日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2019/01/11

Jiraに文章テンプレート機能を追加する|Canned Responses Pro for Jira:ちょっと気になるアドオンシリーズ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

澤田 深雪Miyuki Sawada

澤田 深雪

このシリーズは、Atlassian社のMarketplaceで掲載されていて使ってみたい!気になる!というアドオンをどんどん紹介するシリーズです。
今回は、「Canned Responses Pro for Jira」というApps (アドオン) の紹介です。

Jiraシリーズの製品紹介をすると、多くのお客様から「文章テンプレートという機能は無いんですか?」という質問や要望をいただくことがあります。
Jiraのコメント欄でも「決まった挨拶の言葉・文章」などで、テンプレートが使えるとチームメンバーやお客様への返答がスムーズにできますよね?

今回のApps(アドオン)はJira内で返答コメント用のテンプレートを作成することができる大変便利なものです。

例えば、Jira Service Deskの場合では

  • 返答にテンプレートを利用すれば、カスタマー(質問者)とのコミュニケーションも円滑になります。
  • 決まった文言あったら、すぐにテンプレート化!用途に応じてタイトルをつけてメンバーに共有しましょう。
  • マクロ(変数:$currentUserNameなど)を使って、入力の正確性と簡素化の両方を実現できて便利です。

という効果のあるApps(アドオン)です。
それでは、「Canned Responses Pro for Jira」をご紹介します!

マクロを使って文脈に即したテンプレートを作る

Canned Responsesは動的マクロを使ってコメントされた課題のデータを基に、文脈に即したテンプレートを作成します。対応マクロ一覧はこちらです。

マクロを使って文脈に即したテンプレートを作る

再利用や標準化で効率を上げる

動的マクロを使ってカスタム・コメント・テンプレートを作ります。最良のテンプレートをチームメイトと共有しましょう。

再利用や標準化で効率を上げる

プロジェクト別にテンプレートをつくる

パーソナル、プロジェクト、グローバルの3つのスコープで、テンプレートの使用範囲を制限することで、さらに使いやすくなります。

プロジェクト別にテンプレートをつくる

いかがでしたでしょうか。
お客様やプロジェクトメンバーとのやり取りの中で、忙しいと文章表現も雑になってしまいがちになりますよね?文章表現が悪いだけで信用や信頼を失ってしまうこともあるかもしれません。

そんな悩みを解決するApps(アドオン)が、今回紹介した「Canned Responses Pro for Jira」なんです!

Jiraにて効率よく課題対応していく一つの手段として、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。興味ある方は下記フォームより弊社宛てにご連絡ください。

30日無料トライアル申し込みはこちら

※このブログシリーズで紹介するアドオンには、十分に検証をしていないものや、サポート無しの無料アドオンもありますので、ご不明な点はお問合せください。

お問い合わせ

製品について詳しくはこちらをご覧ください。

Canned Responses Pro for Jira

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ