日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2015/04/10

HipChat Server はじめました

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

宇田川 海斗Kaito Udagawa

宇田川 海斗

HipChat Server はじめました

こんにちは。リックソフトの宇田川です。

HipChatのオンプレミス版、HipChat Serverの取り扱いをはじめました。このブログ記事では、HipChat Serverの紹介をしていきます。

まずは、HipChatをご存じではない方のために、 HipChat についておさらいしたいと思います。
HipChatは、組織内のコミュニケーションをサポートする、エンタープライズレベルのチャットツールです。

  • プライベートグループチャットです。関係者専用のチャット環境を作ることができます。
  • ファイル共有が可能です。ドラッグ・アンド・ドロップで、誰でもすぐにファイルを共有できます。
  • 1対1でビデオ・音声通話やスクリーン共有ができます。文字では伝えられないことも、伝えやすくなります。
  • チャットルームをいくつでも作成できます。必要な人たちに、必要な話題を届けることができます。
  • チャット履歴を検索できます。すべてを記憶しておく必要はありません。いつでも会話を振り返ることができます。
  • 多彩なデバイスに対応しています。WindowsやMac、それにスマートフォン向けののアプリもあります。
  • Web版チャットアプリもあります。なんと、ビデオ通話や音声通話もブラウザ上でできるようになっています。
  • 外部ツールと連携できます。JIRAやConfluenceはもちろん、内製システムでもOKです。

さて、いよいよ、今回登場したHipChat Serverについて、ご案内していきます。

HipChatは、今まではクラウド型サービスであるHipChat Cloudとしてのみ提供されてきましたが、セキュリティなどの懸念があり、オンプレミス版の登場が待ち望まれてきました。

そして先日、ついに、HipChatのオンプレミス版HipChat Serverがリリースされました。

そこで、HipChat Cloudと比較して、HipChat Serverに追加された機能をご紹介したいと思います。

  • HipChat Serverは、オンプレミスのチャットツールです。
    • ファイアウォールなどを配置することにより、よりセキュアな運用をすることができます。
    • すべてのデータを自組織の管理下に置くことができます。
  • ユーザディレクトリに接続し、既存のユーザ情報を活用することができます。HipChat Serverでは、以下に挙げるものへの接続がサポートされています。
    • Active Directory
    • LDAP
    • Atlassian Crowd
    • Atlassian JIRA

次に、HipChat Serverを、Amazon EC2とVMware上にインストールした場合の、運用イメージ図を示します。

運用イメージ図

運用イメージ図

いかがでしょうか。HipChat Serverのリリースにより、HipChatは、より厳格な運用を求められる企業でも使えるツールに進化していきます。

最後に、HipChat ServerとHipChat Cloudについて、簡単に比較をしてみようと思います。

項目 HipChat Server HipChat Cloud
  • プライベートチャット
  • ファイル共有
  • チャット履歴検索
  • チャットアプリ
  • 外部ツール連携
check_circle
(ServerとCloud、どちらでも同じ機能が使えます)
  • ビデオ・音声通話
  • スクリーン共有
check_circle
(すべての機能が使えます)
report_problem
(HipChat プラスのみ)
ユーザディレクトリ check_circle
(Active Directory、LDAP、Atlassian Cloud、JIRAに対応)
cancel
(非対応)
運用 thumb_down
(自組織で、AWSやVMware上で運用)
thumb_up
(アトラシアンが代行)
ファイアウォール check_circle
(ファイアウォールなどにより、不正な接続から守れます)
cancel
(接続元制限などはできません)

本ブログ記事を、最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは皆さま、チャットを使ってご活躍ください! Happy Chatting!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について