日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2010/12/27

第2回 Confluence入門無料セミナー(管理者編)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

蛯子 淳司Junji Ebiko

蛯子 淳司

2回目の Confluence 入門無料セミナーを実施しました。第1回は、ユーザー編と管理者編を1日にで実施したのですが、時間が足りなかったので、今回は管理者編とユーザー編に分けて実施しました。(2回も柏まで来て頂いた方も居ました。ありがとうございます) 私は管理者編を担当しましたので、そちらのセミナーの報告をします。今回も、WindowsパソコンへのConfluenceのインストールを体験して頂きました。

pptslide

予定の時間は3時間だったのですが、随時皆様の質問に答えながら進めて行ったところ、次々に皆さんが質問をしてくれたので私は調子に乗って、「リックソフトがVMwareのパートナー企業になった話」や、「JIRAとの比較や連携の話」などもしました。そしてまたしても、予定の内容を一部省略したにも関わらず時間をオーバーしてしまいました。でも、色々な話が出て盛り上がったので良かったと思っています。

私からの説明が終わった後は、皆様がどのようにConfluenceを利用しているかについて、聞ける事ができて大変に参考になりました。参加者の方同士で情報交換もされていたのでプチ Atlassianユーザー会でしたね。「Confluenceの利用が今ひとつ浸透しない」というお話も聞けました。「なぜ、Wikiを使い始めたんでしょう。情報共有のためですよね。縦割りにセキュリティをかけない方が良いのでは?」というお話もさせて頂きました。

文字化けについて

私は日常的に Conflouence のインストール、運用、管理をしているので、インストール作業は(当然ながら)とても簡単です。今回のセミナーで感じたのは「皆さんはインストールに苦労されている」という事です。ユーザーの皆様にとって、重要だと思われる文字化け対策部分を記述しておきます。

server.xml

Confluenceの検索機能は強力で、目玉機能だと思いますが、インストールが不味いと機能しません。conf/server.xml ファイルの、Connectorタブに

  • useBodyEncodingForURI=”true”

という設定を入れます。修正後の内容は以下の通りです。

<Connector className=”org.apache.coyote.tomcat4.CoyoteConnector”
port=”8080″ minProcessors=”5″ maxProcessors=”75″ enableLookups=”false”
redirectPort=”8443″ acceptCount=”10″ debug=”0″ connectionTimeout=”20000″
useURIValidationHack=”false” useBodyEncodingForURI=”true” URIEncoding=”UTF-8″/>

これを入れない事による影響範囲は、Confluenceのバージョンによります。新しいバージョンほど影響は少なくなっています。

  • 日本語文字列へのリンクを張る際のダイアログの文字化け
  • 日本語ファイル名のファイルを添付できない
  • 日本語ファイル名のファイルをダウンロードできない
  • 日本語で検索できない
  • 日本語ファイル名の添付ファイルのプロパティを参照できない

Officeファイル表示の文字化け

参加者の方から伺ったのですが、Officeファイルの表示で文字がいわゆる「豆腐」になってしまう事があるそうです。server.xmlの設定は、クライアントサーバー間の通信時の文字化け対応ですので、関連しないと思われます。Officeファイルの表示はサーバー側で Flash ファイルを生成しますので、サーバー側のフォント設定の不具合が原因と思われます。試しに サーバーのJAVA_HOME/jre/lib/fonts のファイルを削除してテストしたところ、再現しました(下図参照)。この問題が発生した方はサーバー側のフォント設定を確認して下さい。

PowerPoint文字化け

Googleガジェットの利用

次回のセミナー

次回のセミナーの予定は以下の通りです。興味の有る方は是非ご参加下さい。

  • 2011年1月14日 JIRA入門無料セミナー(システム管理者編)
  • 2011年1月21日 JIRA入門無料セミナー(管理者編)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

アトラシアン製品の導入と活用を
成功させたいなら
リックソフトのサポートが
必要です。

サードパーティ製のアドオンもサポート

サードパーティ製のアドオンもサポート

RS標準サポート

アトラシアン社ではサポート範囲外となっているサードパーティ製のアドオンをリックソフトのRS標準サポートではサポートします。

  • アトラシアン製品とサードパーティ製のアドオンとの事象の切り分け
  • 海外のアドオンベンダーとのやり取りを代行(日→英/英→日)

リックソフトのRS標準サポートは開発元が提供するサポート以上の価値があります。

サポートについて

ツールの活用を促進するアイテム

ツールの活用を促進するアイテム

各種ガイドブック

ツールを導入しただけでは成功とはいえません。利用者が効果を感じていただくことが大切です。独自で制作した各種ガイドブックはツール活用を促進します。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様にはガイドブックを無料進呈いたします。

ガイドブックについて

価値あるツールの使い方

価値あるツールの使い方

研修・トレーニング

ツール操作の研修だけでなく「ウォータフォール型開発」「アジャイル型開発」のシミュレーション研修も提供。

日本随一の生産性向上にも効果のある研修サービスです。

リックソフトからライセンス購入を頂いたお客様には無料招待や割引特典がございます。

研修について

PAGE TOP