Jira Cloud Migration Assistantの使い方

リックソフトブログ

2020年12月08日

Jira Cloud Migration Assistantの使い方

Author

大塚 和彦 Kazuhiko Ohtsuka

大塚 和彦</mt:Var>

こんにちは。リックソフトの大塚です。
アトラシアンがサーバー版ライセンスの販売停止を発表したことにより、クラウド版への移行を検討されている方も多いのではないでしょうか。
今回は、評価を目的としてJira Cloud Migration Assistantを使った移行手順(使い方)を紹介させていただきます。

セルフで確認するのが不安だという方は、お気軽にアトラシアン製品移行ご相談センターをご活用ください。
弊社より無料で簡易診断レポートをお送りいたします。

目次

Jira Cloud Migration Assistant(ジラ マイグレーション アシスタント)とは

Jira Cloud Migration Assistantとは、Jira Core / Jira Softwareのオンプレミス版からクラウド版へ簡単にマイグレーションするための移行ツールです。

Jiraのオンプレミス版にAtlassian Marketplaceからインストールを行います。

jira-cloud-migration-assistant01.png

まず評価目的で移行して問題の有無を確認しましょう!

クラウド版へ移行して問題ないか?など心配もあるかと思いますが、とりあえず、この移行ツールで移行してみて問題の有無を把握することが重要です。

移行の流れ

jira-cloud-migration-assistant02.png

Jira Cloud Migration Assistant が動作する環境とは?

この移行ツールを動作させるためには、いくつかの条件があります。

移行元の環境

  • Jira Server バージョン 7.6.0 以降のバージョンを実行していること。
  • Internet Explorer 11 のサポートは終了しているため、それ以外のブラウザを利用すること。
  • Jira Service Deskは利用できない。

詳細はこちら

移行先の環境

クラウド製品のStandardもしくはPremiumで動作していること(Free版では移行できません)

移行可能なStandardプラン,Premiumのプランのトライアル申込はこちら

移行できるデータと移行できないデータ

この移行ツールで移行されるデータはすべて移行されるわけではありません。「移行できるデータ」と「移行できないデータ」があります。

とても重要ですので、以下のページを確認してください。

詳細はこちら

1.移行ツールを準備しましょう

今回の検証で利用したバージョンは「Jira Cloud Migration Assistant 1.4.4」となります。

今回、移行ツールの検証で利用したサーバー情報は以下となります。

移行元:オンプレミス環境

サーバー情報

項目

ベース URL

https://weasel-fast-1604714217.rstrialapps.net/jira
システム日付 Wednesday, 11 Nov 2020
システム時刻 05:44:25 +0000
現在の作業ディレクトリ /var/atlassian/application-data/jira
Java バージョン 1.8.0_272
Java ベンダー AdoptOpenJDK
JVM バージョン 1.8
JVM ベンダー Oracle Corporation
JVM 実装バージョン 25.272-b10
Java ランタイム OpenJDK Runtime Environment
Java VM OpenJDK 64-Bit Server VM
ユーザー名 jira
ユーザー タイムゾーン Etc/UTC
ユーザー ロケール English (United States)
システム エンコード UTF-8
オペレーティング システム Linux 5.4.0-1028-aws
OS アーキテクチャ amd64
アプリケーション サーバー コンテナー Apache Tomcat/8.5.42
データベースの種類 postgres72
データーベース JNDI アドレス postgres72 jdbc:postgresql://db:5432/appdb
データベース URL jdbc:postgresql://db:5432/appdb
データベースのバージョン 9.6.19
データベース ドライバー PostgreSQL JDBC Driver 42.2.6
データベース照合順序 C
データベースのレイテンシ測定ミリ秒 3
外部ユーザー管理 オフ

クラスター化中

オフ

Java VM メモリ統計

メモリ合計 1820 MB
空きメモリ 922 MB
使用メモリ 898 MB

Jira情報

項目

稼働時間

4 days, 3 hours, 37 minutes, 35 seconds
バージョン 8.5.8
ビルド番号 805008
ビルドの日付 Mon Sep 07 00:00:00 UTC 2020
ビルド リビジョン b67880463666cfc18302ffa766774613ad226ec6
Atlassian パートナー
インストールの種類 Standalone
サーバー ID BO3H-H4M1-4V6J-3BS7

インストール済みアプリ

アプリ
バージョン
1 Automation for Jira 7.2.1
2 Adaptavist ScriptRunner for JIRA 6.13.0
3 Excel-like Issue Editor for Jira 1.13.0.1
4 Tempo Timesheets 10.18.4

移行先:クラウド環境

製品
プラン
サイトURL
Jira Software Cloud スタンダード testetst123.atlassian.net

その他の情報

項目
値(数値)
備考
GROUPS 4 デフォルトのグループ
  • administrators
  • jira-administrators
  • jira-software-users
  • site-admins
USERS 1
PROJECTS 1 kanbanというプロジェクトのみ
APPS 0 Jira Toolkit Pluginがデフォルトでインストールされている

事前にStandard / Premiumにアップグレードしておいてください。

1-1.Jira Cloud Migration Assistantをインストール

Jiraサーバーの管理画面-「アプリを管理」-「新しいアプリを見つける」でJira Cloud Migration Assistantを検索して「インストール」をクリックしてインストールを行います。

jira-cloud-migration-assistant03.png

1-2.インストールを確認する

Jiraサーバーの管理画面-「アプリを管理」-「アプリを管理」で、インストール済みのアプリが一覧表示されるので、Jira Cloud Migration Assistantが表示されていたらインストールが完了しています。

jira-cloud-migration-assistant04.png

2.移行データを確認しましょう

2-1:移行メニューを表示

Jiraサーバーの管理画面-「システム」-「Migrate to Cloud」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant05.png

2-2.移行対象データを確認する

「Migration assistant home」上に表示される移行対象となるデータを確認します。

下図では、以下の情報が移行対象データとなります。

項目
値(数値)
グループ数(GROUPS) 3
ユーザー数(USERS) 5

プロジェクト数(PROJECTS)

課題数(issues)

2 (23 issues, 0 KB)
対象アプリ数(APPS) 3

移行対象

前述の「Jira情報」の「インストール済みアプリ」では、4つのアプリがインストールされていましたが、Jira Cloud Migration Assistant(移行ツール)では、3つのアプリしか認識できていません。

jira-cloud-migration-assistant06.png

3.クラウド側(移行先)に必要なアプリをインストールする。

3-1:メニューをクリックする

<title="アプリを評価してインストールする" class="sc-hBbWxd QoIUO" rel="nofollow" style="color: #34495e;">アプリを評価してインストールする(ASSESS AND INSTALL APPS)

<title="アプリを評価してインストールする" class="sc-hBbWxd QoIUO" rel="nofollow">「オンプレミスアプリを評価し、クラウドサイトを作成または接続して、必要なアプリをクラウドにインストールします。」というメニューをクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant07.png

3-2.アプリの評価結果を表示する

アプリの評価結果が表示されます。

評価結果は

①アプリのクラウド版の有無

②移行の可否

を評価してくれます。

アプリ
①アプリのクラウド版の有無
②移行の可否
Adaptavist ScriptRunner for JIRA あり 移行可能
Automation for Jira あり ベンダーへ問い合わせ
Excel-like Issue Editor for Jira あり 移行可能
Tempo Timesheets あり 移行可能

オンプレミス側では「TEMPO TimeSheet」がインストールされていますが、ここでは認識されず、表示がされません。

jira-cloud-migration-assistant08.png

3-3.クラウド側(移行先)での対応を選択

各アプリの「Status」で以下を選択して、下部の「Continue」をクリックします。
Needed in cloud クラウド側に必要
Not Needed in cloud クラウド側に不要
Use alternative 代替を利用する
No decision made 決定しない

上図の例では、すべて「Needed in cloud 」を選択して、「Continue」をクリックしました。

jira-cloud-migration-assistant09.png

3-4.クラウド側のサイトURLを選択

続いてクラウド側のサイトURLを選択します。

jira-cloud-migration-assistant10.png

まず「Choose cloud site」をクリックすると、以下の画面が表示されますので、「Continue」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant11.png

3-5.移行元と移行先を選択

ここで移行元の「ベースURL」と、移行先の「サイトURL」を入力します。

Migrate formの項目には、前述にある「サーバー情報」にあった「ベースURL」を入力してください。

Migrate toの項目には、アトラシアンアカウントでログインしていれば、そのアカウントで管理できるクラウドのサイトURLが一覧表示されます。

その中から移行先の「サイトURL」を選択ください。

最後に、「アトラシアン社が移行データにアクセスする許可」にチェックを入れて「Confirm」をクリックします。

jira-cloud-migration-assistant12.png

3-6.アプリをインストールする

Jira Cloud Migration Assistantは、クラウド側に自動的にアプリをインストールしません。

オンプレミス側とクラウド側を比較して、必要なアプリを見える化する程度となります。

左図のように、インストールすべきアプリには「Install app」が表示されますので、「Install app」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant13.png

3-7.クラウド側のアプリ管理にてインストールを行う

クラウド側の管理画面が表示されますので、該当のアプリをクリックして「Try Free」をクリックしてインストールを行います。

jira-cloud-migration-assistant14.png

3-8.アプリのインストール完了

インストールが完了すると、オンプレミス側の画面は「Installed in cloud」という表示に変わります。

この結果、オンプレミス側とクラウド側でアプリの評価が完了したことになります。

アプリのインストールを実行するには、StandardもしくはPremiumのプランを契約していることが前提となります。

移行可能なStandardプラン,Premiumのプランのトライアル申込はこちら

jira-cloud-migration-assistant15.png

4.移行を開始します

4-1.移行

「MANEGE YOUR MIGRATION」をクリックして、移行の設定定義を開始します。

jira-cloud-migration-assistant16.png

4-2.移行設定を作成する

つづいて「Create new migration」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant17.png

4-3.クラウドに接続する

「Connect to Cloud」をクリックしてクラウド側に接続します。

jira-cloud-migration-assistant18.png

4-4.移行先を設定

下図の画面から、任意の移行名を入力します。

ここでは「テスト移行1」と入力をしました。

次にリストから移行先のクラウド側のサイトURLを選択します。

※移行先はStandard / Premiumプランであること

jira-cloud-migration-assistant19.png

4-5.移行範囲を選択

移行するデータの範囲を選択します。

  • ユーザーとグループ
  • プロジェクトとユーザーとグループ

のいずれかを選択します。

ここでは「プロジェクトとユーザーとグループ」を選択しました。

選択したら「Next」をクリックします。

jira-cloud-migration-assistant20.png

4-6.移行するプロジェクトを選択

オンプレミス側に存在するプロジェクト情報の一覧が表示されますので、移行対象のプロジェクトを選択してください。

ここでは、すべてのプロジェクトを選択しました。

選択したら「Add to migration」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant21.png

4-7.移行するユーザーとグループを選択

ここでは、移行するユーザーとグループを選択します。

  • Jiraディレクトリのすべてのユーザーとグループを対象
  • 選択したプロジェクトに関連するユーザーとグループのみを対象

移行対象

すべてのユーザーとグループには次のものが含まれ、移行対象となります。

  • Jira Core / JiraSoftwareのアクティブなユーザーとグループ
  • Jira Service Deskのエージェント 
  • プロジェクトデータで参照されている非アクティブなディレクトリのユーザーまたは削除されたユーザーは、元のユーザーとして移行されます
  • 選択したプロジェクトで使用されるプロジェクトの役割

以下は移行されません

  • 非アクティブなユーザー
  • Jira Service Deskのカスタマー
  • Jiraと同期されていない外部ディレクトリのユーザーとグループ

今回の検証では、メールアドレスが重複したユーザーはエラーとして表示されます。

jira-cloud-migration-assistant22.png

4-8.エラーチェック

Jira Cloud Migration Assistantは、移行前に解決すべきエラーを事前にチェックします。

ここでエラーが発生した場合は、事前に解決してください。

左図のエラーは「メールアドレスが重複したユーザーが3ユーザー見つかった」というエラーになります。

この画面がすべて(ティック)になったら、下部の「Review migration」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant23.png

4-9.移行の確認

移行の内容を確認します。

この内容を確認して「今すぐに実行(Run)」もしくは「移行設定を保存(Save)」のどちらかをクリックします。

いますぐに移行を開始する場合は「Run」をクリックしてください。

jira-cloud-migration-assistant24.png

4-10.移行開始

移行が開始されると左図のステータスが「RUNNING」になります。

「COMPLETE」になったら移行は完了となります。

jira-cloud-migration-assistant25.png

5.移行結果を確認する

5-1.クラウド側サイトのURLをクリック

オンプレミス側の「Migration dashboard」から「View details」を選択すて、移行結果を確認します。

クラウド側のサイトURLをクリックして、クラウド側を確認します。

jira-cloud-migration-assistant26.png

5-2.移行の確認

オンプレミス側の以下のプロジェクトが移行されていることが確認できました。

  • Sample Software Project
  • Sample001

jira-cloud-migration-assistant27.png

移行に困らないために

現時点(2020年11月時点)ではJira Cloud Migration Assistantによる移行は完全ではありませんが、お客様からのフィードバックにより改善されていくと思います。

まずは移行に対して何が問題となるのかを把握するためにJira Cloud Migration Assistantで移行を試していただくことは有意義かと思います。

Jira Cloud Migration Assistantによる移行ができなくても、オンプレミス環境からクラウド環境への移行方法には他の方法もございます。

リックソフト株式会社では、お客様のクラウド移行に対して、相談窓口や無料の簡易診断を行なっておりますので遠慮なく相談ください。

アトラシアン製品 (Jira , Confluenceなど) の 移行に関するお問い合わせ・ご相談窓口

                                         

関連する製品についてはこちらをご覧ください

Atlassian Cloud Jira Software Jira Core

Atlassian Cloud製品を試してみたい方はこちら

Atlassian Cloud無料トライアル依頼フォーム

アトラシアン製品のクラウド移行を検討している方はこちら

アトラシアン製品のクラウド移行に関するご相談窓口

関連する製品の資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております

Atlassian Cloud お問い合わせ Jira Software お問い合わせ Jira Core お問い合わせ         
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点やその他製品に関しましては下記よりお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Atlassian Cloud Jira

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP