日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/03/19

イベント報告:「働き方改革のリアル カンファレンス ~モバイルワーク、RPA、bot、AIで働く人の能力を解放せよ~」で登壇しました

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

山本 敏裕Toshihiro Yamamoto

山本 敏裕

一週間前の天気予報では雪が降るという予報がありました。
今日は桜の予報が聞こえてきそうな春の陽気。
そんな季節の節目を感じる日にIT media主催の「働き方改革のリアル カンファレンス」は開催されました。

政府も推進している「働き方改革」。「働き方改革」には現場を疲弊させ、生産性を落とし、持続性のない組織となり得る危険性や多様な働き方を認め、様々なデバイスやOSによるアクセスによるウイルス感染や情報漏えいのリスクといった2つの問題があります。

このイベントではテクノロジーと人の力で仕事の質は上げ、セキュリティ対策に取り組んでいる企業様の事例が紹介されました。
本日は、その中からリックソフト株式会社が登壇したプレゼンをご紹介し、「働き方改革」について皆様に少しでも参考になればと思います。

チームの結束を強めて生産性が高まる「これからの働きかた」

リックソフト株式会社  カスタマーサービス部  大塚 和彦が登壇させていただきました。

チームの結束を強めて生産性が高まる「これからの働きかた」で登壇しました

働き方改革成功への第一歩は、問題を認識し共有することにあります。
誰もが一度は耳にしたことがあると思われる「報・連・相」のリスク、これを軽く考えないこと。
これをおろそかにすることが、時間を無駄に消費する結果に至り、業務効率は非効率になる原因の一つになります。
しかしながら「報・連・相」を行いたいと思っていてもできないことが多々あります。

  • 報・連・相の基準が決まっていない
    • 上司が変われば、報連相の内容や基準も異なる
  • 報連相する相手が話しかけづらい
    • 上司もしくは同僚に話しかけづらい
    • 報告したら「忙しい」と言われたので、タイミングがわからない
  • 自分が全てやった方が早い&安い&良い
    • 仕事が多すぎるので報連相に時間をとられるよりも、作業をこなすことを優先
    • そもそも報連相の工数や時間は無駄だと感じている

これを改善することをアトラシアン製品などのツールを用いて実現することが可能となります。
直接コミュニケーションをとらなくてもツールを使えば報告をしたり、相談をしたり、状況を把握したりすることができます。

では、ツールの活用方法について紹介させていただきます。

Atlassian製品を使った強いチーム運営の実践

1.目標・計画を設定し共有する

  • 「WBS Gantt-Chart for Jira」

リックソフトが提供しているプロジェクトの計画を行うJIRAのアドオンです。作業の開始日、完了日、プロジェクト全体の計画、作業状況を一目で把握することができます。また、どの従業員の作業に負担がかかっているか、またどの従業員のリソースが余っているかを把握でき、リソース状況を見える化することができます。

WBS Gantt-Chart for Jira

  • 「Tempo Planner」

プロジェクト計画段階の「人的リソース」「期間」といったプロジェクト計画を見える化するJIRAのアドオンです。
これまで表計算ソフトで行っていた工数計画および予実管理の負担をなくすだけでなく、最適なプロジェクト計画を立案することができるようになります。

Tempo Planner

2.やることが明確になる

JIRA Softwareのかんばんボード機能を利用すると、どのユーザが、どれくらいの作業を担当していて、どのような状況かを把握することができます。また、ダッシュボードではチームごとの状況も把握することができます。

カンバンボード

ダッシュボード

3.状況・状態の共有とサポート

プロジェクトの進行状況を把握することができます。これによりどのような対策が必要かを検討する材料とすることができます。

またJIRAの課題にはコメント機能があります。コメント欄に作業で苦労したこと、成功したことなどを記載していきます。このコメント欄ではメンション機能を利用して困っていることを相談して周りの方を巻き込むことができます。コメント欄はコミュニケーションを取る手段になりますので掲示板のように利用して早期の問題解決を実現することも可能となります。

作成済みvs解決済みグラフ

4.振り返りを行う

JIRAには各種レポート機能があります。いちいち作成する必要がありません。これを利用すれば時間の短縮にもつながりますね。

適切なツールの導入により問題や状況を可視化することができ、コミュニケーションもとることが可能となります。これは離れた場所で同じ作業をすることを実現できます。スピーディーに作業を進め効率化を図る、そんなツールを紹介させていただきました。

最後に

この講演の資料は下記よりダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

Atlassian製品を使った強いチーム運営の実践についてのご相談はリックソフトへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

各製品の詳細は下記よりご覧ください。

Jira Softwareについて

WBS ガントチャート for Jiraについて

TEMPO Plannerについて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ