メールマガジン|2019.10.23 DevOpsで、どんなメリットが?効果は?|やるべき導入への第一歩とは

  1. HOME
  2. メールマガジン一覧
  3. DevOpsで、どんなメリットが?効果は?|やるべき導入への第一歩とは

DevOpsで、どんなメリットが?効果は?|やるべき導入への第一歩とは

目次

コラム
  • DevOpsで、どんなメリットが?効果は?|やるべき導入への第一歩とは
ニュースリリース
セミナー情報
研修情報
リックソフトブログ
メディア掲載

DevOpsで、どんなメリットが?効果は?|やるべき導入への第一歩とは

いつもリックソフトのメールマガジンを読んでいただきまして誠にありがとうございます。

今回のメールマガジンでは、DevOps/DevSecOpsをテーマにしました。

2019年6月にIDC Japanより発表された国内DevOpsソフトウェア市場(2018年~2023年)の年間平均成長率は15.9%、2023年の市場規模は641億以上という予測となっております。

当社でもDevOps、DevSecOpsに関するニュース、記事、資料を公開しておりますが、アクセス数の勢いは増すばかりとなっております。

DevOpsを検討するにあたり、メリットは?、成功させるには何を、どんな視点で考えればよいのか?、効果は?などの質問をいただきますが、参考までに以下の情報をご案内させていただきます。

代表的な投資収益率(ROI)の測定項目

DevOpsによる効果測定(2014年度の調査)

番号 代表的なROIの測定項目(一例) 改善率
1 DevOpsがなければできなかったソフトウェア/ サービス 21%
2 アプリケーションの修正と保守に費やす時間の削減 21%
3 部門間のコラボレーションの増加 21%
4 収益の増加 19%
5 デプロイされたアプリケーションの品質とパフォーマンスの改善 19%
6 開発、テスト、または運用にかかる費用の削減 19%
7 より多くのプラットフォームで利用できるソフトウェア/サービス 18%
8 ソフトウェア/サービスの市場投入までの時間を短縮 18%
9 当社のソフトウェア/サービスを使用する顧客の増加 18%
10 ソフトウェアの開発と展開に携わる従業員が少ない 18%
11 ソフトウェア/サービスのデプロイ頻度の増加 15%

出典:Vanson Bourne / CA Technologies 2014

このように多くの効果があるDevOpsですが、正しく導入し、かつ運用をしないと効果を生むことはできません。

そこで、まずはチームにとって時間のロスと感じているところから取り組んでみるのはいかがでしょうか。

Atlassianのツールチェーンは企画からリリースまでに対応しており、チームとプロジェクトを支援します。

そして、既存ツールも含めてツール同士を連携させて『DevOps』から『DevSecOps』に進化させ、脆弱性などにより手戻りの改善や信用・信頼を損なうリスクも軽減させることができます。

以下は、DevOpsに『脆弱性リスク』と『OSSライセンス訴訟リスク』を回避するための『DevSecOps』を実現したツールチェーンの例となります。

これらの参考となる資料や記事の一覧をご案内いたしますので、皆さんご活用ください。

 

資料ダウンロード

先日セミナーで講演しました資料をダウンロードいただけます。

  • 「DevSecOpsの実現にはアトラシアン製品+ツールチェーンが不可欠〜アトラシアン製品+α がDevSecOpsの実現と効果を高める〜」

デモのご依頼、ご相談など遠慮なくお問い合わせください。

資料をダウンロードする

ニュースリリース

アジャイルへの取り組みをスモールスタートできる Atlassian Cloudに対する各種サービス提供を開始

アトラシアン社が提供するクラウドサービス『Atlassian Cloud』に対するサービス展開を2019年10月8日(火)から開始することを発表します。

多くのお客さまから寄せられた「導入支援」や「研修」を中心とした『Atlassian Cloud』向けの「導入支援サービス(オンボーディング)」と「ツール活用トレーニング」の提供を開始いたします。

詳しくはこちら

アジャイルへの取り組みをスモールスタートできる Atlassian Cloudに対する各種サービス提供を開始

複数の文書管理基盤を統合しUIを一元化できる「CARA」の取り扱いを開始

コンテンツ管理システム向けの最先端ソフトウエアを提供するGeneris社とパートナー契約を締結し、Generis社の主力製品である『CARA』の取り扱いを2019年9月12日(木)に開始しました。

『CARA』は複数に分散して保存された文書やファイルを単一のユーザー・インターフェースで取り扱うことができるため、業務効率を向上させることができます。さらに規制産業向けに設計されているためコンプライアンスやセキュリティーの強化も同時に実現することが可能となります。

詳しくはこちら

複数の文書管理基盤を統合しUIを一元化できる「CARA」の取り扱いを開始

オンラインセミナー情報

ツール導入で働き方を変える!具体的な事例を交え各ツールをご紹介します。

詳細はこちら

ツール導入で働き方を変える!具体的な事例を交え各ツールをご紹介します

研修情報

導入後の運用を安心して効率的に進めることができます。
Atlassian Cloud(クラウド版)が追加されました。

ユーザー向け研修

プロジェクト管理ツール:Jira入門
コラボレーションツール:Confluence入門

管理者向け研修

プロジェクト管理ツール:Jira管理者
サービスデスク管理ツール:Jira Service Desk管理者

詳細はこちら

導入後の運用を安心して効率的に進めることができます。

リックソフトブログ

注目のコンテンツが続々投稿されています!

詳しくはこちら

メディア掲載

第5回 OSSの脆弱性とコンプライアンス違反に対応するには(前編)

WhiteSourceを使ってオープンソースソフトウェア(OSS)をどのように管理することができるか,運用面にフォーカスを当てて説明します。

(WhiteSourceとは、コンポジション解析ツールで,開発プロジェクトで利用しているOSSコンポーネントを検出し,脆弱性,バグなどの品質,およびライセンスを解析するツールです。)

詳しくはこちら

おすすめリンク

PAGE TOP