日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2015/12/22

HipChat で日英英日翻訳

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

樋口 晃Akira Higuchi

樋口 晃

HipChat で 翻訳したいです

こんにちは。リックソフトのプリセールス担当の樋口です。 私は購入前、購入後のお客様からの問い合わせに日々対応しております。色々なお問合せを受けます。

  • こんな事やあんなことをやりたのですが、JIRA でできますか?
  • Confluence で SAML 認証をしたいですが、どうしたらよいですか?
  • JIRA の画面が ドクロ になっちゃて仕事ができません。助けて下さい!

などなど色々ありますが、あるとき

  • HipChat を拡張して、メッセージを翻訳をしたいのです。どうしたらよいでしょうか?

2カ月で出来ました

お問合せから2カ月が過ぎました。その間、何も連絡が無かったので私はすっかり忘れていましたが、「樋口さんに、HipChat の事を教えて頂いたので、翻訳システムができました。お客様にも好評です」 というもっとビックリな連絡が来ました。「えっ?何ができたんですか? リアルタイムで翻訳が もうできたんですか」 高電社の高さんがリックソフトに来て、製品のデモを見せてくれる事になりました。見せて頂いたデモはこちらです。

image2015-12-22 9-33-12

リアルタイムに翻訳をするところを見せて頂きました。自動翻訳のクセは有りますが、実用になるレベルだと感じました。固有名詞などは辞書に登録すると精度が上がるそうです。

システム構成

今回見せて頂いたシステムの仕組みはとてもシンプルな物でした。

image2015-12-22 14-28-8

HipChat のメッセージに反応する ボットを Hubot で作成して、元々あった高電社様の翻訳サーバーを使って翻訳するようにしました。苦労された点は、

  • Hubot が初めてだったので、hubot の使い方で苦労しました。hubotのプリインストールコマンドの削除方法
     が解らなったり、rpmのバージョンをダウングレード必要だった事が解らなかったり、常時監視モードのインス
     トールが必要だった点が苦労しました。
  • hubot-hipchat間の連携している時にネットワークが切断されることがあったため、hubotで常時監視する
     モジュールをインストールし、ネットワークが切断された時には再起動するモードで起動するように対応しまし
     た。

との事でした。また既存の、高電社翻訳サーバーについては全く変更をしていないそうですので、それなら確かに2カ月でできるだろうなと思いました。この事から既存のサービスとHipChat を組み合わせれば、アイディア次第で色々な事ができそうだと思いました。

謝辞:情報を提供してくださいました。高電社の高様、菊地様、岩澤様 ありがとうございました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ