日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/12/20

Matomoを使ってConfluenceのアクセス状況を可視化してみる。(サーバーインストール型 )

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

大野 智之Tomoyuki Ohno

大野 智之

はじめに

dashboard

リックソフトでは、社内情報共有のための社内ポータルサイトをConfluence運用しています。
また、最近その利用状況を把握するために、Matomoを使ったアクセス解析を始めました。
今回は、Matomoを使ったConfluenceのアクセス状況の可視化について解説を進めていきます。

Matomoとは

Matomoは、世界中の個人、企業、政府機関等で利用されている、サーバインストール型のオープンソースのアクセス解析ソフトウェアです。
一言でいえば、Google Analyticsに似た機能を持つアクセス解析ソフトウェアで、様々な方向からWebサイトのアクセス状況を確認することができます。
以前はPiwikと呼ばれていましたが、2018年1月にMatomoに名称が変更されました。ちなみに、Matomoという名称の由来は日本語の「まとも」(正直)から来ています。

Matomoを利用するメリット

Matomoを利用するメリットとしては、次の点が挙げられます。

1.サーバインストール型である

サーバインストール型であるため、イントラネット環境のようなインターネットに接続されていない環境でも利用することができます。
また、すべてのデータはインストールされたサーバ上に保存されますので、プライバシーやセキュリティの考慮が必要な環境にも対応可能です。

2.Webサーバの設定変更や、Webサーバのアクセスログが不要

MatomoはGoogle Analyticsと同様にJavaScriptのトラッキングコードをWebサイト上に埋め込んでアクセス解析を行います。
アクセス解析を行うためにApacheやNginxなどのウェブサーバの設定変更は不要で、またそれらのアクセスログも必要としません。
このため、非常に手軽にアクセス解析を始めることができます。

3.WebサーバやアプリケーションサーバとMatomoは直接通信しない

Matomoは、アクセス解析を行う際はクライアント(Webブラウザ)との間で通信を行い情報を収集します。
WebサーバやアプリケーションサーバとMatomoが直接通信を行うことはありません。
MatomoからWebサーバやアプリケーションサーバとの間がファイアウォール等により遮断されていても、問題なくアクセス解析を行えます。
このため、セキュアにアクセス解析を運用することが可能です。

4.アクセス制限されたページもアクセス解析が可能

前述の通り、Matomoはクライアント(Webブラウザ)との間で通信を行い情報を収集します。
このため、ユーザーやグループによってアクセスが制限されているページのアクセス解析も行うことができます。

5.Confluenceのアドオン追加が不要

Confluenceのアドオンで機能を実装する方法は、非常にシンプルで手軽な方法ではあります。
しかし、アドオンは導入が手軽な反面、アドオン自身の処理によりConfluenceの負荷が増え、Confluenceの動作に影響を及ぼす場合があります(Confluenceの動作が遅くなる等)。
MatomoはConfluenceのアドオンではなく独立したソフトウェアであるため、Confluenceの動作に影響を及ぼしません。

Matomoで確認できること

Matomoでは、様々な角度からアクセス解析結果を確認することができます。その中で、代表的なものを以下にご紹介します。

リアルタイムのビジター

リアルタイムのビジター

現在Webサイトへアクセスしているリアルタイムのビジター(ユーザー)数を確認することができます。

リアルタイムのビジター(ユーザー)数を確認

また、Webサイトへのアクセス状況を、ビジターごとに確認することができます。
フォルダのアイコンをマウスオーバーすると、そのビジターが訪問したページを確認することができます。

ビジットとページ数

ビジットとページ数

ビジット(セッション)とページビューを確認することができます。

ビジット(セッション)とページビューを確認

ビジット(セッション)とページビューを確認

また、時刻ごとや曜日ごとのビジット数も確認することができます。

ページごとのアクセス状況

ページごとのアクセス状況

各ページのアクセス状況をページタイトルやURLで確認することができます。

アクセス状況をページタイトルやURLで確認

また、ページごとに流入元と流出元を確認することもできます。

Matomoを利用するには

Matomoを利用するには、次の手順で設定を進めていきます。

1.Matomoのインストール・設定を行う

Matomoのインストールは非常に簡単です。以下のURLを参考に、Matomoのインストールを行います。
※インストールに必要となる環境は事前に準備のうえ、進めていきます。

Installing MATOMO

インストール・設定が完了すると、ログイン画面が表示され、ログイン後ダッシュボードが表示されます。

ログイン後ダッシュボードが表示

2.トラッキングコードを取得する

1)歯車のアイコンをクリックします。

歯車のアイコンをクリック

2)「トラッキングコード」をクリックします。

「トラッキングコード」をクリック

3)トラッキングコードが表示されますので、このコードをコピーします。

このコードをコピー

JavaScriptが利用できない(JavaScriptが許可されない)環境下で運用する場合は、次のコードをコピーします。

次のコードをコピー

3.トラッキングコードを挿入する

Confluenceへ管理者でログインし、歯車アイコンをクリック→一般設定→カスタムHTMLの順にクリックします。
次に、「BODYの最後」のテキストボックスへ2でコピーしたトラッキングコードを貼付し、「保存」をクリックします。

トラッキングコードを挿入

以上のように設定を進めていくことで、Matomoによるアクセス解析が開始されます。

おわりに

Matomoを利用することで、手軽にかつ簡単にConfluenceのアクセス解析を実現することができます。
Confluenceのアクセス解析に関心がありましたら、是非お試しください。

情報共有コラボレーションツール Confluenceについてはこちらをご覧ください。

Confluenceについて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について