日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/04/18

新入社員がプロジェクト管理にWBSガントチャートを使ってみる

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

夏橋 美佐Misa Natsuhashi

夏橋 美佐

こんにちは、夏橋美佐です。

最近はいよいよ暖かくなってきて春の訪れを感じますね。せっかく暖かくなってきましたし、皆さんはどこかへお出かけする予定はありますか?
私は野球を観に行きます!天気が良い日はスタジアムでの試合観戦が最高ですね。

さて、前回はAtlassian製品を活用してプロジェクト管理を始めるにあたって大切なことをステップバイステップで読み解いていく記事を書かせていただきました。
WBS上に課題を整理したところで一旦区切らせていただきましたので、今回はWBS Gantt-Chart for Jiraを使ってプロジェクトを管理したいと思います。

WBS Gantt-Chart for Jiraを使ってプロジェクトのロードマップを作ってみよう!

実はJiraはスクラムやカンバンを利用したソフトウェアのアジャイル開発をするエンジニア向けに作られたので、WBS上で課題を管理する機能を持ち合わせていません。
せっかくWBS上でプロジェクトを管理していきたかったのに、、、とお思いのお客様に朗報です。

ご安心ください!リックソフトはWBS Gantt-Chart for Jiraというアプリを自社開発しています!

WBS Gantt-Chart for JiraはJiraの基本機能と連携して動きます。つまり、Jiraダッシュボードの全ての課題がガントチャートに自動的に表示されます。
(WBS Gantt-Chart for Jiraはリックソフトのホームページにサンドボックスもご用意しておりますのでぜひ触りながらでもこの記事を読んでみてください。)

Jiraの課題をWBSGantt-Chart for Jiraで表示した画面です。確かにJiraよりもこちらの方が、よりたくさんの課題に関わる情報を俯瞰できますし、プロジェクトの情報の透明性が上がっていますよね。

WBSGantt-Chart for Jiraで表した図

それだけでなく、、Jiraでは作業に対して様々な呼び方があるのをご存知ですか?ストーリー:プロジェクトを完成させるための要件を表します。

  • エピック:プロジェクトのマイルストーンを示します。
  • 課題:Jiraのあらゆる種類のタスクを指すのに使用される包括的な用語です。
  • このような課題の種類や、課題間の依存関係の情報も自動的にWBSGantt-Chart for Jiraは表示してくれます。

    WBSガントチャートでプロジェクトが計画通りに行かないかもしれない潜在的リスクを予想する

    新しいプロジェクトには、コスト管理からチームのリソースまで、不確実性とリスクが伴います。なるべくなら、そのようなプロジェクトの結果に影響を与える可能性のある問題を特定できたらいいですよね。
    WBSGantt-Chart for Jiraでは、複数の課題間の依存関係を監視して潜在的な障害を特定し、リスク軽減に一役買う機能が色々とあります。

    リソース管理

    たとえば、担当者の作業負荷が100%を超えると、ガントチャートで赤色にハイライト表示されるため、課題を効率的に分散し、抱え込み過ぎてしまうチームメンバーが出ないようにします。

    プロジェクトの計画を共有する

    Atlassianの共同ドキュメントプラットフォームであるConfluenceを活用して、プロジェクト計画を簡単に文書化し、コアプロジェクトチームの外部の人々と共有することもできます。

    プロジェクト計画を迅速化し、情報を見逃さないようにConfluenceテンプレートを作成するのがオススメです。

    これがConfluenceで作成できるサンプルプロジェクト計画テンプレートです。

    サンプルプロジェクト計画テンプレート

    プロジェクトを開始する(ようやく!)

    このように様々な行程を経て、全ての計画がある程度整ったところで、イベントプロジェクトのキックオフミーティングを始めてみましょう!

    プロジェクト管理と初めに聞いて、こんなにも最初にある程度方向性や計画を決めておかなければいけないものだとは思ってもみませんでした。
    プロジェクトの計画は決して単独作業ではなく、共同作業であるということですね。チームワークの思わぬ落とし穴を避けるために、たまには定期的に短いミーティングなどを開催してみるのもいいかもしれません。

    以上が私が学んだプロジェクト管理〜初級編〜になります。プロジェクト管理と一言で言っても、予算管理やリソース管理など、プロジェクトの進行や結果以外に考えなければいけないことが非常に多いことを知りました。
    このようなことを全部頭に入れてプロジェクトを進めようとするとパンクしてしまうので、WBS Gantt-Chart for Jiraのようなツールの力は頼るべきですね!
    ですが、プロジェクトの成功のカギはツールの導入だけではなく、できる限り熟考された計画にあるということも忘れてはいけないポイントですね。。社会人2年目はもっと精進します!

    WBSガントチャートをお試しされたい方は、ぜひ、30日間の無料トライアルにお申し込みください。

    30日間無料トライアルお申込

    何かお困りのことがございましたらお問い合わせください。

    お問い合わせ

    製品について詳しくはこちらをご覧ください。

    WBSガントチャート について

    Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

    カテゴリ一覧

    最近の記事

    年別アーカイブ

    アトラシアン製品の導入と活用を
    成功させたいなら
    リックソフトのサポートが
    必要です。

    サードパーティ製のアドオンもサポート

    サードパーティ製のアドオンもサポート

    RS標準サポート

    アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

    • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
    • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

    リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

    サポートについて

    ツールの活用を促進するアイテム

    ツールの活用を促進するアイテム

    各種ガイドブック

    ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

    リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

    ガイドブックについて

    価値あるツールの使い方

    価値あるツールの使い方

    研修・トレーニング

    ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

    日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

    リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

    研修について