績がありますので、もしもお困りごと等ありましたら下記までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

無料の評価ライセンスも発行しています。

評価ライセンスのご依頼

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について