日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/12/18

TrelloのPower-Upを試してみた

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

大塚 和彦Kazuhiko Ohtsuka

大塚 和彦

みなさん、Trello(トレロ)は知っていますか?

世界中の2500万人以上の人々が登録し、チームコラボレーション分野ではリーダーに位置するほどの「タスク管理ツール」がTrello(トレロ)です。
なぜこんなに人気があるのかというと、魅力としていくつかあります。

  • 手軽に、すぐに利用できること
  • 誰でも簡単に利用できること
  • 他サービスと連携やTrelloの機能拡張ができるアドオン「Power-Up」で、どんどん便利になること

という感じでしょうか。

Excelでタスク管理を行っている人は、ぜったいTrelloがおすすめです。
私のTrelloの使い方はタスク管理だけではありません。発想しだいで様々なことに活用することができます。

ボードの活用(例) 説明

タスク進行プロセス

Trelloの基本とも言うべき、タスク管理プロセスでの使い方になります。
外部パートナーや海外ベンダー、自社の離れた拠点や在宅ワーカーとの進行状況の把握(情報共有)やコミュニケーションに利用します。

チームの役割

チームメンバーの役割表を明確にして、誰がどのような役割を担当しているのかを明確にします。
組織変更やメンバー変更があっても柔軟に対応できるのが利点です。

カスタマージャーニー

購買プロセスに対して、どのフェーズに、どのような活動が行われているのかを整理します。
これによって手薄な部分はどこか?などが判断でき、より戦略的なマーケティングができるようになります。

さて、Trelloの魅力のひとつである「Power-Up」についてお話したいと思います。

TrelloのPower-UPとは?

TrelloのPower-Upとは、Atlassian社、およびサードパーティから提供されるアドオンのことです。このアドオンを追加することで、様々なサービスやアプリケーションと連携して機能を拡張することができます。

TrelloのPower-UPとは

2018年12月時点で108個のPower-Upが提供されています。
このPower-Upには、大別すると「Trelloの機能を強化するもの」と「外部サービスと連携するもの」の2種類があります。
「Trelloの機能を強化するもの」では、ルールによる自動化や優先順位付け、カレンダー表示、ガントチャート表示、カスタムフィールドを追加するなどができるようになります。
「外部サービスと連携するもの」では、Jira、Slack、Google Drive、Box、Salesforce、InVision、SurveyMonkeyなどの魅力的な外部サービスとTrelloを連携することができるようになります。

さまざまな機能を追加し、外部サービスとの連携を行って、Trelloボードをさらに充実したアプリケーションに変えていけば、時間の節約やコンテキストの切り替え防止になるのはもちろん、Trelloがコラボレーションハブとして機能し、チームや個人の生産性が一気に向上します。

TrelloのPower-Upを試してみた

TrelloのPower-Upの中で、個人的に試してみたいと思ったモノは、以下になります。

Trelloの機能を強化するもの

Power-Ups 名称 概要
Agile Metrics by Screenful

アジャイル向けの分析レポート機能を追加します。
バーンダウンチャートなど視覚的にも美しいレポートグラフを表示します。

Automate.io

Trelloのカードにルールを設定して自動化することができます。

Butler

Trelloのアクションをとトリガーにしてルールに基づいた処理を行うことができます。

Calendar

Trello自身をカレンダー表示することができます。
iCalendarリンクを利用すれば、iCalに対応したカレンダーにも反映させることができます。

Custom Fields Trelloに独自のカスタムフィールドを作成することができます。

  • テキスト、数字、チェックボックス、日付、およびドロップダウンリストなど

外部サービスと連携するもの

Power-Ups 名称 概要
Bitbucket Cloud Atlassian社のGitソリューション「Bitbucket Cloud」と連携します。
プルリクエス、ブランチ、コミットをカードにアタッチできます。
Box BoxからTrelloのカードにファイル、フォルダが添付でき、プレビューできます。
Confluence Cloud Atlassian社のナレッジコラボレーション「Confluence Cloud」と連携します。
ConfluenceにTrelloのカードを添付したり、TrelloからConfluenceのページを直接作成できます。
Dropbox DropboxからTrelloのカードにファイルやフォルダを添付でき、プレビューできます。
Evernote TrelloのカードにEverniteのメモを添付できます。カードから新しいノートを作成できます。
GitHub Githubのブランチ、コミット、問題、プルリクエストをTrelloのカードに添付できます。
1つまたは複数のリポジトリをTrelloのボードに関連付けできます。
GithubとGithub Etnterpriseの両方をサポートしています。
InVision Trelloとデザイン思考ツール「InVision」と連携します。
Trelloのカード上でInVisionのプロトタイプをプレビューでき、プロトタイプが画像として添付できます。
Jira Atlassian製品の課題管理ツール「Jira」と連携します。
Jiraの課題とTrelloのカードを結び付けて組織を越えたチームコラボレーションを実現します。
Jiraの課題とTrelloのカードを自動的に同期するので、誰が何をやったのかが伝わります。
MailChimp メール配信サービス「MailChimp」と連携します。
MailChimpのテンプレートとキャンペーンをカードに直接添付します。
MailChimpのテンプレートとキャンペーンが添付されているカードを素早く確認できます。
OneDrive OneDriveからTrelloのカードにファイル、フォルダが添付でき、プレビューできます。
OneDrive for BusinessとOneDrive Personalで動作します。
Salesforce Salesforceのリード・商談・取引先をTrelloのカードに添付します。
Slack Trelloの変化をタイムリーにSlackのチャネルへ通知します。
通知条件を設定し、必要な情報のみ通知できます。
Slackの会話をTrelloのカードに添付することができます。
SurveyMonkey 手軽に簡単に利用できるアンケートサービス「Survey Monkey」の調査結果などをTrelloのカードに表示・添付できます。
Cronofy GoogleカレンダーなどとTrelloの期限を同期することができます。

試したいモノが多すぎるので、今回は「Salseforce」を試すことにしました。

TrelloにPowe-Upを追加するには

まず、TrelloにSalesofrceのPower-Upを追加します。
TrelloのボードにPower-Upを追加する場合は、ボードメニューから行います。

TrelloにPowe-Upを追加するには

Power-Upは、ボード単位で追加することができます。

Trello+Salesforceでできること

ボードメニューからSalesofrce Power-Upを追加するとSalesforce認証を要求されますので認証を行います。
Salesforce Power-Upが動作するSalesforce側のエディションは以下の通りです。

  • Salesforce Enterprise
  • Salesforce Unlimited
  • Salesforce Developer
  • Salesforce Professional +WEBサービスAPI

このPower-UpによりSalseforceのデータをTrelloのカードに添付することができます。

Trello+Salesforceでできること

Trelloのカードに追加できるデータは以下の通りです。

Trelloに添付できるSalsesforceのデータ

  • リード
  • ケース
  • 取引先責任者
  • 商談

Trelloのカードに添付されたSalesforceのデータをクリックすると、SalesforceにジャンプしてSalseforce側のデータが表示されます。
またTrelloのカードに商談を添付するとTrelloのボードから成約日と成約金額が表示されます。

Salesforce側

Salesforce側

Trello側(ボード)

Trello側(ボード)

Trello(カード)

Trello(カード)

おわりに

Trelloは、手軽で簡単に使えるタスク管理ツールです。
Power-Upを活用すれば、さらに利便性があがって、他のクラウドサービスと連携できて便利になります。
ぜひTrelloを活用してみてください。

企業向けのTrelloについては、Trelloのビジネス発展に貢献したアトラシアンパートナーとして「Atlassian Partner of the Year 2018: Trello」を受賞したリックソフト株式会社に相談ください。

お問い合わせ

製品についてはこちらをご覧ください。

Trello

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について