JIRA Software|機能詳細

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRA Software(プロジェクト管理ツール)
  4. JIRA Software 機能詳細

JIRA Software

主な機能

課題(チケット)による情報共有

JIRAにおける課題とは、ひとつの作業です。

JIRAを使えば、チームの作業や問題を課題として作成し、ユーザーを割り当て、作業を管理できます。

また、コメント機能でチームでディスカッションし、内容を履歴として残すことができます。またメンション機能で特定の担当者に簡単に情報の共有ができます。

JIRAの作業ベースとなる課題の詳細画面では、様々な操作を行えます。

  • 課題の編集(要約、説明、担当者の変更など)
  • ワークフローの操作
  • ファイルの添付
  • コメントの追加
  • 作業時間のチェックと記録
  • 課題に関連したソースコードのコミット
  • 課題を別プロジェクトに移動
  • 投票、ウォッチャー登録

課題(チケット)による情報共有

高速で柔軟な検索機能とフィルター

JIRAには、登録された多数の課題から目的の課題を探しだすため、高速で柔軟な検索機能とフィルター機能が用意されています。

課題検索バーで、テキスト検索、タイムトラッキング検索、プロジェクト、課題タイプ、コンポーネント、課題の担当者、報告者、ステータス、解決状況で検索することができます。

また、高度な検索に切り替え、JQLというクエリ構文を使って検索できます。

JQLはコードアシスト対応で、履歴も記録されます。

検索条件はフィルターとして保存できます。

JIRAは、課題(作業)管理を行い、プロジェクト全体をさまざまな形で見える化します。

高速で柔軟な検索機能とフィルター

ダッシュボードで情報共有

JIRA Softwareのダッシュボードはユーザーがガジェットを組み合わせて作成する事が可能です。JIRA Softwareには、進捗状況を折れ線グラフで表示する「作成済み vs 解決済みグラフ」や、課題の件数を2次元で解析する「2次元フィルター」など様々なリストやグラフを表示するガジェットが用意されています。

チーム内でダッシュボードを共有する事で、進捗の状況を共有しやすくなります。

ダッシュボードで情報共有

プロセスに合わせたカスタマイズ

JIRA Softwareは、様々なプロセスに対応できるように、豊富なカスタマイズ性を備えています。プロジェクト毎にカスタマイズする事はもちろん、課題タイプ別にワークフロー、画面項目などをカスタマイズできます。

この機能により、プロジェクト内で「バグ」や「機能追加」で異なったプロセスを適用する事ができます。

プロセスに合わせたカスタマイズ

豊富なレポート機能

  • JIRAは豊富なレポート機能で、チームのメンバーが入力した課題の状況をリアルタイムに共有できます。
  • 簡単な設定を行うだけで様々なレポートを作成できます。プロジェクトの状況をビジュアルに表現できます。
  • 様々なダッシュボードを作成でき、ダッシュボードに表現したものをレポートとして出力する事ができます。

豊富なレポート機能

PAGE TOP