JIRA Software|機能詳細

  1. HOME
  2. アトラシアン製品
  3. JIRA Software(プロジェクト管理ツール)
  4. JIRA Software 機能詳細

JIRA Software

強力な検索機能とフィルター

強力な検索機能とフィルター

JIRA には、登録された多数の課題から目的の課題を探しだすため、強力な検索機能とフィルター機能が用意されています。

課題検索バーで、テキスト検索、タイムトラッキング検索、プロジェクト、課題タイプ、コンポーネント、課題の担当者、報告者、ステータス、解決状況で検索することができます。

また、高度な検索に切り替え、JQLというクエリ構文を使って検索します。JQLはコードアシスト対応で、履歴も自動的に記憶されます。

検索条件はフィルターとして保存できます。

JIRAワークフローの設定

JIRAワークフローの設定

JIRAは、バグ管理をワークフロー化することでシステム開発の効率向上を達成しました。そしてそれはシステム開発だけでなく一般的なワークフロー・システムとして利用することができるまでに機能向上してきました。

JIRA のワークフローは、いくつかのステップとリンクで構成されています。課題は、ワークフローの設定に従ってステータスが移り変わっていきます。

JIRA には、プロジェクトの種類に合わせたワークフローが付属しています。新しいプロジェクトを作成する時にテンプレートから選択することができます。

また、ワークフローデザイナーによって、JIRA管理者がワークフローを簡単に構築することができます。

レポート機能の充実

レポート機能の充実

簡単な設定を行うだけで以下のレポートを作成できます。プロジェクトの状況をビジュアルに表現できるので、活用してみてください。

  • ユーザー作業負荷レポート
  • バージョン作業負荷レポート
  • 時間管理レポート
  • レポート別単一レベル グループ
  • 作成済み課題 vs 解決済み課題レポート
  • 解決時間レポート
  • 円グラフ レポート
  • 平均日数レポート
  • 最近作成された課題レポート
  • 課題の経過時間レポート

セキュリティ機能

セキュリティ機能

JIRA は階層で権限を管理します。各レベルは、その1 つ上のレベルよりきめ細かく詳細に設定することができます。

JIRA グローバル権限
JIRA の全体的なアクセス権の制御。(例、だれがJIRA にアクセスできるか)
プロジェクトレベル権限
プロジェクトレベル権限の制御
課題レベルセキュリティ
各課題レベルでアクセスを制御

上記権限を利用して、作成したプロジェクト別に閲覧権限、更新権限など要件に応じた設定が可能です。

また、役割別の設定:ワークフローで実行するアクション(作業開始、課題の解決など)の実行権限を設定できます。課題別の設定:各課題にセキュリティレベルを設定し、プロジェクト内で特定のメンバーへの公開/非公開を制御できます。

開発ツールとシームレスな連携

開発ツールとシームレスな連携

ソフトウェアの課題の解決にはソース・コードの修正が伴います。アトラシアン製品のFishEye、Bitbucketと連携すると、課題とソースの修正を関連付けて管理する事ができます。

カスタマイズと共有可能なダッシュボード

カスタマイズと共有可能なダッシュボード

JIRAは、バグ管理をワークフロー化することでシステム開発の効率向上を達成しました。そしてそれはシステム開発だけでなく一般的なワークフロー・システムとして利用することができるまでに機能向上してきました。

JIRA のワークフローは、いくつかのステップとリンクで構成されています。課題は、ワークフローの設定に従ってステータスが移り変わっていきます。

JIRA には、プロジェクトの種類に合わせたワークフローが付属しています。新しいプロジェクトを作成する時にテンプレートから選択することができます。

また、ワークフローデザイナーによって、JIRA管理者がワークフローを簡単に構築することができます。

アドオンで拡張しよう

アドオンで拡張しよう

アドオンとは、機能を拡張するモジュールです。Atlassianまたはサードパーティーから提供されています。Javaのスキルが有れば自社開発も可能です。

アドオンは下記よりダウンロードできます。

Atlassian Marketplaceをみる

活用法:ナレッジの共有として

活用法:ナレッジの共有として

数十万課題の中から瞬時に全文検索が可能です。

システム保守では「この機能はなぜこの仕様なのだろう?」という疑問も、JIRAを使えば作業の経過、対応理由を探し出すことができます。蓄積された膨大な情報から、高速検索によって、瞬時に検索された課題がナレッジの共有として利用することができます。

PAGE TOP