Slackのハドルミーティング機能で、まるでオフィスにいるような、ちょっとしたディスカッション気分を味わおう

リックソフトブログ

2021年09月09日

Slackのハドルミーティング機能で、まるでオフィスにいるような、ちょっとしたディスカッション気分を味わおう

Author

大薗 輝久 teruhisa ohzono

大薗 輝久</mt:Var>

Slack Technologiesが2021年6月30日に発表した、Slackの新機能に「Slack Huddles(Slackハドルミーティング)」という機能があります。

ただ、Slackには元々「コール」という、最大15人まで参加可能な無料ミーティング機能があり、カメラやマイクを使ったミーティングや画面共有を行いながらのミーティングを行うことは可能です。

では、新機能として追加された「Slack Huddles(Slackハドルミーティング)」これはどういった機能なのでしょうか?

早速説明していきたいと思います!

■Slack Huddles(Slackハドルミーティング)ってなに?

従来のMTGは、参加者のスケジュールを調整して実施するというのが一般的だと思います。

それに対してハドルミーティングは、社内でメンバーと「ちょっとしたディスカッション」をすることイメージして作られたミーティング機能です。

ボタン一つでミーティングを開始でき、ミーティングが実施されている、誰が参加しているかがワークスペースのメンバーが把握できるだけではなく、参加する時もボタン一つで参加できるという、とても利便性に長けている特徴があります。

■Slack Huddles(Slackハドルミーティング)はどうやって使うの?

ハドルミーティングは、ミーティングを行いたいチャンネルを選択し、Slackの左サイドバーに表示されるハドルミーティングに参加するボタンをオンにするだけで実施ができます。

参加したいメンバーは、同様に自身のSlackでハドルミーティングのボタンをONすることで参加できます。
(チャンネルに参加されていないメンバーを招待することも可能です。)

マイクのON/OFF、画面共有は可能ですが、MTGに参加する方のカメラはONにすることができない仕様になっています。

そのため、突然のハドルミーティングが収集されても、周りや身だしなみなどを気にすることなく、すぐ音声会話でMTGを開始することができます。

■Slack Huddles(Slackハドルミーティング)はどんな時に便利?

ハドルミーティングが開始されると、該当のチャンネルにハドルミーティングのアイコンや参加者が表示され、ハドルミーティングが実施されているかどうかが一目で判断できます。

ミーティングにちょっと遅れてしまった時など、まだミーティングが実施されているかどうかがすぐ判断できるもの嬉しいですね

このようにハドルミーティングでは

  • ・社内で自席近くのメンバーを集めてディスカッションする
  • ・ちょっと関係者を集めて立ち話する

というようなイメージで、ミーティングを実施する時にとても便利な機能になります。

■まとめ

Slack Technologiesが2021年6月30日発表した、Slack新機能の1つ「Slack Huddles(Slackハドルミーティング)」をご紹介いたしました。

従来のミーティングのような堅苦しさはなく、手軽にミーティングを実施できるのがハドルミーティングの一番の魅力なので、使い方次第で様々な場面で活用できるのではないでしょうか?

                                         

Slack導入支援サービスについてはこちら。

Slack 導入支援サービス

Slackに関する資料請求、製品デモ、お見積もりのご要望は下記リンクより承っております。

お問い合わせ         
              
                                                                   

本情報はブログを公開した時点の情報となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

        

お問い合わせ   

  
本ブログのカテゴリ: Slack

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP