操作性とUIに優れた
タスク管理ツール
Trelloとは

無料でも使えるタスク管理ツールのTrello(トレロ)の使い方事例集と有償版との比較、有償版を利用するメリットを紹介します

sample画像

Trelloとは

チームで情報共有できるカード型(カンバン方式)のタスク管理・共有ツールです。

クリックによるカードの追加やマウスのドラッグ&ドロップ操作でカード移動できるような、
優れた操作性で簡単に使えます。

Power-Upといわれる拡張機能を追加することでさらに便利になります。

Power-Upとは

Power-Upとは、Trelloのボードをカスタマイズできるアドオン機能です。

Atlassian社およびサードパーティから、様々なPower-Upが提供されています。

ボードの目的や用途に応じてPower-Upを使い分けることで、
無駄な作業を削減する業務効率化や、より視覚的な情報共有などを実現できます。

Calender

Calendar

カードの期限をカレンダー形式に見える化

Google Drive

Google Drive

GoogleDriveのリンクをより簡単に

Map

Map

マップアプリと連携

Slack

Slack

Trelloのカードの情報をSlackに送信

Trelloの製品ラインナップ

Trelloは無償版でも多くの機能を利用できますが、
より高度な管理やセキュリティ管理を強化した有償版(Premium、Enterprise)を提供しています。

無料

無料でも多くの機能を利用できます
まずは、タスク管理をはじめよう

個人の情報を管理したい、タスク管理をはじめてみたいという方におすすめ。
カンタンに導入、利用開始できます。

事例集を参考に、趣味のリスト化やアイデアだし作業、情報整理など自由に使ってみてください。

Premium

チームで使うならPremium
より高度な機能を利用できます

Trelloのボードをチームで利用すると、さらに便利に情報共有ができます。

Premiumなら、チームのボードもPower-Upも無制限に利用できます。

もちろん、ボードは招待制でメンバーを管理できるなど無料版にはないセキュリティ機能を利用できます。

Enterprise

複数のPJで使用したり、全社展開するならセキュリティ機能がさらに充実のEnterprise

企業のIT部門、セキュリティ管理部門の方にとって、製品のセキュリティは気になるポイント。
特にクラウド製品であれば、情報漏洩や不正アクセスの対策は必須でしょう。

TrelloのEnterpriseは、情報の共有と同時に組織としてセキュリティ面の管理ができます。
例えば、ボード公開範囲の管理、利用者の管理、導入するPower-Upの管理など利用するメリットはそのままに企業内の情報を守ります。

Premium、Enterprise版を利用するメリット

拡張機能(Power-Up)の利用無制限

拡張機能(Power-Up)の利用無制限

利用者の用途に応じて拡張できるPower-Up は非常に便利な機能です。

さらにPower-Upの組み合わせ活用により、情報の視認性の強化や、業務の可視化・効率化を実現します。

Trelloの無償版の場合はボードに対して利用できるPower-Upが1つであったり、選択可能なPower-Upに制限があります。

Premium、Enterpriseの場合は、Power-Upの制限がありません。用途に応じたPower-Upを組み合わせてより便利にお使いいただけます。

エンタープライズ向け管理機能を強化

Trelloはクラウドツールです。

企業としてツール導入するのであれば、利用ユーザーの管理、ボードの参加者の管理などの管理機能が必要になります。

Premium、Enterpriseは、このような企業で利用する上で必要な管理機能を提供します。

特にEnterprise版は、ボードの公開範囲や利用者、導入するPower-Upの管理など、より安心してお使いいただけます。

エンタープライズ向け管理機能を強化

利用者の悪意なき情報漏洩を防止

利用者の悪意なき情報漏洩を防止

Premium、Enterpriseの管理機能を適切に活用することで悪意なき情報漏洩を防止できます。

Trelloは優れたUIをもち、直感的な操作で利用できるため、ITリテラシーが高くない方もすぐに慣れ、簡単にお使いいただけます。

しかし操作を間違えると「情報をインターネットに公開してしまった」「全く関係ない人にボードの閲覧権限を与えてしまった」といった悪意なき情報漏洩、しかも本人も気づいていなかったといった事故が発生する可能性があります。

公開範囲の制限や参加者の制限などの管理機能を適切に利用することでこのような情報漏洩を防止できます。

リックソフトでは、オンボーディングやトレーニングのサービスにより管理機能の利用をサポートします。

リックソフトは、導入のサポート(オンボーディング)、
管理者向けトレーニング、カスタマーサクセスのサービスを提供しています

Trelloの活用事例集

Trelloの使い方は工夫次第で広がります。一部をご紹介します。

  • タイトル
    Jiraに起票する前のタスク管理
    利用しているPower-Up
    Calender
    用途
    Jiraに起票するほどでもないタスクはTrelloで管理。
    改善ポイントなど、思いついたらとりあえずカードに記入しておきます。
    CalenderのPower-Upを利用して、期限をカレンダーで確認できるようにしています。
  • タイトル
    読書記録
    利用しているPower-Up
    なし
    用途
    読みたい本、読書中、読了、途中であきらめた本で管理。
    カードを本の画像にし、あらすじを記入しておきます。
  • タイトル
    ランニングクラブ
    利用しているPower-Up
    なし
    用途
    社内のクラブ活動の情報共有に利用。
    イベント情報、メンバ管理、メンバ間の連絡にも利用している。

TrelloでSSO(シングルサインオン)を利用するには

Trelloで SAML認証のSSOを利用するには、別途 Atlassian Access の契約と設定が必要です。

資料ダウンロード

製品カタログ
製品紹介資料

関連情報(ブログ)

お問い合わせ

お名前(漢字)必須

※確認のためもう一度Emailアドレスを入力してください







個人情報の取り扱いに関して

お客様からお預かりした個人情報は、関連法令および社内諸規定に基づき慎重かつ適切に取り扱います。プライバシーポリシーをご覧頂き、ご登録いただいた情報の取り扱いについてご確認、ご同意の上、フォームをご送信ください。

PAGE TOP