日本でのアトラシアン(Atlassian)製品導入No.1

  1. HOME

リックソフトブログ

2014/01/11

Confluenceのサーバーサイジング

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Author

大貫 浩Hiroshi Ohnuki

大貫 浩

今回はConfluenceのサーバーサイジングについて書きます。

Confluenceサイジングの考え方

JIRAではAtlassianからサーバーサイジングの参考情報が提供されています。しかしConfluenceでは同様の情報が提供されていません。代わりに実績ベースの情報が提供されています。その理由はConfluenceはJIRAよりサイジングが難しいアプリケーションだからです。使い方によって必要となるサーバーリソースが大きく変わってきます。以下の情報はこの前提を理解したうえで参考にしてください。

サイジング表

以下がAtlassianの情報や弊社内での経験をもとに算出したサイジング表になります。スペース数やページ数は本番稼働3年後を想定しています。

小規模 中規模 大規模 エンタープライズ 備考
Confluence利用規模
ユーザー数 100 500 2,000 10,000
同時利用ユーザー数 25 200 500 2000
スペース数 50 200 800 3000
ページ数 5,000 20,000 100,000 400,000
  • 履歴含まず
添付ファイル数 5,000 20,000 100,000 400,000
  • 添付ファイルの利用ポリシーに依存
  • ページ数の数倍になる場合もある
  • 履歴含まず
システム要件
CPU 2コアCPU 4コアCPU 4コア 1~2CPU 4コア 2~4CPU以上
  • 負荷を見ながら決定する必要あり
システムメモリ 2GB以上 4GB以上 8GB以上 16GB以上
  • DBは別サーバーにする前提
Javaヒープ 1GB以上 2GB以上 4GB以上 エキスパートへ相談
ディスク 10-50GB 50-100GB 200GB以上 500GB以上
  • 添付ファイルの利用ポリシーに依存
その他
  • 高速ディスクやRAIDキャッシュを推奨
  • 高速ディスクやSSDや大容量RAIDキャッシュを推奨
  • 幾つかの標準機能をオフにする検討

サーバーのリソース監視と仮想化

Confluenceはページの作り方や添付するファイルの種類によって負荷が大きく変わります。また利用期間が延びるとユーザー数も増える方向になります。

よってサーバーのリソース監視を行い、必要に応じてハードウェアリソースを増強できる仮想環境上にConfluenceを構築することをお勧めします。

zabbix(弊社でのサーバーリソース監視画面)

Confluenceのユーザー数が増えて運用に困ったら…

ConfluenceはJIRAと違った運用の難しさを持っています。それはConfluenceの使いやすさと表裏一体となっています。

特にユーザー数が1000人を超えるとConfluenceの所管が開発部門から情シスに変わり、使いやすさより安定稼働が第一優先となる場合が多いように思えます。

追記

★Confluenceのサーバーサイジングについての最新情報はこちらです★

>>Confluenceサーバーサイジング2016

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

カテゴリ一覧

最近の記事

年別アーカイブ