日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2020/03/02

【テレワーク】今すぐ使える!チームの業務見える化ツール 〜概要編〜|Trello(トレロ)+Slack(スラック)編 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

大塚 和彦Kazuhiko Ohtsuka

大塚 和彦

こんにちは

今回のブログは、コロナウィルス対策でテレワークをしたいけど、まだ仕組みがない組織・チームの方々へご紹介したいと思います。
海外では、オフィスが離れていても業務をこなしています。その理由はクラウドサービスによって情報共有や業務の見える化ができているからです。

このようなクラウドサービスを利用することは働き方を変えるという意味でも大きなメリットがあります。

以前のブログでは、「TrelloのPower-Upを試してみた」でTrelloのPower-Up(アドオン)についてご紹介しました。

今回のブログでは、ビジネスコミュニケーションツール「Slack」と連携するPower-Upを使って、テレワークに活用できる仕組みを作りたいと思います。

どんなことができるか?

テレワークの懸念事項は、メンバーの仕事状況や進捗状況が見えなくなることで、仕事の納期の遅延や品質が低下することです。

テレワークを行なっていたとしても、メンバーが担当する業務の進捗状況が見える化され、適切なタイミングで報告・連絡・相談が行われるのであれば問題ないと言えます。

部門長/マネージャーから現場メンバーへの業務依頼から完了までの流れを記載してみました。

業務依頼から完了までの流れ

多くの部門長/マネージャーの方々はメールで「タスクの依頼」を行い、依頼した相手が「受け取ったのか?」「相手が仕事内容を理解できているのか?」「仕事に着手しているのか?」「いつ終わるのか?」など不安に思い、何度も状況確認をしてしまうという覚えはありませんか?

このような不安を解消する方法として「タスク管理ツール:Trello」と「ビジネスコミュニケーション:Slack」を組み合わせた活用が素晴らしい効果を生み出します。

タスク管理ツール:Trello

ビジネスコミュニケーション:Slackとは

利用イメージ

タスク管理ツール:Trello ビジネスコミュニケーション:Slack
タスクの依頼
部門長/マネージャーから現場メンバーへタスクを依頼します。●依頼内容

何を 見積書の作成
誰に 陸間たろう
いつまで 3月3日
タスクを追加します。

タスクを追加

Slack側に「3月3日」期限で「陸間たろう」さんに「見積書の作成」を割り当てされたことが通知されます。

割り当てされたことが通知

タスクの着手
タスクを依頼された「陸間たろう」さんは、タスクを進行中に移動して、作業を開始しました。

  • 「未着手」から「進行中」へ移動
進行中へ移動して、作業開始を宣言します。

作業開始を宣言

Slack側に「未着手」から「進行中」に変わったことが通知されます。

「未着手」から「進行中」に変わったことが通知

確認依頼
「陸間たろう」さんは、仕事が完了したので部門長/マネージャーの「木月タスク」さんへ確認依頼を行います。

  • 「進行中」から「確認中」へ移動
  • メンバーに「木月タスク」さんを追加
  • コメント欄に「確認をお願いします」とメッセージ

確認依頼

  • 「進行中」から「確認中」に移動されたことが通知されます。
  • メンバーに「木月タスク」さんが追加されたことが通知されます。
  • コメントされた内容が通知されます。

コメントされた内容が通知

確認完了
部門長/マネージャーの「木月タスク」さんは、「確認中」から「完了」へ移動してコメントしました。

  • 「確認中」から「完了」へ移動
  • コメント欄に「確認しました。完了に変更します」とメッセージ

確認完了

  • 「確認中」から「完了」へ移動されたことが通知されます。
  • コメントした内容が通知されます。

コメントした内容が通知

こんな効果があります。

利用イメージからお分かりいただけたと思いますが、以下のような効果があります。

役割 こんな効果
部門長/マネージャー
  • 目の前にいなくてもメンバーの活動状況が手に取るようにわかる。
  • メールで仕事を依頼した場合の懸念点である、きちんと伝わっているのか?進めているのかについて、進行状況をツールが教えてくれる。
現場メンバー
  • 自分自身が付箋などにタスクを書かなくても、依頼者がタスクを作成してくれる。
  • 自分のやるべき仕事が明確になり、仕事の効率がよくなる。
  • ツールが部門長/マネージャーに自動的に伝えてくれるので日報などを作成する手間が軽減できる、もしくは不要になる。

次回は、これを実現するための「【テレワーク】今すぐ使える!チームの業務見える化ツール 〜設定編〜|Trello(トレロ)+Slack(スラック)編 」をご紹介します。

お問い合わせ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について