日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/10/25

OSC(Open Source Conference):AlfrescoのOSSモジュールを紹介

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

鈴山 勇生Yuki Suzuyama

鈴山 勇生

皆さんこんにちはリックソフト鈴山です。

やっと暑すぎる夏が遠のいて、朝晩だけじゃなく、昼間も少し冷たい風が吹き出してきている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

先日リックソフトもブースを出させていただきました、Open Source Conference(OSC)について報告させていただきます。そもそもですが、このイベントではオープンソースソフトウェア(Open Source Software)に関する企業での利用状況の共有(正式には:企業におけるOSS利用に関する最新情報の提供)が開催趣旨となっております。私は初めての参加だったのですが、いらっしゃっている皆さんの話を聞くと、「平たく言うと、OSSの学園祭」とのことでした。このためか、集客のために、コンパニオンを用意したり、担当の人が法被を着たりして、「ガシガシ製品やサービスを売っていくぞ~!」といった雰囲気ではなく、「いろんな人と、最新情報のアップデートをしようかな、いい製品やサービスがあれば、ちょっと見ていくか~」といった緩い雰囲気が漂っている、ほんわかとして、とても楽し気なイベントでした。

リックソフトのブース

リックソフトのブース

リックソフトのブース

さて、弊社リックソフトのブースでは、取り扱い製品である、「Alfresco」に対するリックソフト社製のOSSモジュールである、「image recognition(画像認識)」モジュールと「監査ログ」モジュールを出展させていただきました。image recognitionモジュールは、その名の通り、画像を識別するためのOSSモジュールです。画像ファイルをAlfrescoに配置されているフォルダーにアップロードすることにより、IBM Watson(AI)へ画像情報を送り、Watsonが機械学習を基に自動判別し、格納された画像ファイルに対して、その画像に見合った「タグ」を付与するものです。

さぁ、、、これが何の役に立つのだろうか!?というところですが、業務自動化へ様々な応用が期待されるモジュールなのです。例えば、様々な画像素材を扱うマーケティング業務で、Alfrescoのスマートフォルダと連携して、タグが付与されたファイルを自動で指定のフォルダに振り分け保管を行う、といったことや、MRI、CT、レントゲンといった医療系の画像をWatsonに判定させて、その方の症状や病状のタグをつける等。このほかにも、日常の業務で画像ファイルを基にして、なにがしかの判定を行っている業務であれば、AIの力を借りて、様々な自動化を行うことができることが期待されます。

下の動画は、スマートフォルダと画像判定(Watson連携)のデモとなります。

もう一点は、「監査ログブラウザ」を紹介させてい頂きました。Alfrescoでは、監査ログに関しては、ファイルによる出力のみのが製品として対応されていますが、やはり、ブラウザ越しに適宜確認がしたいといった要望も多く、こちらも弊社でOSSモジュールとして開発、公開を行っております。Alfresco標準の監査情報をしっかりと網羅し、その内容をブラウザ上でしっかりと確認することが可能です。

リックソフトAlfresco講演

リックソフトAlfresco講演

さて、実は、私が最もこの「Open Source Conference(OSC)」で楽しみにしていたのが、弊社大塚の講演です。内容としては、Alfrescoをまだ全く知らない方、名前を聞いたことはあるけれど、ファイルサーバーとの違いが明確でないといった方向けとなっており、文書管理の重要性から、Alfrescoの大まかな機能紹介、そして製品のアドバンテージといった、Alfrescoがわかる!といった講演内容でした。特に、下図をご覧いただけるとわかるように、Alfrescoは要件に合わせてスケールアウトすることができるため、規模の大小、ドキュメント数の増加に合わせて、無理なく規模の拡張を行っていくことが可能です。

リックソフトAlfresco講演

もっと、詳しく知りたいという方は、下記から資料のダウンロードを行ってください。

資料ダウンロード

さてさて、かなり盛りだくさんなOpen Source Conference(OSC)でしたが、DX(デジタルトランスフォーメーション)や、文書管理といったことでお悩みの皆様、お気軽にリックソフトへお声がけください。

お問い合わせ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について