日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/03/28

りっくまのお便り投稿シリーズJira編6: 大量のJira課題をお掃除っクマ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

南澤 華代Hanayo Minamisawa

南澤 華代

こんにちは。リックソフト ヘルプデスク担当の南澤です。

今回も リックソフトブログで一番人気?!の りっくまのお便り投稿シリーズ をお送りします。
このシリーズは、技術知識があまりなく、Jira初心者の新米プロジェクトリーダーのりっくまくんが、弊社ヘルプデスクへ悩みを相談しながら成長していく物語です。

今回は、りっくまからヘルプデスクにこんなお便りが届きました。

前回に続き、年度末に課題を整理するときによくある話題だと思います。
クマ語が多いので、一言でりっくまさんのやりたいことを言うと、「プロジェクトや課題のアーカイブ方法を知りたい」ですよね。

Jiraにはいわゆるプロジェクトや課題のアーカイブ機能はありません。
そのため、アーカイブのような操作をJiraの機能を使って実施します。

アーカイブの計画を立てる

Jiraには「アーカイブ」機能がないので、具体的にどのようにアーカイブするのかは皆さんが決めないといけません。

まず、どのレベルでプロジェクトや課題をアーカイブするかをはっきりさせましょう。

  • プロジェクトや課題は消したくないが、一般ユーザーから見られないようにしたい
  • プロジェクトや課題は消したくないし、ユーザーからも検索できるようにしたいが、不要なプロジェクト(課題)として区別したい
  • プロジェクトごと削除して他の環境に移したい

今回のりっくまさんの質問の場合は、一つ目のレベル「プロジェクトや課題は消したくないが、一般ユーザーから見られないようにしたい」だと思いますので、今回はこのパターンで実施してみましょう。

Atlassianさんでもプロジェクトのアーカイブの方法を以下のドキュメントで紹介しています。こちらもご参照ください。

プロジェクトのアーカイブ

アーカイブの手順を決める

今回は、以下の手順で進めていきます。
可能であれば検証環境でまず動作確認をしてから本番環境へ適用することをおすすめします。

  1. 古い課題を格納するプロジェクト「OLD」を作成
  2. 「OLD」プロジェクトの権限や通知の設定変更
  3. 既存のプロジェクトの不要な課題を「OLD」プロジェクトへ移動

一般ユーザーに周知する

今回はアーカイブした課題は一般ユーザーから閲覧できないようにします。
一般ユーザーへは、事前に変更点(古い課題は別プロジェクトへ移動すること・参照できなくなること)を周知するようにしましょう。
事前周知して、一般ユーザーから見えなくなると困るなどの意見があった場合は、アーカイブ対象を見直してみましょう。

課題をアーカイブしてみよう

それでは実際にアーカイブ操作をしてみましょう。

古い課題格納用のプロジェクトを作成する

古い課題を保存する専用プロジェクト「OLD」を作成します。
「共有された構成で作成」でプロジェクトを作成すると、移動元のプロジェクトの権限などの設定をコピーできるのでこの後の設定が楽ですよ。

共有された構成で作成

古い課題格納用のプロジェクトの権限を設定する

今回は、一般ユーザーへは古い課題を閲覧できないようにしますので、OLDプロジェクトの権限スキームを変更します。
プロジェクトの閲覧対象や作成権限をロールAdministratorsへ絞込みます。

警告権限スキームをほかのプロジェクトと共有している場合は、ほかのプロジェクトへも影響があるので、スキームを新規で作成して設定をお願いします。

古い課題格納用のプロジェクトの権限を設定する

不要な課題を移動する

前回 紹介した課題の一括変更機能を使って複数の課題をまとめてOLDプロジェクトへ移動します。

例として、以下の検索条件(RSKUMAプロジェクトの解決済でかつ2017年以来更新がない課題)で課題検索画面でアーカイブ対象を指定します。

課題を表示後、ツールから「一括変更」を選択します。

「一括変更」を選択します

今回はプロジェクトの変更なので、「課題の移動」を選びます。

「課題の移動」を選びます

移動先のプロジェクトを過去課題プロジェクト(OLD)に指定して移動処理します。

プロジェクトと課題タイプを選択する

過去課題プロジェクト(OLD)へ移動が完了しました!

移動完了

最後に

りっくまさん、こんな回答でいかがでしょうか?

今回はプロジェクトの移動でアーカイブする方法を案内しましたが、繰り返し作業の課題であれば、バージョンやラベルで管理して、課題を整理する方法もあります。
この話はいつかできれば紹介します。

ご不明な点がございましたら、お気軽に弊社にお問合せください。

お問い合わせ

また30日の無料評価ライセンスがありますので、ぜひお試しください。

評価ライセンスのご依頼

Jira Software について

りっくまのお便り投稿シリーズブログは下記よりご覧いただけます。

りっくまのお便り投稿シリーズ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ