日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/07/03

これ一冊で安心 Jira管理者向けテキストが新しくなりました!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

鈴山 勇生Yuki Suzuyama

鈴山 勇生

皆さん、こんにちは。
日毎に暑くなり、梅雨をスキップして夏になってしまったのかな~と思う今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
先日ついに、Jira管理者向けのテキストの最新版が出版されました。
下図は左から順に旧版、新版となります。旧版にはとてもお世話になりました!使い込んで、だいぶ擦れて、付箋もたくさんつきました。
おっ!!! 新版のJiraのロゴが変わりましたー、きっとAtlassian社自体も色々と進化しているのですね。

最新版

さて、Jira7シリーズから、どのように変更があったのでしょうか!?

Jiraのリリースノートを楽しみに読んでいるかたも多いかと思いますが、私は特に、「More Improvement、現在は、Small improvements to make your day(ネーミングが秀逸になりました。)」の部分が好きで、毎回ここからチェックしています。
リリースノートの中でも、よく触れられていますが、Jira7以降では製品の大きな流れとして、プロジェクト管理者への権限の委譲が多く行われています。
例えば、プロジェクト管理者が、一部(制限付ですが)画面やワークフローの編集をできたり、「権限」へ「拡張プロジェクト管理」が追加されていたり・・・等。

プロジェクト管理者への権限の委譲

プロジェクト管理者への権限の委譲

プロジェクト管理者への権限の委譲

このような設定権限の委譲が行われることで、Atlassian社の目指すプロジェクトを中心に仕事や作業を行い、Jiraプロジェクトの独自設定など柔軟な対応が可能になっています。
ということで、今回の管理者向けの最新版については、「Jira設定の何をどうするときに、どのように設定するか」という基本軸はそのままに、最新の製品トレンドを考慮しつつ、弊社、研修講師の小山が引き続き執筆を行っています。
既にAtlassian製品を導入しており、設定の理解に苦しんでいるお客様から、「画面の詳細がきっちり手順通りに確認できる!」という声をよくいただきます。
やはり、文章だけによる記述の表現には限界があり、本テキストでは豊富な図説とスクリーンショットが多用されているため、設定をし始めたばかりのユーザーでも、概念の理解や各設定を簡単に実施することができます。

本テキストでは豊富な図説とスクリーンショットが多用

更に、今回の版から新たに「すべしとすべからず」と「トラブルシューティング」が新たに追加され、管理者としての基本的な理解や、運用のコツが分かりやすく記載されていますので、是非活用してみてください。

「すべしとすべからず」と「トラブルシューティング」が新たに追加

更に、更に、本テキストはVer 7.5をベースとして作成されていますが、エンタープライズ版としてVer 7.6が既にリリースされています。こちらの重要な新機能である「優先度スキーム」についても触れられています。 

優先度スキーム

今後のJiraの進化が楽しみな内容となっています。皆さんの期待は何でしょうか、「解決状況スキーム」!?なんてあればいいですね~!(スマイル)!
ではでは、またの機会に。

ご不明な点がございましたらこちらからお気軽にお問い合わせください。

ガイドブック

また、弊社ではこちらのガイドブックを使って研修を行っています。
今月は大阪と名古屋でも研修を開催しておりますのでぜひご参加ください!

JIRA,Confluence 研修サービス

お問い合せ

Jira Softwareについて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ