日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/07/24

課題の期限が見えるんです。 WBS Gantt-Chart for Jira 9.7.0リリース

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

河村 康博Yasuhiro Kawamura

河村 康博

こんにちは!リックソフトの河村です。

先日、消費期限が切れていることに気づかず食パンを食べてしまいました…。
幸いにも体調を崩さず済みましたが、高温多湿の日が続いている中、期限切れの食品を食べるのは恐いものがありますね。期限はとても重要です。

それでは、そんな重要な「期限」に気づきやすくなったWBS Gantt-Chart for Jira 9.7.0をご紹介します。

※大きな変更が含まれているため、リリースノートも合わせてご確認ください。

課題の期限をガントチャート上で把握

Jiraの課題に設定されている期限を、WBS Gantt-Chart for Jiraで有効活用できるよう、WBS側にはカラムで、ガントチャート側にはアイコンで期限を表示するようにしました。
まずは、スクリーンショットで雰囲気をお確かめください。

課題の期限をガントチャート上で把握

いかがでしょうか?課題の期限を一目で把握できると思います。
期限を把握できればスケジュールの変更をする際にも「この課題は最大でN日スケジュールを後ろ倒しにできる」といったことが分かりやすくなりますね!

また、「課題のスケジュール作成」の権限を持っているユーザーの場合、期限カラムの値を編集するか、アイコンをドラッグ&ドロップの操作で動かすことで、簡単に期限を編集することもできます。
期限が見えることで計画の立てやすさ・見直しやすさがグッと向上しますので、是非とも機能をご活用ください。

※本機能の導入にあたり、バージョン9.6までのWBS Gantt-Chart for Jiraからアップデートする場合には、以下の2点を注意する必要があります。

  • 追加カラムとして期限フィールドを登録していた場合、期限のカラムが2つ表示されます。追加カラムから期限フィールドを削除することを推奨します。
  • 開始日・終了日・ベースライン開始日・ベースライン終了日として扱うフィールドとして期限フィールドを選択していた場合、意図しない挙動をする可能性があります。別のフィールドへ割り当てるように変更を推奨します。

日付・日時の書式を変更可能に

グローバルな組織にお勤めの方に嬉しい新機能です。
開始日・終了日をはじめとした日付・日時に関する値が表示されるセルの書式を、ユーザー単位で変更できる機能を追加しました。

日付・日時の書式を変更可能に

各ユーザーが使いやすいフォーマットでWBS Gantt-Chart for Jiraをご利用いただるようになったので、組織の拠点が世界中にある場合や、複数の国や地域出身の従業員がいる場合などでもストレスフリーに使用できます。

使う書式はJiraの日付ピッカー・日時ピッカーに設定されている書式を利用することもできますし、WBS Gantt-Chart for Jiraが用意している候補書式から選択することもできます。
ユーザー設定からいつでも簡単に書式を変更可能なので、お気軽にお試しください。

ユーザー設定からいつでも簡単に書式を変更可能

「四半期」での表示時は、会計年度に合わせたヘッダーを表示

「Q1~Q4の表示は、会計年度に合わせた表示をしたい」という要望を聞きましたので、会計年度の開始月(期首月)を設定できる機能を追加しました。
開始月を設定すると、ガントチャートの表示単位で「四半期」を選択した際に、開始月を基準にしたQ1~Q4と年度がガントチャートヘッダーに表示されます。

「四半期」での表示時は、会計年度に合わせたヘッダーを表示

「四半期」での表示時は、会計年度に合わせたヘッダーを表示

組織の中期的な計画を確認する際に、有効利用していただけると思います。
もちろん、会計年度の開始月を1月に設定すれば西暦と一致するので、従来通りの表示も可能です。

ガント導入以前の機能を旧機能化して分かりやすいアドオンに

※アップデート前にリリースノートで詳細をご確認ください。

ガントが導入される以前の機能であるプロジェクト・フィルターのガントチャート表示機能と、それに関する設定項目などを旧機能としてまとめ、一括で無効化できるようにしました。

なお、リリースノートや製品内には説明が記載されていますが、旧機能については今後廃止を予定しています。
この機会に、ガント機能を使った管理への早めの移行をご検討ください。

ガント機能を使った管理への早めの移行をご検討ください

課題詳細ビューの表示操作をシンプルに

バージョン9.5.0で導入し、バージョン9.6.0でシームレスな表示方法を追加した課題詳細ビュー機能ですが、機能を使用するための手段を絞り込み、シンプルな操作性にしました。
今後は課題の名称部分のリンクテキストをクリックするか、またはキーボードの「t」キーを使ったショートカットによる表示切替を使用してください。

「表示」の中にあったメニューや、画面右下のボタンはなくなりましたが、課題詳細ビュー機能が無くなったわけではないのでご安心ください。

最後に

この他にも週番号が表示されるガントチャート表示単位の追加や、いくつかの改善・不具合修正を行いました。
詳細な情報についてはリリースノートも合わせてご確認ください。

WBS Gantt-Chart for Jira 9.7.0は下記リンクからダウンロードしてインストールできます。
30日間の評価ライセンスも発行できますので、是非ご活用ください!

評価ライセンスのご依頼

お問い合わせ

WBSガントチャート について

また、ご好評を頂いております当社が開発するプロジェクト管理ツール「WBS Gantt-Chart for Jira」に続々と新しい機能が追加されました。
これに合わせて、多くのお客様に使って頂くための割引キャンペーンを開催させていただいております。

この機会にWBS Gantt-Chart for Jiraのご検討を何卒よろしくお願いします。

操作性の向上でプロジェクト管理を効率アップ!WBS Gantt-Chart for Jira割引キャンペーン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ