日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2017/03/14

デジタルトランスフォーメーションを加速する!Alfresco Content Services 5.2リリース

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

青地 芳彦Yoshihiko Aochi

青地 芳彦

2017年3月、Alfrescoはデジタルトランスフォーメーションを加速する、デジタルプロセスプラットホームを提供する会社としてコーポレートメッセージを変更しました。

デジタルトランスフォーメーションとは、ビジネスに最新のITを最大限に取り入れて、業務を変えていこうという動きです(詳しくはWikiやAccenture様のサイトをご覧ください)。日本での言葉の浸透はあまり見られないように感じていますが、海外ではよく使われているようです。Alfrescoは従来のコンテンツ管理製品という位置づけから、コンテンツ中心のプロセスを管理する会社へ、さらには、ビジネスフロー(人、プロセス、情報が迅速、シームレスに、直感的に、効果的につながる中で、生産性を最大化する流れ、状態)を最大化することをミッションとする製品という位置づけを表明しています。今後はこのデジタルトランスフォーメーションの流れに沿って、ビジネスプロセスとコグニティブの融合になっていくのでしょうか。最近Alfrescoが機能、モジュールのさらなる独立性と、拡張ポイントの明確化してきたことを考えると、コンテンツ管理という機能をコモディティ化して、様々なビジネスプロセスにあてはめられるようにしているように感じます。

このコーポレートメッセージの変更に伴って、従来の製品名がAlfresco Oneから名称が変わり、Alfresco Content Servicesになりました。また、BPM製品のAlfresco Activitiも、Alfresco Process Servicesという名称に変更されました。
いろいろと動きのあるAlfrescoですが、これに合わせて、リックソフトのAlfrescoのWebページも近日中にリニューアル予定ですので、完成しました際には、ぜひご覧いただければと思います。

今回はAlfresco Content Services 5.2について、その変更点をご紹介します。

Alfresco Content Services 5.2の変更点

ログイン画面の変更

ログイン画面は従来の白っぽい画面から、ブルーバックの画面になっています。ちなみに、先にリリースされているCommunity版 5.2は黄色が基調になっています。下に”make business flow”という言葉が入っていて、ビジネスプロセスを重視した製品を強調していることを感じます。

ログイン画面の変更

フォルダのドラッグ&ドロップ

待望のフォルダのドラッグ&ドロップによるコンテンツのアップロードが可能になりました。

フォルダのドラッグ&ドロップ

サイトの削除が簡単に

従来は、サイト管理者がダッシュレットのサイト一覧で、削除したいサイトの右上のX印をクリックして削除するというデザインでした。しかしマウスフォーカスが当たらないとX印も表示されないので大変わかりずらかったのですが、メニューから削除できるようになりました。

サイトの削除が簡単に

検索範囲オプションの追加

Alfresco内に収納されている全コンテンツを検索対象にするのか、今いるサイト内を対象にするのかのオプションが検索機能につきました。

検索範囲オプションの追加

検索語のハイライト

検索結果の表示において、該当する文節の切り出しと、検索語がハイライトされて表示されるようになりました。

検索語のハイライト

サイトホームページの選択とダッシュボードの削除

従来は、サイトを選択すると、サイトのダッシュボードのページが表示される仕様になっていましたが、サイトのカスタマイズの「現在のサイトページ」で、一番左側に並んでいる

サイトホームページの選択とダッシュボードの削除

複数の検索結果に対する一括アクション

複数の検索結果に対して、一括でアクション(Zipでダウンロード、コピー、移動、ワークフロー、削除)を行うことができるようになりました。

複数の検索結果に対する一括アクション

条件付きサイトへの承認方法の変更

条件付きサイトに参加するリクエストを送った場合に、従来はワークフローで承認タスクが作成されて、承認者による承認を行う流れで登録がなされましたが、もう1つの方法として、サイトメンバーの保留リストの中から承認できるようになりました。

条件付きサイトへの承認方法の変更

サイト間のコンテンツのリンク

Alfrescoの機能としては持っているけど、Alfresco ShareのUI上には今まで表に出ていなかった機能として、コンテンツの関連付け(associatio)があります。このコンテンツのリンクは、コンテンツのコピーのオプションとして、別の場所にコンテンツのリンクを持たせることができます。リンクされているファイルまたはフォルダは、クリップマークがついています。

サイト間のコンテンツのリンク

イメージ名

その他、今回のリリースでは、クライアント側の開発フレームワークとして、Angular2とGoogle マテリアルデザインをベースにしたコンポーネントを持つ、Application Development Frameworkもリリースされていますが、ご紹介はまたの機会にしたいと思います。

お問い合わせ

Alfrescoページ

Alfresco Activitiページ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について