日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/10/04

権限設定を追加&テンプレート機能の強化 WBS Gantt-Chart for Jira 9.11.0リリース

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

河村 康博Yasuhiro Kawamura

河村 康博

こんにちは。リックソフトの河村です。

前回のリリースブログから少し間が空き、この空いていた期間はWBS Gantt-Chart for JiraのAtlassian Cloud版の開発に注力していました。

おかげさまでWBS Gantt-Chart for JiraのAtlassian Cloud版は、現在ベータバージョンが稼働中です。
ベータ期間は無料でご利用いただけますので、Atlassian CloudでJiraをご利用されている方は是非お試しください。
皆様からのフィードバックをお待ちしておりますm(__)m

また、Server・Data Center版の新バージョンが出ない状況がしばらく続いておりましたが、Server・Data Center版の開発は今後も続けていきますのでご安心ください。

さて、それでは本日はServer・Data Center版の久々の機能リリースとなります、WBS Gantt-Chart for Jira 9.11.0についてご紹介します。

ガントに関する権限設定の登場

今回のリリースではガント機能に対して、ユーザーへの制限をかけるための権限設定を追加しました。

ガントを作成する操作を、一部のユーザーのみに制限可能に

従来のWBS Gantt-Chart for Jiraでは、Jiraにログインできるユーザーであれば誰でもガントの作成が実行できました。

この状態に対して、「誰でもガントを作れては困る!」というご意見をいただきましたので、9.11.0ではガントの作成を制限する機能を実装しました。
Jira管理者による権限設定を新たに追加し、ガントの作成を特定のグループに所属するユーザーのみに制限することができます。

ガントに関する権限設定の登場

指定されているグループのいずれにも所属をしていないユーザーには、ガントの作成画面へのリンク、及びガントのコピー操作のメニューが表示されず、新規にガントを作ることができません。

ガントでの編集操作を、全員に許可するか、ガント管理者のみに制限するかを選択可能に

ガントでの編集操作(WBSに表示された課題などのインライン編集、課題の作成、計画の編集、行の並び替え等)を、そのガントを見ることができる全てのユーザーに許可するのか、そのガントの管理者にのみ許可するのか、オプションで選択可能になりました。

ガントでの編集操作

「許可する」のチェックボックスにチェックが入っていない場合、ガント管理者以外のユーザーがそのガントのWBS・ガントチャート画面を開くと、閲覧専用モードで表示が行われます。

閲覧専用モードで表示

9.11.0よりも前に作成された既存のガントについては、このオプションは「許可する」の状態になっています。
「知らないうちにガントチャートが誰かに編集されてて困ってたんだよな~」という方は、ガントの編集画面からこのオプションのチェックを外してしまうのがおススメです。

テンプレート機能を強化

テンプレート機能をもっと便利に活用したいという要望にお応えするため、テンプレート機能を強化しました。

テンプレート内に置換対象テキストを複数定義可能に

テンプレート機能の置換が進化して、置換対象テキストが複数定義可能になりました!

…と書くと何のことか分からない方もいると思いますので、強化前の内容から合わせてご紹介します。

バージョン9.10.xまでは、テンプレート内の課題要約にあらかじめ「$」を含めておくことで、テンプレートからの課題作成時にその「$」を任意のテキストに置換することができました。
この機能、結構便利なのですが、ダイアログを見ただけでは何が何に置き換わるのか分からない…という声もいただいていました。

バージョン9.10.x

バージョン9.11.0ではこの機能を進化させ、「$<任意の文字列>$」という書式で、置換文字列を複数定義できるようになっています。
定義した置換対象テキストはテンプレートから課題作成をする際のダイアログに表示されるため、置換機能であることは意識せず、単純なフォームの入力という感覚で使用することができます。

バージョン9.11.0

さらに、この新しい置換は、課題の要約だけでなく説明フィールドも対象にしていますので、説明欄にいろいろ情報を書いておきたいという要望も満たします。

痒い所に手が届くようになった新しい置換を是非お試しください。

カスタムフィールドもコピー&添付ファイルもコピー可能

9.11.0ではテンプレートからの課題作成時に、テンプレート側の課題に設定されているカスタムフィールドの値もコピーするようになりました。

加えて、テンプレート側の課題に添付されているファイルについても一緒にコピーできるようになっています。
これはテンプレートからの課題作成時に表示されるダイアログにチェックボックスでON・OFFの切り替えが可能ですので、必要な時だけファイルのコピーが行えます。

最後に

今回のリリースではこの他、いくつかの不具合修正を実施しています。
リリースの詳細な内容はリリースノートに記載してありますので、合わせてご確認ください。

WBS Gantt-Chart for Jira 9.11.0は下記リンクからダウンロードしてインストールできます。

WBS Gantt-Chart for Jira 9.11.0 ダウンロード

30日間の評価ライセンスも発行できますので、是非ご活用ください!

評価ライセンスのご依頼

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について