日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2016/10/27

権限設定できるようになりました!Issue Editor for JIRA 1.4.0リリース

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

廣田 隆之Takayuki Hirota

廣田 隆之

こんにちは!
リックソフトの廣田です。

プロ野球の日本シリーズが開幕しました。先日、家族と日本ハムファイターズの試合を観戦したのですが、大谷翔平選手が代打で登場すると、スタジアムのお客さんがホーム・ビジター問わずいっせいにスマートフォンやカメラで撮影を始めました。あらためて、大谷選手の人気のすさまじさを知った瞬間でした。

リックソフトもソフトウェア開発とソリューション事業の二刀流で皆さんの業務のお役に立てるよう精進したいと思います。

さて、今回は Issue Editor for JIRA 1.4.0 の新機能を紹介します。

グループによる権限設定

多くのお客様からリクエストを頂戴していた機能です。
Issue Editor の課題編集はその簡単さと利便性ゆえ、導入をためらわれるプロジェクトリーダーや JIRA 管理者もいらっしゃると聞きました。
「Issue Editor を利用できるユーザーをグループ単位で制限したい」「一部のプロジェクトでパイロット運用してから他のプロジェクトへ開放したい」といったご意見を頂きました。

Issue Editor 1.4.0 では管理者画面にて、Issue Editor を利用できるユーザーをグループ単位で指定できるようになりました。
この設定を行うと、課題ナビゲーターの「編集」ボタンやプロジェクトナビゲーションの「Issue Editor」メニューは許可されたユーザーのみ表示されるようになります。

JIRA Service Desk 環境でも動くアドオンのマーク

課題ロード中も退屈させません

Issue Editor は1,000件を超える課題を表示できますが、たくさんの課題を表示すると、ローディング中のアイコン表示のまま待たせてしまう仕様でした。
「課題ロード中に固まったように見える」「何らかの処理が行われているのは分かるのですが、いつになったら表示されるのか不安です」とのお問い合わせを頂戴しました。

Issue Editor 1.4.0 では課題ロード中にダイアログを表示し、課題件数と進捗がわかるようになりました。
中断ボタンも用意しているので、あまり時間がかかるようであれば、いったん中断した後、検索条件を見直して再度表示するといったことも可能です。

JIRA Service Desk 環境でも動くアドオンのマーク

JIRA 7.2 をサポートと Wiki エディタの強化

JIRA 7.2 では Wiki エディタによるリッチエディット機能が強化されており、JIRA の説明フィールドやコメント入力がこれまで以上に簡単になっています。

Issue Editor 1.4.0 では JIRA 7.2 を正式サポートに加えたほか、Wiki エディタ機能も改善し、カスタムフィールドのリッチエディット編集もサポートしました。

JIRA Service Desk 環境でも動くアドオンのマーク

ご意見をお待ちしています

いかがでしょうか。私たちは、これからもユーザーの皆様の声を製品に反映していきます。
こんな機能があったらいいな、ここをこうして欲しい!など、皆さんのご意見をお待ちしています。 問い合わせフォームやヘルプデスクからどうぞ。

お問い合わせフォーム  ヘルプデスク

Issue Editor for JIRA は 下記リンクからダウンロードしてインストールできます。
30日間の評価ライセンスも用意していますので、ぜひお試しください。

ダウンロード  評価ライセンス依頼

お見積は、お問い合わせフォームからご依頼ください。

お見積依頼

また、Issue Editor for JIRA は、Atlassian社が運営するアドオン購入サイト(Atlassian Marketplacea) からも購入できます。リックソフトは、Atlassian Marketplaceを安心して購入いただくための認定制度 Atlassian Verified を取得しています。

それでは、またお会いしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について