日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/03/19

自分好みにスペースをカスタマイズするクマ~!?:りっくまのお便り投稿シリーズConfluence編9

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

山本 敏裕Toshihiro Yamamoto

山本 敏裕

こんにちは。リックソフトの山本です。
Jira初心者の新米プロジェクトリーダーの「りっくま」くんが、今度はConfluenceを使用してプロジェクトでの情報共有を円滑に進め、効率よく仕事をし、Confluenceの機能や使い方を習得するために、リックソフトヘルプデスクへ悩みを相談しながら成長していく物語です。
今回は、りっくまくんからヘルプデスクにこんなお便りが届きました。

りっくまさん、今回もお問い合わせいただきありがとうございます。

ルックアンドフィールを一言でいうと見た目をカスタマイズする機能になります。
リックソフトでは企業様にお邪魔して行う個社研修といったサービスも行っております。ルックアンドフィールはお客様によっては説明しないでほしいといったご要望を受けたりもします。今回はこのルックアンドフィールについて紹介させていただきます。

でも、いつものごとくクマ語が多いので質問内容を整理すると、/p>

  • ルックアンドフィールとはどのようなものか知りたい
  • ルックアンドフィールでできることを知りたい

それではルックアンドフィールについて紹介させていただきます。

1.ルックアンドフィールとは

ルックアンドフィールとはConfluenceの表示画面(見た目)のデザインをカスタマイズすることができます。ルックアンドフィールはグローバル(Confluence全体)とスペース単位でカスタマイズすることができます。

グローバルで行ったカスタマイズは、グローバルのルックアンドフィールを継承しているすべてのスペースに適用されます。スペースの管理者権限を持つユーザーは、さらにスペースの見た目をカスタマイズしたり、そのスペースのグローバルのルーックアンドフィールを引き継ぐことができます。

今回はパーソナルスペースでのカスタマイズを紹介します。パーソナルスペースの場合、他の人に影響を与えないので自由にカスタマイズすることができます。なお、下記のカスタマイズはサイトスペースにも同じ手順で適用できます。

2.配色を変更する

Confluenceにアカウントがあるユーザーはパーソナルスペースを1つ持つことができます。デフォルトでパーソナルスペースはそのユーザーがスペース管理者となります。そのためパーソナルスペースはそのユーザー自身がルックアンドフィールで見た目を自由にカスタマイズすることができます。他のスペースには影響しませんので気分転換がてらカスタマイズしてみましょう。

ルックアンドフィールへは画面右下にあるスペースツール(歯車アイコン)をクリックして遷移します。ルックアンドフィールの画面に遷移したら「配色」タブをクリックします。

「配色」タブをクリック

「配色」では画面を様々な色に変更することができます。現在の画面の配色はグローバルで選択されているものになります(下図参照)。

グローバルで選択されているもの

ここで画面のトップバーの色を変更してみます。「カスタム配色」の「選択」アイコンをクリックし、「編集」ボタンを押下します。

「編集」ボタンを押下

「トップバー」の右端にあるカラーパレットアイコンをクリックします。

カラーパレットアイコンをクリック

パレットウィンドウが表示されますので、変更したい色を選択します。ここでは赤を選択します。選択したら画面一番下にある「保存」ボタンをクリックします。

「保存」ボタン

「保存」ボタンクリック後、画面のトップバーが赤色に変更されているのが分かります。

赤色に変更

他の部分にも配色をカスタマイズしてみます。下図のようにいろいろな箇所が変更されているのが分かります。
ただし、画面左上の「Confluence」アイコンはシステム管理者しか変更することができませんのでご了承ください。

Confluenceアイコン

試しに他のスペースを見てみると、他のスペースはデフォルトの配色であることが確認できます。このように他に影響を与えていないので個人で好きなようにカスタマイズし楽しむことができます。

他のスペースはデフォルトの配色

なお配色については、気分が変わって、やっぱりデフォルトの画面に戻したいといったことがあると思います。そのときは、再度「編集」ボタンを押下し「リセット」ボタンを押下すると一瞬でデフォルト画面に戻すことが可能ですので安心して配色のカスタマイズを楽しむことができます。

配色のカスタマイズ

3.サイドバーのカスタマイズ

Confluenceでは左側のサイドバーもカスタマイズすることができます。今回もパーソナスペースで手順を紹介しますが、サイトスペースも同様の手順で適用できます。
左下の「スペースツール」から「ルックアンドフィール」を選択し、「サイドバー、ヘッダーとフッター」をクリックします。

サイドバーのカスタマイズ

3-1.リンクを表示する

サイドバーの欄に表示したいリンクを記述します。これによりサイドバーにリンクを挿入することができます。記述方法はwikiマークアップ言語で記述します。

記述方法:
[リンクの名前|リンク先のアドレス]
記述例:
[りっくまのお便り投稿シリーズhttps://www.ricksoft.jp/blog/archives/category/rickma/]

リンクを表示する

こちらはサイドバーにある「サイドバーを設定する」リンクをクリックし、「リンクの追加」からも設定することができます。

サイドバーを設定する

リンクの追加

3-2.マクロを追加する。

サイドバーにはマクロを追加することもできます。ここではステータスマクロを追加してみます。記述の仕方はページにオートコンプリートで入力する方法をルックアンドフィールのサイドバーの設定に行います。入力例を下記に記載します。

未実施:
{status:colour=Blue|title=未実施|subtle=false}\\
進行中:
{status:colour=Yellow|title=進行中|subtle=false}\\
中断:
{status:colour=Red|title=中断|subtle=false}\\
完了:
{status:colour=Green|title=完了|subtle=false}\\

下図のようにサイドバーにステータスマクロが入力されているのが分かります。

ステータスマクロが入力

パーソナスペースでサイドバーにマクロを設定することはあまりないと思いますが、サイトスペースでプロジェクト内、チーム内のルールなどを記載する場合などに役立ちます。他のマクロもオートコンプリートの入力方法をルックアンドフィールのサイドバーに記述することで表示することができますので、お試しいただけたらと思います。

りっくまさん、このような回答でいかがでしょうか。
このようにその日の気分次第でいろんなカスタマイズを施すことができます。気分転換にお試しいただけたらと思います。このような方法でカスタマイズを楽しんでみてください。

また何かお困りのことがございましたらお問い合わせください。

お問い合わせ

30日間の評価ライセンスも発行できますので、是非ご活用ください。

評価ライセンスのご依頼

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Confluenceについて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP