日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2016/03/07

WBSガントチャート用に親子関係付きでCSVデータをJIRAにインポートするには

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

樋口 晃Akira Higuchi

樋口 晃

こんにちは。リックソフトのプリセールス担当の樋口です。 JIRAを利用する前は、Excel や Google スプレッドシートで課題管理、スケジュール管理をしていた方も多いと思います。JIRAにはCSVデータを 取り込む機能が有るので、Excelのデータを取り込む事は比較的簡単なのですが、WBSガントチャート for JIRA の親子関係を取り込むには、ちょっとしたコツが有ります。 今日は、親子関係付きで取り込む方法をご紹介します。

この手順を実施するには、JIRAの管理者権限が必要です。

CSVインポートデータの準備

親子関係付きでデータをインポートする場合、CSVデータには以下の情報を登録して下さい。

  • id
    • 課題キーの数字部分です。課題キーは重複させる事ができないので、ほかの課題と被らない数字にして下さい。
  • 子チケット
    • 子チケット 子チケットを上記のid で指定します。
  • 後続チケット
    • 後続のチケットを id で指定します。先行と後続を指定しなければ必要無いです。
  • その他の項目
    • プロジェクトの設定で必須に設定されている項目は指定して下さい。最低でも以下の項目は指定した方が良いと思います。
      • 要約、開始日、終了日

サンプルファイル

インポートの手順

  • システム管理者権限のアカウントでログインし、管理者画面の「システム」→「インポートとエクスポート」から「外部システム インポート」を選択します。
  • image2015-11-3 22_22_24

  • 「コンマ区切り値(CSV)からインポート」を選択します。
  • image2015-11-3 22_23_55

  • CSVファイルをアップロードし、エンコードを指定します。
  • image2015-11-3 22_26_40

  • プロジェクトと日付の書式を選択します。 サンプルファイルの場合、日付書式は「yyyy/MM/dd」となります。
  • image2015-11-3 22_27_38

  • この画面で、CSVのフィールドとJIRAのフィールドのマッピングを実施します。
  • image2015-11-4 12_5_52

以下の項目は注意して下さい。

項目名 設定
id 課題id を指定します。課題キーを指定しない様にして下さい。
子課題 Link “親子リンク(WBSGantt)” を指定します。
継続 Link “依存関係(WBSGantt”) を指定します。
  • 下記の画面では内容を確認して、インポート開始ボタンを押します。
  • image2015-11-4 12_14_13

  • しばらくして、下記画面が表示されれば成功です。下記の画面の「save the configuration」をクリックすると、設定ファイルをダウンロードすることができますので、同じ形式の CSV ファイルをインポートする場合は作業が簡単になります。
  • image2015-11-4 12_14_51

  • サンプルファイルをインポートすると下記の様に表示されます。
  • image2015-11-4 12_18_11

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について