日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2018/06/04

Jira のアドオン Tempo Timesheets のレポートが強化されました

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

樋口 晃Akira Higuchi

樋口 晃

こんにちは。リックソフトのプリセールス担当の樋口です。私は日々、ユーザーの皆様に Jira Software, Jira Core, Confluence などの Atlassian 製品の紹介をしています。
標準機能だけでは要件を満たせない場合、アドオンを利用されるお客様が多いです。中でも、Jira で工数管理をしたいというお客様には、Tempo Timesheets をお奨めしています。
Jira の標準機能でも工数管理はできますが、Tempo Timesheets を利用すると入力が簡単になり、集計機能も追加されます。
Tempo Timesheets の 8.10 から これまでのレポートに加えて Custom Report という機能が追加されましたので、ご紹介します。

Tempo Timesheets とは

簡単に Tempo Timesheets について説明します。
Tempo Timesheets は Tempo ファミリーの1製品で、工数管理機能が強化されます。Tempo ファミリーには計画を立てる Tempo Planner と予算管理の Tempo Budgets があります。Jiraの標準機能でも、課題作成時に初期見積の作業時間を登録して作業時に作業ログを登録する事で各課題の作業工数、予実比較はできます。しかしながら、レポートが課題別の工数しか見れないので少々不便です。また、入力結果の確認も課題別なので少々不便です。
Tempo Timesheets を利用すると、

  • カレンダー形式で作業時間を入力、修正、確認する。
  • カレンダー形式で作業時間を入力、修正、確認する。

    カレンダー形式で作業時間を入力、修正、確認する。

     

  • ユーザーを指定し、どんな作業に工数を使っているのか確認
  • ユーザーを指定し、どんな作業に工数を使っているのか確認

  • プロジェクトを指定して、だれがどれくらい工数を使っているのか確認
  • プロジェクトを指定して、だれがどれくらい工数を使っているのか確認

という事ができて便利です。
私達は 工数管理をしたいというお客様には 、Tempo Timesheets をお奨めしています。また、下記の弊社 Webサイトもご参照下さい。

TEMPO Timesheets(工数管理)

TEMPO Documentation ホーム

Custom Reports について

ここからは、Tempo Timesheets に追加された Custom Reports について説明します。
これまでの、Tempo Timesheets では、データをエクスポートして外部のツール、Excel や Tableau などで集計するケースが多かったと思います。Custom Report も万能では無いので、外部ツールが不要とまでは言えないのですが、これまでよりも Tempo Timesheets 内でできる事が格段に増えたと思います。
Custom Report を利用すると今までできなかった事ができるようになりましたので、その例をご紹介します。

  • ユーザーの工数を、週単位、月単位で確認する。(これまでは、日単位しかできませんでした)
  • プロジェクトを指定してメンバーの工数を集計。ここまでは今までと同じですが、

    プロジェクトを指定してメンバーの工数を集計

  • Custom Report ではコンポーネント別、課題別にブレークダウンする事ができます。

    コンポーネント別、課題別にブレークダウン

  • さらに、あまり無いとは思いますが、作業ログ単位にブレークダウンする事もできます。

    作業ログ単位にブレークダウン

  • Custom Report が、既存の Tempo Timesheets と大きく違うのは、グループ化が柔軟にできる事です。上記は ユーザ ー → コンポーネント → 課題 でした。これを、逆に コンポーネント → 課題 → ユーザー というグルーピングにする事もできます。

    グルーピング

  • 今までは、日別の工数でしたが期間内の工数をサマリーして表示する事もできます(List Viewと言います)

    工数をサマリーして表示

  • またExcel, CSV, PDF に出力する事も可能です。

    Excel, CSV,  PDF に出力する

Custom Report の利用方法

ここからは、具体的な利用方法をご紹介します。Tempo Timesheets をご利用中の方は是非、お試し下さい。

  1. JIRA にログインし、メニューから「Tempo」=>「Custom report」を選択します。この項目を表示されない場合は、Tempo Timesheets のバージョンが古い可能性が有ります。バージョン 8.10 以降である事をご確認下さい。

    「Tempo」=>「Custom report」を選択

  2. 最初に画面左上の日付範囲を表示しているボタンを押して、集計対象の期間を「開始日」と「終了日」を指定する事で実施します。

    集計対象の期間を「開始日」と「終了日」を指定

  3. 次に「Fitter by」をクリックして、表示対象の課題を指定します。下記の様にプロジェクトを指定する事や、

    プロジェクトを指定

    下記の様にユーザーを指定したり、JQL を指定する事もできます。

    ユーザーを指定したり、JQL を指定

  4. 次に「Group by 」をクリックして、グルーピングする項目を指定します。下記の様に「課題」や「ユーザー」「プロジェクト」など、グルーピングできる項目が表示されますので、項目を指定します。

    グルーピングできる項目が表示

下記は、プロジェクト => 課題 => ユーザーでグルーピングする場合の設定方法です。順番を変えたい場合は、一度 x をクリックして削除してから再度追加して下さい。

一度 x をクリックして削除してから再度追加

  • 最後にビューの設定をします。日付別に表示する、「Grid View」と期間内の情報を集計して表示する「List View 」が有ります。また、「Grid View」では、表示の単位(GRID PERIODS) を「日付別(Days)」から「四半期別(Quarters)」の範囲で指定できます。  「COLUMS」では表示する列を指定します。Grid View, List View で表示できる列が変わりますので、ご注意下さい。
  • ビューの設定

    上記の例では、「集計範囲」=>「Filter by 」=>「Group by」=>「ビュー」という順番で設定しましたが、後から Filter を変更したり、Group を変更する事も可能ですので、データを確認しながら調整して下さい。

    ここまでやってみるとレポートを保存して再利用したくなりますが、現在のところレポートを保存する機能は有りません。代替案としましては、レポートのURLに検索条件が入っていますので、ブラウザーのブックマークを利用する事で、レポートの設定を保存して再利用する事ができます。

    最後に

    以上、新しくなった Tempo Timesheets の Custom Report の機能を紹介させて頂きました。Tempo Timesheets をご利用中の方のお役に立てれば幸いです。また、工数管理でお困りの方、こらから工数管理をしてみたいという方もぜひ、お問い合わせ頂ければと思います。

    お問い合わせ

    評価ライセンスのご依頼

    TEMPO Timesheets(工数管理)について

    Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

    カテゴリ一覧

    最近の記事

    年別アーカイブ

    アトラシアン製品の導入と活用を
    成功させたいなら
    リックソフトのサポートが
    必要です。

    サードパーティ製のアドオンもサポート

    サードパーティ製のアドオンもサポート

    RS標準サポート

    アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

    • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
    • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

    リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

    サポートについて

    ツールの活用を促進するアイテム

    ツールの活用を促進するアイテム

    各種ガイドブック

    ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

    リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

    ガイドブックについて

    価値あるツールの使い方

    価値あるツールの使い方

    研修・トレーニング

    ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

    日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

    リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

    研修について